//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 蜻蛉のような君

2022-07-20chapter52第五十二帖,宇治川,自死,宇治,宇治十帖,蜻蛉,大君,中の君,匂宮,,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 52. 激流の果て

    源氏物語 第五十二帖 蜻蛉かげろう

episode 4. 蜻蛉のような君

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十一帖 浮舟(Chapter 51)まで
  自宅で出会った姫が薫の恋人であると匂宮は突きとめ、薫が囲っている宇治まで乗り込み浮舟と強引に関係を持ってしまいます。浮舟も薫に申し訳ないと思いながらも匂宮にも惹かれてしまいます。将来のことも考え責任を持とうとしてくれる誠実な薫と激情的な行動で心を惑わせる匂宮のあいだで浮舟は三角関係に苦悩します。

 匂宮は薫から浮舟を奪おうとし、匂宮と浮舟の関係を知った薫はふたりを逢わせないように宇治の山荘を武士で武装します。どちらかを選ぶと選ばなかった方を傷つけると考えた浮舟は自身が消えてしまおうと決断し、辞世の句を詠みます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 52 蜻蛉かげろう 激流の果て

第五十二帖 蜻蛉かげろう(Chapter 52)第三話(episode 3)まで
 浮舟の姿が見えず、辞世の句を見た女房たちは浮舟が宇治川に身を投げたのではと心配します。山荘の従者たちは三角関係のことや自死のことを明かさずに「病死した」ことにして葬儀をとりおこないます。
 匂宮も薫も最初はお互いが浮舟を隠して死んだことにしているのではと疑います。

 浮舟の死に匂宮は正気を失い落ち込みます。見舞いに訪れた薫は匂宮の前で初めて涙を流します。
 大君に続いて浮舟まで失った薫はふたりが亡くなった宇治まで疎ましく思うようになります。

episode 4. 蜻蛉のような君

【超訳】蜻蛉かげろう 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

その頃、明石中宮さまは女房から今回の薫と匂宮と浮舟の三角関係の話を聞いたの。自分の息子(匂宮)が異母弟の薫(明石中宮は薫が源氏の子だと思っているから)の恋人の浮舟を横奪よこどりしようとしていたことを知ってとても驚いたの。それから薫のためにも匂宮のためにもこのことがウワサにならないよう厳重に口止めをしたの。

浮舟に仕えていた侍従という女房(宇治川での匂宮と浮舟の密会デートに付き添った女房)は今は明石中宮さまにお仕えしていて、中宮さまのところに来ている匂宮と薫を見かけるの。
「こんなにごりっぱな方おふたりからあの姫君は愛されていたんだわ。どちらかおひとりとお幸せになってくださったらよかったのに……」
 そんな風に浮舟のことを惜しむの。

明石中宮さまは亡くなった式部卿宮(源氏の弟)の娘が継母に軽んじられていたのを不憫に思い、彼女を引き取り自分の子供の世話役にしているの。宮の君と呼ばれているの。
 匂宮は宮の君が浮舟と血縁があるから(式部卿宮と八の宮は兄弟)、ひょっとしたら浮舟に似てるんじゃないかって気になっているんですって。

月が素晴らしい夜。薫は女房たちが集まっている部屋に宮の君を訪ねて行くの。同じ皇族で前には薫との縁談の話まであった人が女房になっているのを薫は同情するの。でもどうやら同情だけじゃない別の感情もあるみたい。
 秋の夕暮れ、薫は「はらわたがちぎれるほどにツライ秋の空だよ」なんて漢詩を詠むの。

匂宮はあちこちの女房たちに手を出したりして昔のオンナ遊びを再開しちゃったみたいなの。
 匂宮の奥さんの中の君はそんなダンナの浮気癖に悩みながらも、薫を頼ったりましてや薫と浮気しようとしたりしない分別のある聡明な態度だったから薫は
「こんなに素晴らしい女性ひとは女房達の中にはいないよなぁ」
 って中の君のことを想うの。

 やっぱり大君や中の君、浮舟のことを薫は今でも想っているみたいね。

宇治三姉妹イメージ
三姉妹のイメージ

~ ありと見て 手には取られず 見ればまた 行方も知らず 消えし蜻蛉かげろう ~

(そこにいるってわかっていても手にすることはできなくて、捕まえたと思ったら行方もわからなく消えてしまった。キミは蜻蛉のようだよ)

第五十二帖 蜻蛉かげろう

Chapter 52 激流の果て
 episode 1. 浮舟の死
 episode 2. 薫の涙
 episode 3. 憂いの宇治
 episode 4. 蜻蛉のような君

To be continued ✈✈✈

 ふたりの男性から想いを寄せられるいわゆる三角関係の恋物語ですが悲劇的な結末となってしまいました。
 三角関係のラブストーリーというと今でもよく見られる設定で胸キュンシチュですが、この三人のストーリーは胸キュンとは違ったようです。

🖌Genji Waka Collection

~ ありと見て 手には取られず 見ればまた 行方も知らず 消えし蜻蛉かげろう ~

薫が失くした浮舟を想って詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。