//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 柏木のゆがみ

2022-07-20chapter35-1,第三十五帖,若菜下,柏木,女三宮,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 35-1.六条院の人びと

    源氏物語 第三十五帖 若菜下(一)

episode 1. 柏木のゆがみ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十四帖 若菜上(三)(Chapter 34-3)まで
  源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めますが、内親王(娘)の女三宮は母親を亡くしており後ろ盾がないので将来を心配しています。
 朱雀院は誰かに嫁がせようと考え、源氏に結婚を打診します。この結婚によって紫の上は絶望を味わいます。降嫁してきた女三宮は幼いばかりの姫宮で源氏は早くも結婚を後悔します。

 朱雀院の出家により妃であった朧月夜は実家に戻り、源氏は逢いに行きふたりは復縁します。ただでさえ女三宮との結婚で絶望していた紫の上は源氏からこのことを聞き泣いてしまいます。
 源氏は女三宮が幼いばかりの姫宮だったので、今まで以上に紫の上の素晴らしさに感じ入ります。

 懐妊した明石女御は自身の出生の事情を知りました。若宮が誕生し、願を果たした明石入道は山に分け入ります。

 女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っていたのですが、ハプニングが起きて女三宮のすがたを見てしまいます。ますます想いが募り恋の歌を贈ります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 35-1. 六条院の人びと
 episode 1. 柏木のゆがみ

【超訳】若菜下(一)
源氏 41~46歳 紫の上 33~38歳
女三宮おんなさんのみや 15~20歳
明石御方あかしのおんかた 32~37歳 明石女御あかしのにょうご 13~18歳
夕霧 20~25歳 柏木 25~30歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

女三宮の女房の小侍従からの返事(「しょせん高嶺の花よ」)は本当にそのとおりなんだけど、ヒドイ言われようだと柏木は思うの。もうあんな薄情な女房経由じゃなくて、なんとかして女三宮本人に直接告りたいって思い始めるの。それは普段尊敬している源氏を裏切る行為なのに、欲望に歯止めがかけられなくなってきているのよね。

また六条院で弓のイベントが開かれて大勢の貴族たちが集まるんだけど、やっぱり柏木はもの想いにふけっているの。
「大丈夫だよな。ヤバいことにはならないよな?」
 夕霧はひとりハラハラ心配しているの。

柏木も源氏と顔を合わせると、やっぱりこんな気持ちでいてはいけない、人から非難されるようなことをしてはいけないって考え直すんだけどカンタンにはあきらめられないみたいなのよね。


 そんな柏木は、御簾を巻き上げて女三宮の姿を見せてくれた猫だけでも手に入れたいと思ってツテをたどってなんとかあのときの猫を自分のものにしたの。突然猫とばかりじゃれている柏木の様子に周りの女房達が不審がるのよね。

n猫

~ 恋ひわぶる 人の形見と 手ならせば なれよ何とて 鳴くなるらん ~

(夢が叶ったあの夜からまた逢いたいって想っていて、眠れない夜を何日も過ごしてるんだ)

猫

そんなことを言いながら猫を懐に入れて妄想にふけっているのよね。

To be continued ✈✈✈

 若菜上から続く柏木の恋の話ですね。女性の姿を見ることなんて滅多にない中で直接見てしまった美しい姿。しかも高貴な内親王。柏木の恋のボルテージが一気に上昇しています。今でもよくある一目ぼれでしょうか。
 けれどもその女性は天下を極めた源氏の正室。源氏には身分も人格も敵わないとわかっていながらも女三宮を想う気持ちを抑えられません。
「いけないってわかっているけれど抑えられない想い」なんて昔の源氏みたいです。許されない禁断の恋のエピソードがいくつかありましたね。
 源氏の息子で柏木の友人の夕霧が心配していますね。

🖌Genji Waka Collection

~ 恋ひわぶる 人の形見と 手ならせば なれよ何とて 鳴くなるらん ~

柏木衛門督えもんのかみが恋しい女三宮のかわりに手に入れた猫に話しかけた歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。