//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 都を離れる決心

2022-07-21chapter12無位無官,謹慎,須磨,密会,紫の上,朧月夜,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 12.とりあえず謹慎します。

    源氏物語 第十二帖 須磨

episode 1. 都を離れる決心

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十一帖 花散里(Chapter 11)まで Patr 1-1 完結
 桐壺帝と桐壺の更衣のあいだに産まれた光源氏は父帝の妃の藤壺の宮への満たされない想いを埋めるかのように多くの女人と付き合います。

 正室の葵の上は息子の夕霧を出産後亡くなってしまいます。
 夕顔とは心を許せる付き合いでしたが、変死してしまいました。
 年上のセレブ未亡人の六条御息所は源氏とは別れ、伊勢斎宮となる娘と共に伊勢に移りました。
 藤壺の宮は源氏との罪の子を身ごもり、表向きは桐壺帝の子として東宮を出産します。桐壺院の没後、出家します。
 その藤壺の宮によく似た紫の上を少女のころから二条院で育て、正式な妻として迎えます。

 朱雀帝の祖父の右大臣派が政治の主流となり、左大臣派の源氏は冷遇されるようになります。そんな中、帝のお妃である朧月夜との密会を続けていてそれがバレてしまいます。朱雀帝の母である弘徽殿大后は「帝への謀反!」と源氏を失脚させようとします。
 源氏との付き合いを避ける人も多い中、花散里は今までと変わらず源氏を迎え支えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 12. とりあえず謹慎します。
 episode 1.都を離れる決心

第十二帖【須磨】
 源氏 26~27歳 紫の上 18~19歳
 女院(藤壺の宮) 31~32歳 明石の君 17歳~18歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

桐壺院が亡くなり朱雀帝の現在、政局は右大臣派が握っており、源氏への風当たりが厳しいの。そんな中で(右大臣の娘の)朧月夜との件もバレてしまい、源氏は自分から都を離れて須磨で謹慎しようと決心するの。

帝の寵姫ちょうきと付き合っていたことで右大臣も弘徽殿大后こきでんのおおきさき(右大臣の娘で帝のお母さん、朧月夜のお姉さん)の怒りを買っていて、朝廷から島流しとかの罰が下るかもしれないから、そうなるくらいなら自分から潔く政治の中枢から離れようと思ったのね。

 そうなるといつ都に戻れるかわからないから、いろいろな人に事情を話したり、お別れをするのね。

当然なんだけど紫の上がものすごく悲しんでいるの。小さい頃に二条院に連れられてきてからずっと源氏と一緒だったからお別れなんてできないと泣いてしまうの。私も一緒に行くと言って泣くんだけれど、京とはかけ離れた生活環境になるし、謹慎だから連れていくことはできないの。

花散里もとても悲しんだし、源氏のことを心配したわ。他にも源氏が都からいなくなるので、ひとりでこっそり嘆いていた女の人もたくさんいたでしょうね。

旅立つ
旅立つ決意

藤壺の宮さまからも源氏を心配するお見舞いがあったみたい。もちろん人目にたたないようにこっそりとね。

いよいよ出発する日が近づいてきたので、源氏は左大臣家に挨拶に行ったの。
ここには息子の夕霧がいるけれど、まだお父さんの源氏が遠くに行ってしまうことがわからない年齢なのね。亡くなった正室の葵の上のお父さんの左大臣やお兄さんで源氏の親友でもある頭中将たちと昔話をしながらお別れをしたみたいね。

 帝の妃である朧月夜との恋の代償は「官位を返還して都を去る」というものでした。12歳で元服して宰相大将まで位を上げてきた官位を返上することになります。今でいえば「仕事を辞めて地方で謹慎する」といったカンジかしら? 
 バレたら大変なことになる朧月夜との恋。そもそもどうして朧月夜が帝の妃になったあとも付き合い続けていたの? と思ったりもしますよね。
 紫の上を始め多くの大切な人たちと別れて都を離れることになりました。

To be continued ✈✈✈

大切な人が多いとお別れのあいさつもタイヘン?!
カノジョとかカノジョとかカノジョとか……。

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 8 お別れ会だってタイヘンだわよ
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。