//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 想う女性、妹のような存在、冷めた妻

2022-07-21chapter7第七帖,紫の君,禁断の恋,光源氏,源氏物語,紫式部,葵の上,藤壺女御,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 7.死ぬまで持っていく秘密

    源氏物語 第七帖 紅葉賀もみじのが

episode 2. 想う女性、妹のような存在、冷めた妻

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第六帖 末摘花(Chapter 6)まで
 源氏宰相中将は父の妃である藤壺女御を恋慕っており、とうとう一夜を共に過ごした藤壺女御は妊娠してしまいます。

 藤壺女御の姪である紫の君とは自宅の二条院で兄妹のように仲良く暮らしています。
 頭中将と取り合った姫君の末摘花は少し個性的な容姿でしたが、付き合いを続けることにしました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 7 紅葉賀もみじのが 死ぬまで持っていく秘密

第七帖 紅葉賀(Chapter 7)第一話(episode 1)まで
 藤壺女御を寵愛する桐壺帝は妊娠している彼女の体調が落ち着いてきたので、源氏たち若い公達に舞を披露させます。源氏は藤壺女御への想いを舞と和歌に込めました。

episode2. 想う女性、妹のような存在、冷めた妻

第七帖【紅葉賀もみじのが
 源氏 18~19歳 紫の君 10歳~11歳
 藤壺の宮 23~24歳 葵の上 22歳~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

藤壺の宮さまはお産のために実家に戻ったの。源氏はまた会いたいと思って実家まで行くんだけど、会ってはもらえなかったの。この恋は破滅を招くと悲しむのが宮さまで、今もまだ逢いたいと思い詰めているのが源氏の君よね。事情を知っている王命婦おうのみょうぶだけが宮さまと源氏、どちらの気持ちも知っているだけにお気の毒にと同情するの。

 源氏はそこで藤壺の宮のお兄さんで紫の君のお父さんでもある兵部卿宮ひょうぶのきょうのみやに会うんだけど、紫の君のこと(自宅で一緒に住んでいること)はまだ話さなさいのよね。

源氏が自宅の二条院にどうやら女の人を住まわせているらしいってことはオフィシャルになりつつあったの。どこのお姫様ということは知られてないんだけど。みんなまだ紫の君がまだ子供だってことも知らないし、この時点では源氏と紫の君は結婚もしていなかったんだけどね。

紫の君は実のお兄さんのように源氏になついているの。どんどん可愛らしく成長していて、源氏も習字やお琴などを教えてあげているの。源氏が夜勤の日や他の女の人のところへ行っていて会えないときは寂しくて泣いてしまうくらいだったの。

周りの女房が
「もう夫君がいらっしゃるのですから、子供みたいなお人形遊びはやめませんとね」
 と言うと、
「夫って誰のこと?」
 なんて聞いてくるカンジなの。夫なんて人はオジサンみたいな人のことだと思っていたのに、私の夫はあんなにカッコいいお兄さまなの? なんて思ったんですって。まだ10~11歳。恋もよくわからないのに、すでに結婚相手が決まっていたのよね。彼女の意思とは関係ないところでね。

お正月を迎え、正妻の葵の上のところに源氏は挨拶に行くんだけど、やっぱり上から目線で冷たい態度なのね、葵の上は。

「少しは温かく対応してくれてもいいんじゃないんですか?」
 と源氏は言うけど、葵の上は源氏の二条院に女の人が住んでいることを知っていたのね。ただでさえ夫婦仲がうまくいっていないのに、そのウワサ。そりゃ今までもあっちこっちに愛人がいることは知っていたけど、自分の家に住まわせるなんて、そのうちその人を正室にしてしまうの? ってプライドを傷つけられていたの。

氷柱花
氷柱花

彼女は源氏より4歳年上なのをすごく気にしていたみたい。とても美しくてカンペキな女性だということは源氏もわかっているの。お父さんが左大臣でお母さんも皇族の出身だったからとても身分が高くて、いずれは東宮妃(皇太子妃)にと大事に育てられたのね。プライドもものすごく高かったの。けれど源氏だって帝の皇子で身分でいえば彼女以上だから、そんな源氏は
「私は特別なんです。そこらへんの女性と一緒にしないでください」
 ってカンジでお高くとまっている葵の上に好感を持てなかったのね。

 お腹の子は自分の子ではないかと確かめたい源氏ですが藤壺の宮さまは会ってくれません。想いはつのるばかりです。
 紫の君は10歳。結婚はしていませんが、周りはこのまま源氏と結婚すると思っています。紫の君は源氏の事を優しいお兄ちゃんと思っています。
 そして葵の上。結婚当時は16歳と12歳だったけれど、現時点では葵の上が23歳、源氏が19歳。もう以前ほどの年の差は感じないと思うのですが、なかなか打ち解けられません。恋に不器用な優等生さんです。

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。