//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 源氏の悩みと内大臣の憂鬱

2022-07-21chapter26第二十六帖,常夏,和琴,内大臣,玉鬘十帖,玉鬘,雲居の雁,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 26.ふたりのムスメの明と暗

    源氏物語 第二十六帖 常夏

episode 2. 源氏の悩みと内大臣の憂鬱

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十五帖 蛍(Chapter 25)まで
 源氏の六条院は初夏です。玉鬘たまかずらに思わず恋の歌を贈ってしまった源氏ですが、今度は自分の弟である蛍兵部卿宮の玉鬘への恋心を煽るような演出をします。玉鬘は源氏が自分をどうしたいのかわからなくなってしまいます。

 花散里は源氏にとって相変わらず癒しの存在です。その花散里が母親代わりを務めている源氏の息子の夕霧は初恋の君の雲居の雁とのことを彼女の父である内大臣(元頭中将)に引き離され、逢えない日々が続いています。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 26 常夏 ふたりのムスメの明と暗 

第二十六帖 常夏(Chapter 26)第一話(episode 1)まで
 夏を迎えた六条院に若い公達を迎えてもてなします。源氏は内大臣の息子から新しく引き取った姫の話を聞いたりします。
 夕方からは玉鬘と過ごし、和琴を弾き内大臣の話を聞かせます。

episode 2. 源氏の悩みと内大臣の憂鬱

【超訳】常夏 玉鬘十帖
源氏 36歳 紫の上 28歳
玉鬘たまかずら 22歳
夕霧 15歳 柏木 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

何かにかこつけては玉鬘を訪ねる源氏なんだけど、六条院であか抜けて魅力的になってゆく玉鬘にますます惹かれちゃうの。でも紫の上以上に愛することはできないので、中途半端なこの恋心を断ち切るには、誰か玉鬘にふさわしい男と結婚させるのがいいんだろうなと考えるようになるの。蛍兵部卿宮ほたるひょうぶのきょうのみやか髭黒の右大将あたりが候補になるなって。

玉鬘も最初に源氏から告白されて近寄られたころは怖かったんだけれど、それ以上のことはされなくて信頼できそうなので、源氏が抱き寄せたりすることに敢えて抵抗はしなくなったんですって。

 そんな玉鬘がとてもステキになってくるから、源氏ったら手元(六条院)で結婚させて婿を通わせて、自分のアイジンにもしようかな、なんてけしからんことまで考え始めるの。でもそれはそれで結婚する婿に対して猛烈に嫉妬することになるんだろうなぁ、と源氏の悩みも尽きないんですって。

内大臣が引き取った姫君は近江の姫君って呼ぶことにしたんだけれど、あんまり評判がよくないのね。息子の弁の少将が源氏宅でツッコまれた話を聞くと、内大臣も開き直っちゃって
「ああ、田舎娘を引き取ったよ。普段他人ヒトのことをああだこうだ言わない源氏サマが、我が家のこととなると地獄耳で批判までしてくださるなんて光栄だねぇ」
 なんていじけてるの。

源氏が探し出したというウワサの姫君はこれ以上ないくらいの評判の姫なのに、自分のところに来た姫君といったら……。それに娘の雲居の雁のことだって源氏が頭を下げてきたら夕霧との結婚を認めてやってもいいと思っているのに、源氏にも夕霧にもそんなそぶりは見られないのね。親子ともども頑固だなって逆ギレしてるみたい。いや、でも今の夕霧の冠位(身分)ではまだ低すぎてうちの婿としては見劣りがするか、とかなんとか考えながら悶々としていたみたいね。

内大臣は気晴らしに娘の雲居の雁の部屋を突然訪ねるの。雲居の雁はお昼寝をしていたみたい。可憐な小柄の姫君で、夏の薄い衣ころもから透ける肌もキレイで美しい所作で扇を持っているの。黒髪は多くもなく長くもないけれど、裾がとても美しいんですって。

お父さんの内大臣は結婚のことも考えているからあなたもきちんとしなさい、なんてお説教までするの。雲居の雁はおばあさまの大宮さまからお手紙をいただくこともあったんだけど、お父さんに遠慮しておばあさまのところに遊びに行くこともできなかったんですって。

雁
ひとりぼっちの雁

To be continued ✈✈✈

 最新流行のファッションに身を包み、内面も成長してますます美しくなる玉鬘。源氏は「ムスメ以上恋人未満」のような振る舞いですね。玉鬘は源氏養父の愛人にはなりたくないので早くお父さんの内大臣に紹介してほしいと思っているでしょうね。

 内大臣の長女は冷泉帝のお妃さま(新弘徽殿女御)ですが、中宮(皇后)にはなれませんでした。二女の雲居の雁は夕霧との結婚の話もすすまず、だからといって他の人と結婚させるわけにもいきません。そんなところに登場した3番目のお姫様。なかなか濃いキャラクターのお姫様のようです。
 久しぶりに登場した雲居の雁。夕霧とはときどき手紙をやりとりするだけで、おばあさまにも会いにも行けません。夕霧と雲居の雁のふたりの恋を応援してあげたいですね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。