//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 夕霧と女二宮

2022-07-20chapter36一条御息所,第三十六帖,,女二宮,柏木,夕霧,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 36.想いを遺し恋に死す

    源氏物語 第三十六帖 柏木

episode 5. 夕霧と女二宮

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十五帖 若菜下(三)(Chapter 35-3)まで
 女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っているのですが、偶然彼女のすがたを見てしまい、恋心を抑えられなくなっています。ただこんな気持ちではいけないとも考えもし、心の葛藤が続いているようです。

 紫の上は女楽のあとに源氏に出家を願い出ます。けれども源氏は「俺を見捨てないで」と認めません。そんな折に紫の上が倒れてしまいます。源氏は必死に看病しますが回復しません。

 源氏が紫の上につきっきりで看護している隙に柏木は女三宮の元に忍び込み一線を越えてしまいます。何度か逢瀬を重ね女三宮は妊娠してしまい、源氏は柏木との密通の事実を知ります。柏木は源氏からの嫌味と圧力から寝たきりの病気になってしまいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 36 柏木 想いを遺し恋に死す 

第三十六帖 柏木(Chapter 36)第四話(episode 4)まで
 見舞いに訪れた夕霧に柏木は「源氏とのいさかい」のとりなしと妻の女二宮のことを頼み、息をひきとります。女三宮も柏木の死の知らせに胸を痛めました。
 女三宮が産んだ子、薫はとても美しく柏木に似ているようです。源氏は『父に似るんじゃないよ』との漢詩を諳んじます。

 一方、夕霧は息を引き取る直前に託された柏木からの言葉を思い返しています。源氏と柏木とのあいだにあった「いさかい」とは何なのか。もしや心配していた女三宮関連のことなのだろうか。いろいろと考えているようです。

episode 5. 夕霧と女二宮

【超訳】柏木
源氏 48歳 紫の上 40歳
女三宮おんなさんのみや 22歳 薫 1歳
夕霧 27歳 柏木 32歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

柏木に死なれた妻の女二宮は死に目にも会えず今は寂しく暮らしているの。柏木が使っていた道具や大事にしていた和琴や琵琶は見るのも辛かったんですって。
 そんな女二宮のところに夕霧はお見舞いに行くの。
 女房だけで応対するのは失礼だということで女二宮の母親の一条御息所いちじょうのみやすどころが応対するの。

柏木が最期まで女二宮さまのことを気にかけていたと夕霧は話しながら思わず涙を流すの。聡明で気高く美しい夕霧。一条御息所は気の進まない結婚でしかも夫に先立たれてしまったけれど、最期は娘のことを気にかけてくれていたみたいで少しホッとしました、と答えたの。

 柏木は夕霧より5歳年上なんだけど若々しく優雅で柔らかい雰囲気の人だったの。比べて夕霧は端正で男らしくて顔の美しさが際立ってたんですって。帰ろうとする夕霧は歌を詠むの。

~ 時しあれば 変はらぬ色に 匂ひけり 片枝かたえ折れたる 宿の桜も ~

(片方の枝が枯れてしまった桜だけれど変わらない色に咲きましたね)

すると一条御息所もすぐに返歌を送るの。

~ この春は 柳の芽にぞ 玉はく 咲き散る花の 行くへ知らねば ~

(今年の春は柳の芽に玉が連なるように泣いております。咲いて散る桜の花の行先はわかりませんから)

とっさに返した和歌だけれど気の利いた歌でさすがは宮中で才女と言われていた人だなぁと夕霧は感心するの。

そのあと夕霧は柏木の実家で前大臣に会って、女二宮を見舞ったことを報告するの。前大臣は今も悲しみにくれているの。夕霧のお母さんで大臣の妹でもある葵の上が亡くなった秋も悲しかったけれど、今回はそれ以上だって、ただただ辛くて息子のことが恋しいって落ち込んでいるのよね。

4月になってまた夕霧は女二宮のところを訪ねるの。隣り合う柏の木と楓の木の枝や新緑の葉が交差しているの。
「これからは僕を柏木の代わりだと思って下さい」
 そんな風に夕霧は女二宮に挨拶するの。まだ恋の告白というわけではないんだけれど、好意を期待するような言い方だったみたいよ。

新緑の楓
新緑の楓

第三十六帖 柏木

Chapter 36 想いを遺し恋に死す
 episode 1. 柏木の最期の歌
 episode 2. 女三宮の出家
 episode 3. 消えゆく柏木
 episode 4. 父に似ることなかれ
 episode 5. 夕霧と女二宮

To be continued ✈✈✈

 とうとう柏木が亡くなってしまいました。熱烈なまでに女三宮に恋をしましたが、結局は女三宮が尼になり自分も死んでしまうという破滅的な恋でした。
 親友の夕霧は源氏との和解と女二宮のことを柏木から託されました。
 源氏との「いさかい」は何なのか、自分が心配していた女三宮とのことなのか、いろいろと考えているようです。
 それからもうひとつ頼まれた女二宮のこと。
 最初は友人の未亡人として女二宮を心配し気遣っていましたが、どうやらそれ以上の感情を持ち始めたのでしょうか。

🖌Genji Waka Collection

~ 時しあれば 変はらぬ色に 匂ひけり 片枝かたえ折れたる 宿の桜も ~

夕霧大将が女二宮の事を詠んだ歌

~ この春は 柳の芽にぞ 玉はく 咲き散る花の 行くへ知らねば ~

女二宮の母が娘の代わりに夕霧大将に返した歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。