//CSS rules to specify families //CSS //JS

chara-story 5. 光の闇

2022-04-30GENJI キャラ STORY光の闇,キャラ目線ストーリー,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【別冊】

GENJI essay

Character side story Ⅴ

光の闇
Darkness of light

Welcome to SenmojiGenji World!!

GENJI 【別冊】GENJI エッセイ

 千年語り継がれる不朽の名作『源氏物語』も実はツッコミどころ満載!?
 源氏物語を【超訳】しながら感じた管理人の個人的な雑感エッセイです。シロウトの感想なので偏った見方をしているかもしれません。


 古典を専門には学んでいないイチ源氏物語ファンの書く軽いタッチのハンドブックです。よかったらご覧になってください。史実、原作と異なる等、明らかな間違いはご指摘いただきたいのですが、基本的にはゆるく、広いお心でお読みいただければと思います。
 お歴々の源氏物語を研究されている方々、現代語訳をなさっている皆様、源氏物語ファンの皆様方、それから紫式部サマ、どうか怒らないでください。お願いします。

 本章はキャラクターストーリーです。
 キャラクター目線で物語を語っています。
 どのキャラクターか想像しながら読んでいただけると嬉しいです。

 あくまでも管理人の「きっとこんな風に想っていたんじゃないかな」との独断と偏見ストーリーです。

story 5. 光の闇 
     ~ Darkness of light ~

✈✈✈ Let’ go to GENJI world ✈✈✈

俺は

何を探しているんだ

何を求めているんだ

帝の皇子として生まれ
父さんや母さんの愛情に包まれた

けれども俺には母さんの記憶はない
3歳のときに亡くなった
美しく可憐で
どこまでも儚く
小さな薄紫の桐の花は
後宮の愛憎の波にもみ消された

俺の容姿見た目が美しいとか
漢詩や和歌の成績デキがいいとか
琴や絵なんかも素晴らしいとか
周りはやたらと褒めてくれるが
それだって俺が皇子帝の子だからかもしれない

地位も身分も
何もかも恵まれたおぼっちゃんだと思われているだろう

そうはいっても俺は臣下に下ろされた
帝の皇子として生まれた
父さんの考え次第では東宮(皇太子)となり帝になることだって可能だったはずだ
そんな未来を考えたことがないと言えば噓になる
母さんがすでになく
その母さんの実家のチカラもないから
大勢いる皇子兄弟たちのあいだで権力争いをさせたくないからと
父さんが俺を皇族から外した

父さんは俺を愛してくれている
それはわかっている
臣下に下ろしたのだって
俺のことを想ってのことだっていうこともわかっている
そうして俺は臣下として父さんや東宮の兄さんに仕えることになった
他の兄弟たちは皇族なのに俺だけが源氏姓の臣下
藤原姓の貴族たちとも異質な立場

ひとりきりだ
俺の心に寄り添ってくれる人なんて誰もいない

元服(成人式)もして
親の決めた結婚もしたし
他に付き合っている恋人もいたけれど
やっぱり俺の心は満たされない

俺が望めばある程度のことは叶うし
俺が口説けば大抵の女の子はなびいたけれど
心はきしんでいたんだ

満たされない想いがあったんだ

心の奥にこびりついて離れないもの
いや、そこに穴があいているから
愛情や好意を注がれても
心が満たされることがない

そんな俺の心にさしこんできた光
俺の心を満たしてくれる日の光
輝く日の宮

母さんに似ていると父さんが入内じゅだい(帝の后に)させた人
俺より5歳年上の女性ひと
初めての出会いは9歳のとき
優しいその人を母のように姉のように慕った

周りは侍従や女房ばかりで友達もいない環境で
その人への親しい気持ちが恋へと変わったのは俺的には自然なことだった

だけれども

あの人だけは手に入れられない
俺の想いは叶わない

あの人は父さんの后

けれど父さんが本当に愛しているのは俺の母さんだ
その死んだ母さんに似ているからってあの人を后にしたんだ

あの人を本当に心から愛しているのは俺なんだ

なのに

どうしてこの想いを成就させてはいけないんだ?
愛しているのに
死ぬほど愛しているのに

出会ったころのように
あの光り輝く陽ざしに包まれていたい
あの人に差し上げる梅の花が咲くのを心待ちにしながら眠ったあの夜のように
あの人への想いで満たされていたい

俺の心の穴を埋めてくれるのはあの人だ
あの人が振り向いてくださったなら
あの人がお言葉をくださったなら
あの人が応えてくださったなら

想いが通じるのなら
俺はすべてを受け入れる、罪も罰も
何もかもを捨てる、地位も身分も
死んだっていい
あなたと想いが交わせるのなら

あの人と夜を過ごした
注げるだけの愛を伝えた

けれども未来はない

―― もう逢いません
―― 文もやめてください

あの人からのメッセージ

辛くなることなんてわかっていた
幸せな未来があるなんて思っていなかった

わかっていたってこの想いはせきとめられなかった

たとえ拒まれても
応えてくれなくても

これからも俺は想いつづけるんだ
あの人を

愛しつづける

そして絶望しつづける

だから俺は彷徨う

心の穴を埋めてくれる何かを

あの人の代わりに愛せる人を

俺が憧れて
焦がれてやまない
そんな存在を

求めるから彷徨う
もがくから求める
餓えるからもがく

俺は
飢えているんだ

愛に

人生に

現世うつしよのすべてに

光と影
光と影
Character side story Ⅴ 光源氏の君 side
光の闇 
 ~ Darkness of light ~ 

To be continued ✈✈✈

光り輝く君の闇
愛に彷徨う 光源氏の君 STORY のご案内

関連する【超訳】部分はこちら

  • Chapter 5. 過ちと略奪(若紫)
    episode 2. 禁断の恋
  • Chapter 7. 死ぬまで持っていく秘密(紅葉賀)
    episode 3. 愛と罪の証
  • 関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 13. 紫は悲恋の色?
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。