//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 運命にみちびかれて

2022-07-21chapter22玉鬘十帖,第二十二帖,玉鬘,夕顔,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 22.元カノのムスメ

    源氏物語 第二十二帖 玉鬘たまかずら

episode 2. 運命にみちびかれて

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十一帖 花散里(Chapter 11)まで Patr 1-1 完結
 桐壺帝の第二皇子として産まれた光源氏は臣下に下り、報われない藤壺の宮への想いを埋めるかのように数々の女人と付き合い愛に彷徨います。

第二十一帖 乙女(Chapter 21)まで Patr 1-2 完結
 源氏の兄の朱雀帝の寵姫である朧月夜と密会していることがバレてしまい、藤壺の宮や真実の子である東宮を護るために源氏は官位を返上して須磨で謹慎生活を送ることにします。
 須磨から明石に移り住み、美しく賢い明石の君と出逢い姫君が産まれます。朱雀帝から都への帰還を要請され京に戻ってからは紫の上を寵愛します。
 藤壺の宮との子である東宮は冷泉帝として即位、源氏は六条御息所の娘を養女として冷泉帝に入内させ、中宮となります。

 源氏は明石の君と明石の姫君を京に呼び寄せますが、母親の身分の低さが姫君の将来に影響することから紫の上に養母になってもらうことにします。明石の君も辛い気持ちながら姫君のために紫の上に娘を託します。

 源氏と葵の上の息子の夕霧は葵の上の実家で祖父母に育てられますが、内大臣(元頭中将)の娘の雲居の雁も一緒に育ちます。ふたりは従姉弟どうしで幼なじみで淡い恋心をいだくようになりますが、それを知った内大臣がふたりの交際に反対し、娘を自宅に引き取り夕霧と会わせないようにしてしまいました。夕霧は雲居の雁を迎えに行くために実力で官位を上げるために必死で勉強と仕事に打ち込みます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 22 玉鬘たまかずら 元カノのムスメ 

第二十二帖 玉鬘(Chapter 22)第一話(episode 1)まで
 源氏の若いころの恋人の夕顔はデート中に変死してしまいましたが、夕顔の家の者たちに亡くなったことを知らせませんでした。残された姫(夕顔と内大臣の娘)は乳母たちと筑紫に移ることになりました。乳母たちは成長した姫を京に連れていき内大臣に会わせたいと考えます。

episode 2. 運命にみちびかれて

【超訳】玉鬘たまかずら 玉鬘たまかずら十帖
源氏 35歳 紫の上 27歳
玉鬘 21歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

肥後(熊本県)の役人で大夫監たゆうのげんという男がいたんだけれど、美しい彼女の噂を聞いて求婚してくるの。どんな障害があっても大切にするからって。大夫監は30歳くらいで身体が大きくて太っていて豪傑なカンジだから見た目が怖いの。地元では有力者だから無下に断って仕返しされるのも怖くて乳母の息子たちは大夫監の味方にまわってしまうの。

けれど長男の豊後ぶんごすけだけは覚悟を決めて夕顔の娘を都へと逃がそうと決心するの。自分にも家族がいたんだけれど、ひとまず妻子を置いて父の遺言を守るために母の乳母や妹たちと一緒に夕顔の娘を守って都へと逃げるの。  大夫監が追ってくるかと心配したけれど、なんとか逃げ延びて都へとたどり着いたのよ。

けれど都に着いたとはいえ、豊後の介や乳母には内大臣姫のお父さんへのツテがなく、連絡のとりようがなかったの。とりあえずはお参りにでも、と神社やお寺参りに行くことに。  そこで偶然休暇をとって同じくお寺参りをしていた右近と感激の再会をすることになるの。

小さい花

右近は成長した夕顔の娘の美しさに驚くの。源氏の奥様の紫の上さまにも劣らない美しさだと感心したの。都ではない田舎で育ったにもかかわらずよくぞこんなに気品高く育ててくれたと右近は乳母に感謝したのよ。
 乳母は右近に姫さまのことを父親の内大臣に知らせてほしいと頼むんだけれど、実は探しているのは源氏だと話して、右近は過去のこと(夕顔は源氏とのデート中に亡くなった)を打ち明けたの。

右近は六条院に戻るの。源氏と一緒にいる紫の上を見ると、夕顔の娘も美しかったけれど、やっぱり紫の上さまには適わないかしら、なんてことも思うらしいの。紫の上は27、8歳になっていて美しい盛りなの。右近の休暇中にさえまた美しくなったんじゃないかって思わせるほどなんですって。右近は源氏にとうとう夕顔の忘れ形見を見つけたことを報告。すると源氏はすぐに六条院に引き取ろうと言い出すの。実の父の内大臣に知らせたところで向こうは子だくさんで他の子どもたちに気おされてしまうだろうから、自分の元で養女として育てて世間に披露しようと考えるの。

To be continued ✈✈✈

 豊後の介たちのおかげで京に戻ってこられましたが、身分の高い内大臣には簡単に会うことはできないようです。
 幼いころに母と別れてしまい九州で育ち、京に戻ってきて、右近と再会、そして源氏の待つ六条院へとやってきます。運命的な展開です。ドラマチックプリンセスですね。
 彼女の運命の赤い糸は誰とつながっているのでしょうね。源氏に養女として引き取られ六条院での華やかな暮らしが始まります。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。