//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 明石一族の繁栄と紫の上の嘆き

2022-07-20chapter35-1第三十五帖,若菜下,明石御方,明石尼君,紫の上,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 35-1.六条院の人びと

    源氏物語 第三十五帖 若菜下(一)

episode 3. 明石一族の繫栄と紫の上の嘆き

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十四帖 若菜上(三)(Chapter 34-3)まで
  源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めますが、内親王(娘)の女三宮は母親を亡くしており後ろ盾がないので将来を心配しています。
 朱雀院は誰かに嫁がせようと考え、源氏に結婚を打診します。この結婚によって紫の上は絶望を味わいます。降嫁してきた女三宮は幼いばかりの姫宮で源氏は早くも結婚を後悔します。

 朱雀院の出家により妃であった朧月夜は実家に戻り、源氏は逢いに行きふたりは復縁します。ただでさえ女三宮との結婚で絶望していた紫の上は源氏からこのことを聞き泣いてしまいます。
 源氏は女三宮が幼いばかりの姫宮だったので、今まで以上に紫の上の素晴らしさに感じ入ります。

 懐妊した明石女御は自身の出生の事情を知りました。若宮が誕生し、願を果たした明石入道は山に分け入ります。

 女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っていたのですが、ハプニングが起きて女三宮のすがたを見てしまいます。ますます想いが募り恋の歌を贈ります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 35-1 若菜下(一) 六条院の人びと

第三十五帖 若菜下(一)(Chapter 35-1)第二話(episode 2)まで
 女三宮への想いを抑えきれない柏木ですが、源氏を見ると「こんな気持ちでいてはいけない」と思いとどまります。そしてあのとき御簾を巻き上げた猫を手に入れて自宅でも猫とばかりじゃれています。
 冷泉帝が譲位して明石女御の夫である東宮が帝位に就きます。明石女御が産んだ若宮が東宮になります。
 子どものいない紫の上はそろそろ出家したいと源氏に打ち明けます。

episode 3. 明石一族の繁栄と紫の上の嘆き

【超訳】若菜下(一)
源氏 41~46歳 紫の上 33~38歳
女三宮おんなさんのみや 15~20歳
明石御方あかしのおんかた 32~37歳 明石女御あかしのにょうご 13~18歳
夕霧 20~25歳 柏木 25~30歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏は明石入道の宿願がすべて達成されたので住吉詣でに出かけることにするの。明石の女御や紫の上に明石の御方や明石尼君も一緒に連れていくの。
 明石の御方や女御さまや尼君の昔を懐かしく思い出した源氏が尼君に和歌を贈るの。

~ たれかまた 心を知りて 住吉の 神代を経たる 松にこと問ふ ~

(住吉の神様に願をかけたことを私以外に覚えていらっしゃるのは尼君だけですね)

 尼君もすぐに源氏に返歌をしたの。

~ 住の江を 生けるかひある 渚とは 年ふるあまも 今日や知るらん ~

(ここがいい想い出の場所となったことが年とった尼にも今日わかりましたよ)

源氏たち一行は一晩中神楽かぐら(神様に奉納する歌や舞)を演奏して楽しむの。紫の上は普段お屋敷から出たことがなく、都から離れた旅行なんて初めてだからどんなことも新鮮で興味深かったみたい。

世間では明石尼君が元は中流階級の夫人だったのに次に帝となる東宮さまのひいおばあちゃんになったので長寿で幸運の象徴みたいに言われているの。あの近江の君もすごろくでサイコロを振るときとかに良い目がでるように「明石尼君、明石尼君」っておまじないを唱えるんですって。

住吉大社
住吉詣で

源氏は表向き女三宮を大事には扱っているけれど、どうしたって紫の上のことが愛おしくてたまらないの。
 そんなウワサは女三宮のお父さんの朱雀院の耳にも入ってくるから出家していても朱雀院は娘のことが心配で、それを見た帝(女三宮のお兄さん、明石女御のオット)は女三宮の位を上げるの。朱雀院や帝が後ろ盾バックについていて位も高い女三宮と比べると、源氏だけが頼りの紫の上はこのまま源氏と過ごす時間も減ってくるし愛情だっていずれは尽きてしまうわと思うの。

源氏も朱雀院や帝への義理もあるので、女三宮のところで過ごさなきゃいけなくなってくるの。紫の上は源氏のいない時間を明石女御が産んだ内親王(女一の宮)を預かって気を紛らわせているのよね。

紫の上も明石の御方も孫の世話をしているのが花散里は羨ましくなったみたいで、夕霧と藤典侍の子供を預かって育てているの。源氏自身は子供が少なかったんだけど、いつのまにか孫はたくさんできていたのよね。
 玉鬘も32歳になっていて立派な右大臣夫人なの。六条院にも遊びに来て紫の上とも仲良くしているんですって

 そんな六条院のメンバーに比べると女三宮だけが幼くてたよりなく見えるのね。でも自分の娘の明石女御が手元を離れたので、これからは女三宮の教育をしていこうって源氏は考え直すみたいね。

第三十五帖 若菜下(一)

Chapter 35-1 六条院の人びと
 episode 1. 柏木のゆがみ
 episode 2. 源氏の周りの人びと
 episode 3. 明石一族の繫栄と紫の上の嘆き

To be continued ✈✈✈

 念願を果たした明石一族
 穏やかな暮らしを望んでいたのに、正室女三宮と元カノ朧月夜の存在に苦しめられる紫の上

 こうなると子供を産んだ明石御方と子供に恵まれなかった紫の上の立場が明と暗に分かれますね。

 この三十五帖【若菜下】も【若菜上】と同じくボリュームがあります。また10以上のエピソードになるのですが、どれもカットできないエピソードなのでお付き合いくださいね。なるべくわかりやすくお伝えしますね。

🖌Genji Waka Collection

~ たれかまた 心を知りて 住吉の 神代を経たる 松にこと問ふ ~

以前同じときに住吉大社を訪れていたことを思い出して六条院(源氏)が明石尼君に贈った歌

~ 住の江を 生けるかひある 渚とは 年ふるあまも 今日や知るらん ~

明石尼君が幸せを感謝して六条院(源氏)に返した歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。