//CSS rules to specify families //CSS //JS

chara-book 5. 気品あふれる百合の花

2022-04-30GENJI キャラクターファンブックキャラクターファンブック,明石御方,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【別冊】

GENJI essay

Character fan book vol.5

気品あふれる百合の花Elegant lily flower
AKASHI-no-ONKATA

Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

GENJI 【別冊】GENJI エッセイ

 千年語り継がれる不朽の名作『源氏物語』も実はツッコミどころ満載!?
 源氏物語を【超訳】しながら感じた管理人の個人的な雑感エッセイです。シロウトの感想なので偏った見方をしているかもしれません。


 古典を専門には学んでいないイチ源氏物語ファンの書く軽いタッチのハンドブックです。よかったらご覧になってください。史実、原作と異なる等、明らかな間違いはご指摘いただきたいのですが、基本的にはゆるく、広いお心でお読みいただければと思います。
 お歴々の源氏物語を研究されている方々、現代語訳をなさっている皆様、源氏物語ファンの皆様方、それから紫式部サマ、どうか怒らないでください。お願いします。

 本章はキャラクターファンブックです。
 源氏物語の登場人物をひとりずつフォーカスします。
 キャラクターのプロフィールや代表的なエピソード、印象的な和歌などを紹介します。
 エピソードや関連するエッセイなどへのリンクも貼ったので利用してください。

「推しキャラ💕」を見つけてくださいね。
 楽しい源氏ワールドトリップを。

fan book vol.5 気品あふれる百合の花
     ~ AKASHI-no-ONKATA ~

✈✈✈ Let’ go to GENJI world ✈✈✈

「キャラクターファンブック」5冊目です。
気品あふれる百合の花

明石御方

AKASHI-no-ONKATA

源氏くんが「最高のカノジョ」とほめたたえたオクサマ。

思慮深く 賢く 美しく
周りの人への気配り心配り
琵琶の腕前はプロ級
ファッションやインテリアもハイセンス

都から離れた明石に住んでいましたが、源氏と運命的に出逢いました。
身分は高くなかったけれど、気品高く美しい百合の花
紫の上が一番気になった「オットのカノジョ」ですね。

明石御方 プロフィール


father
明石入道

mother
明石尼君
夫、恋人
partner
源氏
子供
children
明石中宮
特徴
characteristic
琵琶の腕前はプロ級。源氏も敵わない。センスも抜群。
性格
personality
とても思慮深く、源氏とは身分が不釣り合いだと父親が交際を勧めてきても断固拒否した。明石姫君と京に上ってからも娘の将来のために紫の上に姫君を預けて自身は陰に徹した。

明石御方リンク集

明石御方が主に登場するのは第十三帖【明石】で18歳。このとき源氏は27歳。でも実は初登場は第五帖【若紫】なんです。源氏と従者たちの雑談で、宮廷での仕事を辞して娘を「最上のオトコ」に嫁がせるために明石で暮らしている人がいると話題になっているのです。

10代後半

拒絶、恋、出産

~ むつ言を 語りあはせん 人もがな 
       うき世の夢も なかば覚むやと ~
(あなたと付き合えればこの世の辛さから救われるんだ。
慰めてほしいんだ)
  源氏

~ むつ言を 語りあはせん 人もがな 
   うき世の夢も なかば覚むやと ~
(あなたと付き合えればこの世の辛さから救われるんだ。
慰めてほしいんだ)
  源氏

~ 明けぬ夜に やがてまどへる 心には 
       いづれを夢と 分きて語らん ~
(暗闇で彷徨う私には
夢と現実の区別がつかないわ)
  明石の君

~ 明けぬ夜に やがてまどへる 心には 
   いづれを夢と 分きて語らん ~
(暗闇で彷徨う私には
夢と現実の区別がつかないわ)
  明石の君

父の明石入道が「我が家系から皇帝と皇后が並び立つ」というお告げを夢で見て、娘の明石の君(のちの明石御方)を身分の高い「最上の男性」と結婚させようとします。
 運命の導きか、源氏が明石の近くの須磨で謹慎生活を送っていたので、明石入道が自宅に源氏を招き住まわせます。入道から話を聞き明石の君に興味を持った源氏が口説きますが、明石の君は「身分が不釣り合い」だからと源氏のアプローチを拒絶します。
 入道の手引きで源氏と明石の君は恋仲になります。美しく賢く気品高い明石の君に源氏は夢中になります。

 やがて源氏に朱雀帝から帰還命令が下るころに明石の君は源氏の子を身ごもります。

20代

再会、苦悶、別離

~ 末遠き 二葉の松に 引き分かれ 
       いつか木高き かげを見るべき ~
(幼いあなたとお別れして、
成長したお姿を見られるのはいつになるのかしら)
明石の君  

~ 末遠き 二葉の松に 引き分かれ 
   いつか木高き かげを見るべき ~
(幼いあなたとお別れして、
成長したお姿を見られるのはいつになるのかしら)
明石の君  

~ ひ初めし 根も深ければ 武隈たけくまの 
       松に小松の 千代を並べん ~
(本当の母子なんだからいつか一緒に暮らせるようになるよ)
源氏内大臣  

~ ひ初めし 根も深ければ 武隈たけくまの 
   松に小松の 千代を並べん ~
(本当の母子なんだからいつか一緒に暮らせるようになるよ)
源氏内大臣 

源氏が京に戻ったあとに明石の君は姫君を出産します。源氏が何度も京に呼び寄せますが、身分が低い明石の君はためらっています。けれども姫君の将来のために京に上り、源氏と再会し、お互いの愛情を確認しあいます。
 ただ母親の身分を上げるために紫の上に養母になってもらうことを源氏から提案され、明石御方は泣く泣く姫君を手放します。愛する夫との子供を手元で育てられない苦しみを明石御方は味わうことになります。

30代~

再会、真実、穏やかな春

明石御方の娘の明石の姫君は養母の紫の上に愛情深く育てられ、春宮に入内することになります。姫君が後宮入りするタイミングで紫の上は実母の明石御方に姫君の女房として一緒にいられるように計らいます。姫君が3歳のときに手放して8年ほど。美しく優しく成長した娘と対面できました。

 その後明石女御が懐妊したときに明石御方が実の母だと知ります。明石女御が若宮を出産後も明石御方は実母だとでしゃばることなく、常に養母の紫の上を常に尊重し、自身は手伝いに徹します。女御は4男1女を産みますが、皇子たちの後見など明石女御(中宮)の後宮を取り仕切ります。

明石御方リンク集でした。

liliy

控えめで慎ましく

琵琶はプロ級

身分以上に気品があって

源氏を夢中にさせた魅力

(※管理人の偏見です)

 18歳で源氏と出逢い、惹かれ、姫君を出産。
 最愛の娘はその後中宮に、孫は春宮になりました。いずれは帝位に就くでしょう。
 中流階級の娘として産まれましたが、皇后や帝のお母さんやおばあちゃまになりますね。

 でしゃばらず、いつも周りに気を配り、特に紫の上のことを尊重し、源氏が女三宮と結婚したあとは紫の上を気遣いました。
 思慮深く、気配り、心配り、の人でしたね。

 次回のキャラクターファンブックは源氏の癒しの里、源氏と一番長い期間一緒にいた女君です。

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。