//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 須磨から明石へ

2022-07-21chapter13住吉の神,明石,明石入道,無位無官,謹慎,須磨,紫の上,和歌一覧,和歌,明石の君,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 13.最高のカノジョと最愛のツマ

    源氏物語 第十三帖 明石

episode 1. 須磨から明石へ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十二帖 須磨(Chapter 12)まで
 朱雀帝のお妃である朧月夜との密会を続けていたことがバレてしまいます。朱雀帝の母である弘徽殿大后はここぞとばかりに源氏を失脚させようとしますが、朝廷から罰が下る前に自ら官位を返上して無位無官にて須磨で謹慎生活を送ることにしました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 13. 最高のカノジョと最愛のツマ
 episode 1.須磨から明石へ

第十三帖【明石】
 源氏 27~28歳 紫の上 19歳~20歳
 明石の君 18~19歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

嵐は何日も続いたの。この前の夜に見た夢と同じ怪しい者が出てくる夢ばかり源氏は見ているの。京からの使いが紫の上からの手紙を持ってきたんだけど、京も嵐がひどくて宮中行事も政治もストップしているんですって。

ちっとも嵐はおさまらず神仏にお祈りをして、主従や上下の関係なくみんなで集まり避難しているの。そんな夜に源氏の夢にお父さんの桐壺院が出てきたの。

 「なぜこんなところにいるのか。住吉の神の導きに従いなさい」
 そうおっしゃったんですって。

 「父上とお別れしてからは悲しいことばかりです。このままここで死んでしまおうと思っています」
 なんて源氏が言うと、

 「とんでもない。おまえが可哀想でどうしても見ていられなくてここに来たんだよ。ついでに(おまえの兄の)帝にも申し上げることがあるから京にも行ってくるよ」
 とおっしゃるの。

 「私もお供します」
 と源氏が泣いてお父さんを見ようとすると、もうそこには桐壺院はいなくて月だけが煌いていたの。

ようやく嵐がおさまると、小舟に乗った人がやってきたの。その人が明石に住む明石入道あかしのにゅうどうだったの。明石入道といえば、以前源氏の家来が噂をしたことのある人(Chapter5. episode1. ふたりの女の子 参照)だったのね。
 その人は「嵐がおさまったら舟を出せ」という住吉の神のお告げでやってきたと言うの。源氏もあんな夢を見たし、明石入道も勧めるので明石に移ることにしたの。

明石入道の邸宅はとても立派で都と変わらないくらい趣味のいいお屋敷だったの。元々風光明媚な場所である上に庭や邸宅は趣向を凝らしているようよ。源氏たちは浜辺の棟で暮らすことになるの。入道の一人娘の明石の君は山手の棟に暮らしているのね。
 源氏はさっそく紫の上や藤壺の宮さまに明石に移ったことを手紙に書いたの。

光の証
光あふれる明石

~ はるかにも 思ひやるかな 知らざりし 浦よりをちに 浦づたひして ~

(知らない土地(須磨)からもっと遠くなっちゃったけれど(明石)遥か彼方から君を想っているよ)

紫の上への手紙と歌は少し書いては涙して、涙を拭いてはまた少し書いて、を繰り返したんですって。従者の惟光たちは本当に紫の上さまへの愛が深いんだなぁって思ったみたいよ。

 夢に出てきた桐壺院お父さんの言った「住吉の神の導き」、その住吉の神のお告げに従ってやってきたという明石の入道。運命に導かれるように源氏は明石へと移動します。

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ はるかにも 思ひやるかな 知らざりし 浦よりをちに 浦づたひして ~

源氏が明石から紫の上に贈った歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。