//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 浮舟ママの驚愕

2022-07-20chapter50第五十帖,宇治,宇治十帖,東屋,中の君,,浮舟,二条院,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 50.翻弄される舟

    源氏物語 第五十帖 東屋

episode 2. 浮舟ママの驚愕きょうがく

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十九帖 宿木やどりぎ(Chapter 49)まで
  周りの思惑で薫は帝の内親王と婚約、結婚することになります。けれどもいまだに大君を想っており、妹の中の君と自分が結婚すればよかったとも思っています。
 匂宮も夕霧の娘の六の君と結婚します。形式的な結婚のつもりでしたが、六の君の美しさ、素晴らしさに匂宮は魅了されます。

 匂宮の結婚に落ち込んでいる中の君を薫が訪ねて口説こうとしますが、中の君が妊娠中なので思いとどまります。帰宅した匂宮はふたりの仲を疑いますが、中の君は泣いて身の潔白を訴えます。

 中の君は薫の気をそらそうとある姫の話をします。その姫は大君と中の君の異母妹でした。宇治で偶然姫を見かけた薫はあまりに大君と似ていたので「運命の姫だ」と感じ入ります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 50 東屋 翻弄される舟 

第五十帖 東屋(Chapter 50)第一話(episode 1)まで
 薫は宇治で見かけた大君の異母妹を「世話したい」とアプローチしますが、身分格差があるため姫も姫の母親も本気にしていないようです。
 姫(浮舟)はある事情で中の君の二条院に滞在することになります。

episode 2. 浮舟ママの驚愕

【超訳】東屋 宇治十帖
 薫 26歳 匂宮におうのみや 27歳
 中の君 26歳 中の君の異母妹(浮舟) 21歳
 夕霧 52歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

浮舟と中将の君浮舟のお母さんが二条院に移って何日か過ぎたの。匂宮の姿をちらっと覗いた中将の君は匂宮の美貌に驚いてしまうの。まるで桜の花のような華やかさなんですって。しかも自分の夫よりも身分の高い貴族たちがみんな皇族の匂宮にかしずいているのよね。たまたま自分の継子である式部の丞しきぶのじょうがお供に控えていたけれどとても匂宮に近づくことなんてできないの。

「んまあぁぁ、匂宮さまはこの世のヒトとは思えない超超イケメンさまなのね。中の君さまはなんとお幸せなんでしょう!」
「女性関係が派手だってお聞きしたけれど、あれならしょうがないわぁ。たとえ七夕のように年に一度しかお会いできなくても許せちゃうわねぇ」

桜
Niounomiya

浮舟のお母さんは初めて見た匂宮に大興奮みたいね。その匂宮が若君をあやしていて、そばに中の君もいたので美男美女カップルに見惚れちゃうの。
 お屋敷のインテリアも生活スタイルもそこで暮らす匂宮たちもハイセンスでとても自分たちとは比べられないけれど、娘の浮舟の美しさだけはひけをとらないわってお母さんは思うみたいよ。

体調がよくないお母さんの明石中宮さまのところに見舞いに行くからと匂宮が支度を始めるんだけど、そこに仕えているさえない男がいるの。それがなんとあの左近の少将だったのね。浮舟との結婚を承諾したときはそれなりの男だと思っていたのが匂宮とくらべると月とすっぽんだったの。浮舟をあんな男と結婚させなくて本当によかったわってお母さんは思ったの。

浮舟のお母さんは中の君と対面して中の君の夫の匂宮を絶賛して、それから娘の将来が不安だと打ち明けるの。中の君は浮舟は可憐で美しく本当に亡くなった大君によく似ているわって思うのよね。そこに薫がやってくると知らせが届いて、また中将の君は覗き見をしようとするの。

「匂宮さま以上のイケメンさまなんていらっしゃいませんわ!」
 中将の君はまだ匂宮を見た興奮が冷めないみたいね。そこへ薫が姿を現すの。そして匂宮とはタイプの違うハンサムな薫にまたまたビックリするの。

 艶やかさは匂宮なんだけど、薫の気高い容姿に中将の君はまた度肝を抜かれるの。

「んまっ! んまぁぁぁぁぁ! なんてことでしょっ!」
 この世にこんな超絶イケメンがふたりもいるなんて。
「一日でこんなイケメンさまをおふたりも見られるなんて!!」
「超ド級のウルトラスーパーイケメンさま……」
 中将の君の興奮はおさまらないみたいね。

橘
Kaoru

To be continued ✈✈✈

 浮舟ママのリアクションが目に浮かぶようですね。
 見たこともない麗しいイケメンを1日にふたりも見ました。漫画『あさきゆめみし』では桜の花のような匂宮に橘の木のような薫と例えています。
 タイプの違うイケメンふたり。浮舟ママじゃなくてもキャアキャア言ってしまいそうです。
 物語でも女房たちは常にふたりの噂をしていますし、男性は自分の娘と結婚させて婿にしたがっています。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。