//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 凪いだ恋

2022-07-21chapter11第十一帖,花散里,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 11.ココロ安らぐ里

    源氏物語 第十一帖 花散里

episode 2. 凪いだ恋

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十帖 賢木(Chapter 10)まで
 かつての恋人六条御息所とは別れ、彼女は伊勢へと旅立ちます。父親である桐壺院が亡くなります。源氏は再度藤壺中宮に迫りますが、男女の関係を拒みたい藤壺中宮は出家して、現世での別れとなります。

 朱雀帝の祖父の右大臣派が政治の主流となり、左大臣派の源氏は冷遇されるようになります。そんな中、帝のお妃である朧月夜との密会を続けていてそれがバレてしまいます。朱雀帝の母である弘徽殿大后は「帝への謀反!」と源氏を失脚させようとします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 11 花散里 ココロ安らぐ里 

第十一帖 花散里(Chapter 11)第一話(episode 1)まで
 昔から付き合っている彼女の元を訪ねる途中で、遊んだことのある女性の屋敷を通りかかり家来に声をかけさせますが、政治の主流からも外れバッシングの対象である源氏はすげなくあしらわれてしまいます。

episode2. 凪いだ恋

第十一帖【花散里】
 源氏 25歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏は最初の予定通り麗景殿女御れいけいでんのにょうごのお屋敷に向かうの。ひっそりとしていて仕える人達も少ないけれど、女御さまは品があって優しいままのご様子だったみたい。二十日目の月が昇り、庭の橘の木からは懐かしい香りがして、ホトトギスも鳴いているの。

花の宿
花の宿

~ 橘の 香をなつかしみ時鳥ほととぎす 花散里を たづねてぞふ ~

(橘の香りを懐かしんで飛んできたホトトギスのように私もこの橘の花の散る里を訪ねてきました)

 女御さまも和歌を返して丁寧に源氏とお話したのね。時が経っても変わらない態度でいてくれる女御さまは素晴らしいなと源氏も感じたみたいね。

それから花散里の待っている部屋へと源氏は行くのね。普段はちっとも逢いに来てくれない源氏なのに、その美しい姿を見るとそんなことも彼女は忘れてしまうみたい。そして彼女は源氏を責めることもなく幸せそうに笑っているの。源氏もそんな優しい彼女に癒されるの。でまた「恋しかったんだよ」なんて言葉を彼女に贈るんだけど、まあそれもそうそう嘘ではないみたいなのよね。

橘の花
橘の花

長い間逢いに行かないと、心変わりすることだってあるでしょうね。そうなるとあの中川のオンナの態度を責めることはできないなと源氏は思うの。それを思うといつでも変わらない態度で優しく接してくれる花散里がやっぱりいいなと源氏はしみじみ想ったんですって。

第十一帖 花散里

Chapter11 ココロ安らぐ里
 episode1. 心優しいカノジョ
 episode2. 凪いだ恋

 また新しいカノジョが登場しました。花散里の君。物語では今回登場でしたが、源氏との出会いは少年時代ですので時系列だとずっと前ですね。
 今まで登場した「源氏から一番愛されたい、ナンバーワンになりたい、他の恋人なんていなければいいのに」なんて思ったりする女性たちとはタイプが違う花散里さま。
 女御さまの妹で身分も低くないけれど、とても控えめ。逢いに来てくれるだけで幸せ。逢えないときはあなたのことを想っているからそれだけで幸せ。また逢える日が楽しみだわ。今のままで十分幸せ。
 同じ状況でも中川のオンナは、ちっとも逢いに来てくれないじゃない、また別のオンナのところに行ってるんでしょ、まったくムカつくわ、って思っていたでしょう。
 ふたりを比べると花散里さまの性格のよさというか穏やかさが際立ちますね。源氏もいつも心優しいカノジョに癒してもらいます。
 彼女、この先もずっと源氏に大切にされます。大豪邸の六条院の住人にもなります。激流下りのような激しい恋ばかりをしている源氏の君もたまには波風の立たない穏やかな湖面に舟を浮かべるような恋もしていたのですね。

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ 橘の 香をなつかしみ 時鳥ほととぎす 花散里を たづねてぞふ ~

源氏宰相大将が麗景殿女御に贈った歌

源氏のエバーグリーン
物語の癒しスポット

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 20 心のオアシス
    エバーグリーンな彼女
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。