//CSS rules to specify families //CSS //JS

Chapter 33 藤裏葉

2023-01-28chapter_arasuji,part1-4受験,1帖1分で読める,各帖あらすじ,あらすじ,初恋婚,第三十三帖,藤裏葉,雲居の雁,相関図,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部

  • genji_spring

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 33 長く遅く遠かった春 藤裏葉ふじのうらば

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • genji_summer
    genji_summer

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 33 長く遅く遠かった春 藤裏葉ふじのうらば

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 33 長く遅く遠かった春 藤裏葉ふじのうらば

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 33 長く遅く遠かった春 藤裏葉ふじのうらば

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

お気楽お気軽源氏物語ワールドにようこそ!!
「1000文字源氏物語」倶楽部の管理人のりらです。

1帖1分で読めるざっくりあらすじページ
本章は 源氏物語 第三十三帖藤裏葉ふじのうらばです。

table of contents for this chapter

【超訳】1日1000文字源氏物語 

第三十三帖 藤裏葉

相関図

 源氏 39歳 紫の上 31歳
 明石の御方 30歳 明石の姫君 11歳
 夕霧 18歳 雲居の雁 20歳

 源氏の娘の明石の姫君の入内(お嫁入り)は決まるものの、息子の夕霧の結婚は進みません。
 雲居の雁の将来を心配した内大臣はふたりの結婚を許し、夕霧と雲居の雁は6年ぶりに再会し、初恋を実らせます。

genji_icon

 明石の姫君の入内を機に紫の上は実母の明石御方にも後宮に行ってもらい、姫君と一緒にすごせるように計らいます。紫の上と明石御方は初めて対面し、お互いの気質に感じ入り友情を深めます。

内大臣が夕霧を雲居の雁の婿と認める

夕霧と雲居の雁、6年ぶりに再会、結婚、ハツコイを実らせる

明石の姫君が入内のときに紫の上が実母の明石御方を付き添わせる

紫の上と明石御方が初めて対面

あらすじをタッチ(マウスを持っていく)するとカンタン箇条書きが表示されます。

主要キャラ紹介 
よかったらどうぞ🎵

~ character fan book ~

1日1000文字エピソードはこちらから

Chapter 33. 長く遅く遠かった春   藤裏葉ふじのうらば

源氏物語ワールドに いってらっしゃい ✈✈✈

bon voyage!!

千年前のわたしたちの国の物語
楽しんでいただけたら嬉しいです。

あらすじだけを追うかたはこちらへどうぞ

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

無料イラスト素材【イラストAC】 写真素材素材【写真AC】

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。