//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 夕霧の元服

2022-07-21chapter21浅葱色の袍,第二十一帖,乙女,夕霧,元服,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 21.小さな恋のものがたり

    源氏物語 第二十一帖 乙女

episode 1. 夕霧の元服

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十帖 朝顔(Chapter 20)まで
 源氏は従姉で初恋の君である朝顔の君に何度も求婚しましたが、応えてもらえず、風流な文や歌をやりとりする付き合いを続けます。

 朝顔の君を正室にするのではと不安がっていた紫の上に源氏は朝顔の君との結婚はないと説明し、今までに関わった女人の話を彼女に聞かせました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 21. 小さな恋のものがたり
 episode 1.夕霧の元服

【超訳】乙女
 源氏 33~35歳 紫の上 25歳~27歳
 夕霧 12~14歳 雲居の雁 14~16歳
 冷泉帝 15歳~17歳 
 秋好女御あきこのむのにょうご(梅壺) 24~26歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

藤壺の宮の一周忌が過ぎたの。
源氏と朝顔の君との手紙のお付き合いは続いていたの。お父さんの桃園式部卿宮の喪も明けたので、朝顔の君の叔母の五の宮さまも
「お父様も望んでいらしたことだし、いいご縁なんじゃない?」
 と源氏との結婚を勧めるの。けれどもやっぱり朝顔の君は源氏とは結婚しようとはしないの。源氏も朝顔の君のことは尊重しているから無理やり奥さんにしようとは考えなかったみたい。

そのころ源氏と亡くなった葵の上の子の夕霧の元服(成人式)の日が近づいてきたの。夕霧を育ててくれた大宮さま(左大臣の妻・夕霧のおばあさま)に式を見せてあげたいと思った源氏は大宮さまの家で元服の儀式を行うことにしたの。

源氏の息子だから与えられる冠位(階級)は四位は確実だろうってみんなウワサしていたんだけれど、源氏はあえて夕霧の冠位を六位にしたの。
 あまりに低い冠位におばあさまも不平を言うんだけど、源氏は親の七光りで高い冠位におごった人生を送るべきではなく、学問をしっかり修めて自分で出世するべきだと自分の考えを大宮さまに話すの。


「息子(頭中将)も不思議がってたし、頭中将の息子たちよりも低い官位の浅葱色のほう(官位によって色分けされている衣装)を着なければならないのが夕霧はツライみたいで、わたくしもそれが可哀想で……」
 源氏から事情を聞いても大宮さまはそうおっしゃるの。
「それは子供らしい不平ですね」
 源氏はそう答えながらも息子の夕霧のことが可愛くてならないって思っていたみたいなの。

浅葱色の袍
六位のほう

夕霧も予想もしていなかった低い冠位にがっかりするの。でも学問を早く修めてまわりから認めてもらおうと、今までのおばあさまの家から源氏の二条院の東の院に引っ越して大学寮に入学することなったの。源氏のような高貴な身分の人が息子を大学寮に入学させたことに大学関係者はとっても感激したの。当時は身分の高い人は学歴がなくてもある程度の身分が保証されているので大学で勉強をする人は少なかったのね。

もともとがまじめな性格で浮ついたところがない夕霧は4、5か月のうちに『史記』も読み終えてしまうの。そうして大学寮の試験にも合格して、冠位が上がるように毎日努力を重ねるの。

To be continued ✈✈✈

 さて、この巻は源氏の息子、夕霧が主役です。元服をした夕霧ですが、源氏の考えでわざと低い身分での就職になりました。
「自分で努力して身分を上げろ」
 意外と源氏は教育パパです。

 一般的に貴族の子息は頭中将の息子たちのように最初から四位や五位の身分を与えてもらえるようです。夕霧も「源氏の息子だから四位ぐらいじゃないか」なんて噂されていたようです。
 この時代は官位によって着る衣装の色が決められています。夕霧は六位の浅葱色(うすい緑色)がイヤでたまりません。真面目な夕霧は必死に勉強して位を上げていこうとします。

身分社会では官位も色分け
夕霧がイヤだった浅葱色の衣装

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    トリビア⑧ 平安男子の衣装
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。