//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 身元不明の姫

2022-07-20chapter53第五十三帖,宇治川,宇治,宇治十帖,手習,匂宮,,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 53. 流れ着いた舟

    源氏物語 第五十三帖 手習てならい

episode 1.身元不明の姫

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十二帖 蜻蛉かげろう(Chapter 52)まで
  浮舟の行方がわからなくなり、辞世の句を見た女房たちは浮舟が宇治川に身を投げたのではと嘆きます。山荘の従者たちは三角関係や自死の事を伏せて「姫君は病死した」と葬儀を行います。
 匂宮も薫も最初はお互いが浮舟を隠して死んだことにしているのではと疑います。

 しかし浮舟が亡くなってしまったと知り、匂宮は正気を失い落ち込みます。薫は表面上は冷静でしたが、匂宮の前で初めて涙を流します。
 大君に続いて浮舟まで失った薫はふたりを亡くした宇治まで疎ましく思います。薫は浮舟を亡くした哀しみから抜け出せません。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 53. 流れ着いた舟
 episode 1. 身元不明の姫

【超訳】手習てならい 宇治十帖
 薫 27~28歳 匂宮におうのみや 28歳~29歳
 浮舟 22歳~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

比叡山から北に少し離れた横川よかわ(現・滋賀県大津市)に横川よかわ僧都そうずという高僧がいたの。彼の年老いたお母さんの大尼君おおあまぎみと彼の妹の小野(現・京都市八瀬、大原あたり)の妹尼いもうとあま長谷寺はせでら(現・奈良県桜井市)を参拝していたときに大尼君が体調を崩してしまうの。途中の宇治で休むことにして、横川よかわの僧都にも知らせるのね。すると横川よかわの僧都は驚いて宇治に来て、近くに亡くなられた朱雀院(源氏のお兄さん)の別邸があるのを思い出して大尼君をそこに移すことにするのね。

別邸に着いてみるとどうもヘンな雰囲気なの。物の怪もののけを祓うためにお経を読んで寝殿の裏にまわってみると木の下で若い娘がさめざめと泣いているの。
 物の怪(怨霊、死霊、生霊など)じゃないか、狐が化けたんじゃないかって騒ぎになるんだけど、それを聞いた小野の妹尼は彼女は自分の亡くなった娘の生まれ変わりだって言い出して熱心に看病してあげるの。その娘は身なりもよくて薫香くんこうの香りがかぐわしくて気品高い印象なの。

妹尼は娘の世話を続けて、どうしてあんなところにいたのか、何があったのか聞くんだけれど娘は何も話さないの。
「川にわたしを投げ落としてください」
 それしか言わないのよね。

激流

その頃宇治では八の宮の娘で右大将の薫が通っていた姫君が突然亡くなったってニュースになっているの。
「おかしな話ね。大将の君が亡くされた宇治の姫君ならお亡くなりになってもう何年にもなるし(大君のこと)、どなたのことなのかしら? 都にはご正室もいらっしゃるのに……」
 妹尼はそんな風に思うの。薫と浮舟のことは公にはなっていないから妹尼は知らないのよね。

To be continued ✈✈✈

 宇治の邸でさめざめと泣いている娘。気品のある姫らしい身なり。
 川に投げ落としてくださいと泣いています。
 まだ何も話したくないようです。この身元不明の姫は浮舟でしょうか。

源氏物語によく見られる「いとあはれなり」
でもねぇ、あはれ、あはれってさぁ…… 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 48 あはれ、あはれってさぁ……
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。