//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 藤壺の宮の出家

2022-07-21chapter10密会,出家,朧月夜尚侍,藤壺中宮,賢木,第十帖,朧月夜の君,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 10.別れ、別れ、それから密会

    源氏物語 第十帖 賢木さかき

episode 5. 藤壺の宮の出家

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第九帖 葵(Chapter 9)まで
 源氏の正室の葵の上と恋人の六条御息所ろくじょうのみやすんどころの家来同士が乱闘騒ぎを起こします。恥をかかされた御息所は葵の上に猛烈な嫉妬心と怨恨を抱きます。葵の上は源氏の子を出産した直後に御息所の生霊にとらわれ亡くなってしまいます。

 その後、源氏は紫の君と正式に結婚し、彼女は紫の上と呼ばれるようになります。朧月夜の君は源氏を想っていますが、朱雀帝への入内じゅだい(お妃になる)の準備が進みます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 10 賢木さかき 別れ、別れ、それから密会 

第十帖 賢木(Chapter 10)第四話(episode 4)まで
 六条御息所は源氏との関係を終わらせ、娘とともに伊勢に旅立ちました。源氏の父である桐壺院が亡くなり、源氏は再度藤壺中宮に迫り、拒まれ、寺に籠って何人もの女人に手紙を送ります。

episode5. 藤壺の宮の出家

第十帖【賢木さかき
 源氏 23~25歳 紫の上 15歳~17歳
 藤壺中宮 28~30歳
 六条御息所ろくじょうのみやすんどころ 30~32歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

中宮さまは桐壺院の一周忌を行うの。

~ 別れにし 今日けふは来れども 見し人に 行き逢ふほどを いつと頼まん ~

(故院にお別れした日が来ましたが、今度はいつ父に会えるでしょうか)

 源氏が中宮さまに歌を贈るの。

~ ながらふる ほどは憂けれど 行きめぐり 今日はその世に 逢ふ心地して ~

(生きていることは辛いですが、一周忌の今日は亡き院さまにお逢いできるような気がします)

 桐壺院を偲ぶ気持ちは源氏と同じなので、中宮さまもすぐに返事をくださったの。

それから何日かして中宮さまは法事を開くの。1日目は自分の父親である先帝のためで、2日目は母后のためで、3日目が桐壺院のためで盛大な催しなのね。そして最終日に中宮さまが出家をなさるって発表されたの。誰も知らないことだったみたいで、お兄さん(紫の上のお父さん)の兵部卿宮も源氏も気が動転しちゃうの。

出家

~ 月のすむ 雲井をかけて したふとも このよの闇に なほや惑はん ~

(出家のお志は尊敬するけれど、お子(東宮)さまのことは心配ではないのですか?)

 源氏が宮さまに贈った歌ね。(自分たちの)子どもとも別れてしまうのですか? 大丈夫なんですか? って聞いているみたい。

~ 大方おほかたの 憂きにつけてては いとへども いつかこの世を そむきはつべき ~

(俗世からは離れますが、子どものことは気がかりでなりません)

 宮さまの源氏への返歌だけれど、東宮さまに宛てたお返事でもあったようなの。

右大臣の権勢がすごくて、左大臣側の人間や藤壺の宮さまなどに仕えている人たちの昇進がなくなったりして、左大臣の息子の頭中将も冷遇されてたの。左大臣も政界から引退しちゃうの。

そんな状況だったのに、源氏と朧月夜は彼女の実家(右大臣の屋敷)で密会アバンチュールしちゃってるの。雨と雷がすごかった夜があって、右大臣が心配して朧月夜の部屋にやってくるの。そのとき源氏もそこにいて、とうとう右大臣にバレちゃったの。当然右大臣は弘徽殿大后(朧月夜のお姉さんで朱雀帝のお母さん)にもチクったの。もちろん弘徽殿大后は怒髪天を衝く怒り様で
「帝の寵姫ちょうきに手を出すなんて帝への謀反じゃ~~~!!!」
 と騒ぎまくったわ。これを機に源氏を追放してやる! って息巻いたの。

第十帖 賢木さかき

Chapter10 別れ、別れ、それから密会
 episode1. 六条御息所の決断
 episode2. 別れの秋、涙の朝
 episode3. 父の死
 episode4. 手紙魔?
 episode5. 藤壺の宮の出家

To be continued ✈✈✈

 ふたりの女性との別れにお父さんとの死別といろいろなお別れのシーンの多い巻でした。
 それからとうとう密会がバレてしまいました。朧月夜尚侍も源氏とデートがしたくて実家に帰省しちゃってました。源氏も敵地である右大臣家で密会を重ねていました。……、そりゃバレますよね。
 帝の妃だった藤壺の宮さまとの逢瀬は命がけだったのに、今回はそこまでの緊迫さはありませんでした。
 このことを知った朱雀帝のお母さんの弘徽殿大后はチャンスとばかり源氏を失脚させようとします。

🖌Genji Waka Collection

~ 別れにし 今日けふは来れども 見し人に 行き逢ふほどを いつと頼まん ~

源氏宰相大将が藤壺中宮に贈った歌

~ ながらふる ほどは憂けれど 行きめぐり 今日はその世に 逢ふ心地して ~

藤壺中宮が源氏宰相大将に返した歌

~ 月のすむ 雲井をかけて したふとも このよの闇に なほや惑はん ~

源氏宰相大将が藤壺中宮の出家を知り動揺して贈った歌

~ 大方おほかたの 憂きにつけてては いとへども いつかこの世を そむきはつべき ~

藤壺中宮が東宮への想いを遺しながらも源氏宰相大将に返した歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。