//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 匂宮の宇治行き作戦

2022-07-20chapter46第四十六帖,宇治,宇治十帖,椎本,八の宮,匂宮,,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 46.ふたりの恋

    源氏物語 第四十六帖 椎本しいがもと

episode 1. 匂宮の宇治行き作戦

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十五帖 橋姫(Chapter 45)まで
  源氏の弟である八の宮の様子が語られます。桐壺帝の皇子にもかかわらず忘れられた存在で宇治に隠棲している八の宮の生き方に感銘を受けた薫は教えを請いに宇治通いを始めます。八の宮にはふたりの姫君がおり、薫は宇治で姫君たちの姿を垣間見て意識するようになります。
 また薫は八の宮の邸で弁の君という女房から自身の出生の真実を聞かされます。「僕は源氏の子なのだろうか」という子供の頃からの疑念は的中し、実の父は亡くなった柏木大納言だと知りました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 46. ふたりの恋
 episode 1. 匂宮の宇治行き作戦

【超訳】椎本しいがもと 宇治十帖
 薫 23~24歳 匂宮におうのみや 24~25歳
 大君おおいぎみ 25~26歳 中の君 23~24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

2月に匂宮が長谷寺(現:奈良県桜井市)を参拝して帰りに夕霧所有の宇治の山荘に泊まるの。夕霧は物忌みで宇治には来ることができなくて代わりに薫が匂宮を出迎えるのね。匂宮も苦手な夕霧じゃなくて友人の薫だったので嬉しそうね。どうしても宇治に行きたい匂宮が長谷寺詣での帰りに宇治に寄るという作戦をたてたみたいね。

夕霧の山荘から宇治川を挟んだ向かいが八の宮のお屋敷らしく、噂の姫君とのニアピンを匂宮は期待しているみたい。お供の人達も旅の疲れを癒しているの。匂宮は旅慣れていないから疲れているんだけれど、滅多にできない旅行だから夕方ごろからは楽器を用意させて音楽の宴を始めようとするのよ。

 宇治川のほとりの山荘で奏でられる音楽は対岸の八の宮のお屋敷にも聞こえてくるの。
「この笛の音(薫が吹いている)は六条院(源氏)風ではなくて太政大臣(頭中将)系統の演奏に似ている感じがするな」

 八の宮はそんな風に感じるの。このような華やかな暮らしからかけ離れた生活をしているから自分はともかく年頃の姫君たちは不憫だなぁとも八の宮は思うの。できれば誠実な薫に姫君の婿になってもらいたいって考えるんだけれど、彼は色恋には目もくれない真面目オトコだからそれは望めない。かといって薫以外の軽薄なチャラいオトコ達には姫君との結婚は許せない。八の宮も悩んでいるみたいね。

横笛
柏木の横笛

薫は近くまで来ているのでもちろん八の宮のお屋敷に行きたいんだけれど、家来が大勢いるので宴を抜け出すことはできないのね。まして匂宮と一緒に姫君に逢いに行くっていうのはムリなのよ。匂宮もここまで来て姫君たちとなんのコンタクトもとれないのが不満みたいね。

 そんなところに八の宮から薫あてに和歌が届くの。

~ 山風に かすみ吹き解く 声はあれど 隔てて見ゆる おちの白波 ~

(風に乗って音楽は聞こえてきますが、隔たりがあるので白波しか見えません=やはり私たちとあなた方の間には隔たりあるようですね)

To be continued ✈✈✈

 ここで登場する夕霧の別荘は宇治平等院鳳凰堂がモデルらしいです。お寺として創建したのは藤原頼道ですが、元は父道長の別荘でした。道長は紫式部を宮中に招いた本人、パトロンとも言われていますね。
 源氏物語には実在の建物もエピソードの舞台として多く登場します。しかも千年経った今も現存しているものもあります。
 夕霧や匂宮や薫も平等院鳳凰堂を訪れていたのかもしれない、ここで宴会をしていたのかもしれない、など妄想は膨らみます。
 今でもそう思えるのですから、当時はもっとリアルに感じられたことでしょうね。

誰からも慕われ 誰にも愛を振りまき?!
おじいちゃんの隔世遺伝?!

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 41 ちゃらちゃらチャラ男も宇治へゆく
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 山風に かすみ吹き解く 声はあれど 隔てて見ゆる おちの白波 ~

    八の宮が対岸にいる薫に贈った歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。