//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 夕霧の恋

2022-07-20chapter39第三十九帖,女二宮,夕霧,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 39.堅物な浮気 不器用な本気

    源氏物語 第三十九帖 夕霧

episode 1. 夕霧の恋

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十八帖 鈴虫(Chapter 38)まで
 薫を出産後出家した女三宮に源氏は通うようになり恋の歌まで贈ります。罪を犯し源氏に疎まれるから出家したのに今頃態度を変えた源氏に女三宮は困惑します。
 秋の十五夜に源氏は冷泉院と過ごします。実の父子と名乗り合えませんがお互いを想いあっています。同じ境遇の柏木と薫のことに源氏は想いを馳せました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 39. 堅物な浮気 不器用な本気
 episode 1. 夕霧の恋

【超訳】夕霧
源氏 50歳 紫の上 42歳
夕霧 29歳 雲居の雁 31歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

世間ではカタブツ扱いの夕霧だったんだけれど、女二宮への想いは募るばかりで、亡くなった柏木の遺言を口実にちょくちょく会いに行っているの。ただ最初は色恋がらみで通いはじめたわけじゃないから急に付き合って下さいと告白もできなくて、でも女二宮さまの気持ちが僕に向いてくれたらいいなぁなんて思っているの。まだ女二宮の声も夕霧は聞いたことがないの。(もちろん姿なんて見たことがない)

 女二宮のお母さんの一条御息所の具合が悪くて小野(現京都市左京区修学院あたり)というところで療養していて、なんやかんやと用事を作ってはそこへ通う夕霧を雲居の雁も怪しんでいるみたい。

小野の山荘は都のお屋敷と違って小ぢんまりした造りだから距離感も近くて、女二宮さまとも御簾一枚隔てた場所で話ができたみたい。初めて女二宮の声が聞けた夕霧は喜ぶんだけど、女二宮の言葉がそっけないのよね。
 日が落ちてくるころにお母さんの具合が悪くなったみたいで多くの女房達がそっちに行ってしまうの。あたりは霧がたちこめてくるの。

霧
立ち込める霧

~ 山里の 哀れを添ふる 夕霧に 立ちでんそらも なきここちして ~

(夕霧で雰囲気いいから帰りたくないな……)

こんな霧じゃ帰れないよ、と夕霧は思わせぶりな歌を詠むの。

~ 山がつの まがきをこめて 立つ霧も 心空なる 人はとどめず ~

(垣根を立ちこめる霧も浮ついた人を引き留めたりしてないわ)

帰ってくれていいのよ、と女二宮は詠うんだけど、返歌をしてもらえた夕霧は嬉しくて本当に帰ることを忘れてしまうの。

「ひどいね。道も見えないのに追い返すの? 恋愛経験値が低い僕はどうしたらいいの?」

夕霧は告白めいたことを言い始めるの。女二宮も今までも夕霧の気持ちに気づいていないわけではなかったんだけど、気づかないフリをしていたのね。でも言葉で言われると困ってしまって女二宮は返事をしなくなるの。夕霧はこんなチャンスは二度とないだろうって思っているみたい。自分の従者たちには近くの荘園に泊まるように指示して自分はここに泊まっていくことにしちゃうの。

To be continued ✈✈✈

 夕霧が女二宮に告白しようとしていますね。

 ここで彼が歌で「夕霧」を詠んだのでこの巻名にもなりましたし、のちの訳者たちが彼をそう呼ぶようになりました。

 女二宮は朱雀院の内親王で、内親王はあまり結婚しないようです。それでも父の勧めで柏木と結婚したのに死なれてしまいました。今後は亡き夫の供養をしながら静かに暮らしていこうと考えていたと思います。
 そこへ夫の親友からの恋愛アプローチ。
「もう放っておいて。わたしに構わないで」と思っているかもしれませんね。

🖌Genji Waka Collection

~ 山里の 哀れを添ふる 夕霧に 立ちでんそらも なきここちして ~

夕霧が「今夜は帰りたくない」と女二宮に伝えた歌

~ 山がつの まがきをこめて 立つ霧も 心空なる 人はとどめず ~

泊まりたそうな夕霧を拒んだ女二宮の歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。