//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 紫の上との別れ

2022-07-21chapter12無位無官,謹慎,須磨,紫の上,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 12.とりあえず謹慎します。

    源氏物語 第十二帖 須磨

episode 2. 紫の上との別れ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十一帖 花散里(Chapter 11)まで Patr 1-1 完結
 桐壺帝と桐壺の更衣のあいだに産まれた光源氏は父帝の妃の藤壺の宮への満たされない想いを埋めるかのように多くの女人と付き合います。

 正室の葵の上は息子の夕霧を出産後亡くなってしまいます。
 夕顔とは心を許せる付き合いでしたが、変死してしまいました。
 年上のセレブ未亡人の六条御息所は源氏とは別れ、伊勢斎宮となる娘と共に伊勢に移りました。
 藤壺の宮は源氏との罪の子を身ごもり、表向きは桐壺帝の子として東宮を出産します。桐壺院の没後、出家します。
 その藤壺の宮によく似た紫の上を少女のころから二条院で育て、正式な妻として迎えます。

 朱雀帝の祖父の右大臣派が政治の主流となり、左大臣派の源氏は冷遇されるようになります。そんな中、帝のお妃である朧月夜との密会を続けていてそれがバレてしまいます。朱雀帝の母である弘徽殿大后は「帝への謀反!」と源氏を失脚させようとします。
 源氏との付き合いを避ける人も多い中、花散里は今までと変わらず源氏を迎え支えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 12 須磨 とりあえず謹慎します。 

第十二帖 須磨(Chapter 12)第一話(episode 1)まで
 官位を返上して須磨に隠棲して謹慎する源氏ですが、周囲の人びとは心配しています。
 紫の上は離れたくない、一緒に行きたいと泣いてしまいます。

episode2. 紫の上との別れ

第十二帖【須磨】
 源氏 26~27歳 紫の上 18~19歳
 女院(藤壺の宮) 31~32歳 明石の君 17歳~18歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

左大臣家以外にも挨拶に行くところがあるので、紫の上にはいろいろな人とのお別れで忙しくてね、なんて源氏は言い訳するの。
「あなたが都からいなくなってしまうこと以外に悲しいことなんて私にはないわ」
 なんて紫の上が言うから、この人が一番自分のことを想って悲しんでくれているんだなって源氏はしみじみ思うの。

紫の上のお父さんの兵部卿宮ひょうぶのきょうのみやは右大臣に目を付けられるのを恐れて娘と距離をおくようになり、手紙すらくれなくなったの。兵部卿宮の正室は紫の上の不運を喜んだくらい。(紫の上は正室の子ではないの)
 実の親から見放された紫の上を源氏は
「もし京にもどることができなくなったら、どんな家だろうが必ずキミを迎えるから」
 と約束をして慰めたんですって。

 出発の準備やら親しい人とのお別れやらで疲れ切っていた源氏は鏡に写った自分を見て、痩せたな、哀れだなって思ってこんな歌を詠んだの。

~ 身はかくて さすらへぬとも 君があたり 去らぬ鏡の かげははなれじ ~

(俺は須磨へ行ってしまうけれど、鏡に写った姿をキミのところに置いていくよ)

~ 別れても 影だにとまる ものならば 鏡を見ても なぐさめてまし ~

(あなたがいなくなっても鏡にだけでも姿が残っているならずっと眺めていられるのに)

紫の上はそう詠んでまた涙ぐむの。その優雅で美しい姿に源氏はやっぱり彼女のことを一番愛しているんだなって思ったらしいわね。

紫の花
可憐な紫の花

源氏はもし戻ってこれなかったことを考えて財産などを紫の上に託して出発の準備をするの。自分の家来たちにも待っていてくれる者は紫の上に仕えるようにと言うの。

 少女のときに略奪まがいに源氏に連れてこられました。源氏の理想どおりに育ち、結婚し、今では「源氏の最愛の妻」になりました。ずっと一緒だった源氏との別れは紫の上にとっては不安で不安で仕方ないようです。
 源氏の奔放な行動は大切な人々に辛い思いをさせてしまいました。

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ 身はかくて さすらへぬとも 君があたり 去らぬ鏡の かげははなれじ ~

源氏が紫の上を想って詠んだ歌

~ 別れても 影だにとまる ものならば 鏡を見ても なぐさめてまし ~

紫の上が源氏との別れを惜しんで詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。