//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 最後の夏 そして最後の秋

2022-07-20chapter40明石中宮,匂宮,,,第四十帖,御法,花散里,紫の上,二条院,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 40.消えゆく紫の露

    源氏物語 第四十帖 御法みのり

episode 2. 最後の夏 そして最後の秋

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十九帖 夕霧(Chapter 39)まで Part2-1 完結
 源氏の兄である朱雀院は出家の際に内親王の女三宮を源氏に降嫁させます。親子ほどの年の離れた女三宮は幼いばかりの姫宮で、源氏は美しく賢い紫の上をますます寵愛するようになりますが、女三宮を正室に迎え、朱雀院の寵姫だった朧月夜と復縁したことで紫の上は絶望を味わいます。

 それでも紫の上は六条院の女主人として女三宮を始め女君がたと穏やかな交流をはかりますが、病に倒れてしまいます。源氏は朱雀院の御賀などの行事をすべて延期にして紫の上につきっきりで看病します。

 紫の上が二条院で療養中に源氏の正室の女三宮を諦めきれない柏木が密通してしまい、女三宮は妊娠してしまいます。源氏はふたりの関係を知り、態度や言葉でふたりを責め、柏木は寝たきりの病気になります。そんな中女三宮は男児(のちの薫)を出産、その後出家します。それらを知った柏木は喜びと失意の中亡くなります。

 夕霧は柏木から「源氏とのいさかいのとりなし」と「未亡人となる女二宮」のことを遺言として頼まれました。夕霧は薫は柏木の子ではないかと見当をつけます。女二宮のことは最初は友人の未亡人として見舞っていましたが、いつしか恋情を抱くようになり結婚します。本妻の雲居の雁はこの結婚に心を痛め子供を連れて実家に戻ってしまいました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

本章です🎵

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 40 御法みのり 消えゆく紫の露 

第四十帖 御法みのり(Chapter 40)第一話(episode 1)まで
 紫の上の体調はよくなりません。源氏は紫の上の出家を認めないので、紫の上は二条院で法要を催します。彼女が好きな春の情景の中、思い出深い法要となり、明石御方や花散里にそれとなく別れの和歌を贈答しました。

episode 2. 最後の夏 そして最後の秋

【超訳】御法みのり
源氏 51歳 紫の上 43歳
夕霧 30歳
明石御方あかしのおんかた 42歳
明石中宮あかしのちゅうぐう 23歳 匂宮におうのみや 5歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

夏の暑さが紫の上を苦しめて、どんどん衰弱していって気を失うこともあるの。中宮になった明石の女御が二条院に里下がり帰省してきて紫の上を見舞うの。明石の御方も一緒みたいね。中宮の子供たち(紫の上にとっては孫)の大きくなる姿が見たかったわといって紫の上が泣くんだけど、そのお顔もとても美しいの。それとなく自分の死んだあとのことを言い残す紫の上に明石中宮は涙を流すのよね。

 紫の上は可愛がっている匂宮におうのみや(中宮の三男)とも話をするの。

「わたしがいなくなったらおばあちゃまを思い出してくださる?」

「おばあちゃまのことがいちばんだいすきなんだよ。いなくなったらかなしくなっちゃうよ」

紫の上は匂宮に大人になったら二条院に住んで庭の紅梅と桜の季節は眺めて、時々は仏様にもお供えをしてね、と言い残すの。匂宮は泣き顔を見られまいとその場を立ち去ってしまうの。紫の上は手元で育てた女一の宮と匂宮の成長を見届けられないことをとても悲しく思ったのよね。

紅梅
約束の紅梅
桜
約束の桜

夏が過ぎると今度は朝夕の冷えが紫の上にはつらくなってくるの。明石中宮はまだ二条院にいるんだけど、紫の上は弱り切っていて中宮のところまでも会いに行けないの。(中宮は身分が高いから本当は紫の上が中宮の所に参上しなければならないの)御所からは早く戻ってくるように催促されているんだけれど、紫の上が心配な中宮は御所には戻らずに自分から紫の上の部屋までお見舞いに行くの。

明石中宮が見る紫の上は痩せてしまってはいるけれど、やっぱり上品で優美なのね。よく美しさを花に喩えるんだけど、紫の上の美しさと同じくらいのものが地上にないほどなんですって。

 起き上がって中宮と話をしている紫の上を見た源氏はそれだけで喜んで涙を流すの。ほんの少し気分がいいだけでこれだけ喜んでくれる源氏が自分が死んだらどんなに悲しむのかと思うと紫の上は切なくなってくるの。

To be continued ✈✈✈

 紫の上が弱ってきています。
 第五帖で登場したとき、紫の上は10歳の少女でした。現在43歳。彼女に寄り添い源氏物語を体感した方も多いのではないでしょうか。

 紫の上は子供好きで明石中宮の子の養育をしていました。特に女一宮と匂宮を可愛がり匂宮には想い出深い二条院を託しました。

美しく 優しく 賢く
彼女の想いは……

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 36 紫の思慮 光の後悔
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。