//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. お姉ちゃん違い?!

2022-07-20chapter43紅梅,紅梅大納言,第四十三帖,匂宮,,真木柱,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 43.匂宮は梅がお好き

    源氏物語 第四十三帖 紅梅こうばい

episode 2. お姉ちゃん違い?! 

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十二帖 匂兵部卿におうひょうぶきょう(Chapter 42)まで
  源氏が亡くなって8年の月日が流れました。夕霧など源氏の周りの人びとの近況が語られます。今上帝きんじょうていと明石中宮の皇子である匂宮(匂兵部卿)と源氏と女三宮の子である薫のふたりが宮中の憧れの的であり話題を独占しているようです。

 薫は幼いころに「父親は源氏ではないのでは?」という噂話を聞いたことがあり、自分の父親が誰なのか、自身の出生には秘密があるのではないかと不安になっています。
 匂宮もまだ結婚はしておらず、夕霧をはじめ有力な貴族たちは娘を匂宮か薫と結婚させたいと考えているようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

本章です🎵

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 43 紅梅 匂宮は梅がお好き 

第四十三帖 紅梅(Chapter 43)第一話(episode 1)まで
 柏木の弟の紅梅大納言(元弁少将べんのしょうしょう)と髭黒の娘の真木柱まきのはしらは再婚同士です。ふたりのあいだに産まれた若君を匂宮は可愛がっており、真木柱の連れ子の宮の御方(父は蛍兵部卿宮)と付き合いたいと思っているようです。

episode 2. お姉ちゃん違い?!

【超訳】紅梅こうばい 匂宮におうのみや三帖
薫 24歳 匂宮におうのみや 25歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

~ 心ありて 風の匂はす 園の梅に まづうぐいすの はずやあるべき ~

(ウチに来てほしいと願って梅が香っているのに、鶯(匂宮)が来てくれないなんてことはありませんよね?)

若君は御所で匂宮に梅の枝を届けるの。色も香りも素晴らしい梅のようね。匂宮は小さい頃に祖母の紫の上と約束したからか(「おばあちゃまの代わりに梅の花を眺めてやってね」Chapter 40. episode 2. 最後の夏 そして最後の秋)、梅の花が特に好きなんですって。匂宮は気になっていた紅梅の長女が兄の東宮妃になってしまって残念だったんだけど、今度は同じ紅梅の娘の宮の御方(真木柱と蛍兵部卿宮の子)が気になっているの。

紅梅
紅梅

匂宮への手紙で紅梅は二女(自分と前妻との子)との結婚を匂わせるようなことを書くの。匂宮も少し気持ちは揺らぐけれど、気になっているのは宮の御方なのよね。でも宮の御方は結婚なんて考えられませんってカンジなのよね。

~ 花の香に 誘はれぬべき 身なりせば 花のたよりを 過ぐさましやは ~

(身分が軽かったなら花の香りに誘われてみるんだけれどね)

 そんな返歌で二女とのことはやんわりと断るのね。匂宮自身は宮の御方と付き合いたいってお使いの若君経由で伝えてくるの。

紅梅と真木柱は夫婦で匂宮と薫の話をするの。
匂宮がオシャレな香りを焚き染めているから息子にも香りが移るね、
 それにしても匂宮には梅の香りがよく似合うね、
 薫はそういう人工的な香りじゃなくて彼自身からいい香りがするんだよね、
 一体どんなすぐれた前世の因縁で生まれた人なんだろうね、
 そんな風にふたりのことをウワサしているみたい。

宮の御方自身は匂宮の気持ちを知らなくはないんだけれど、結婚は考えられないみたい。
 世間的には宮の御方はお父さんの蛍兵部卿宮が亡くなっているから、紅梅の実の娘の二女に求婚してくる男子の方が圧倒的に多いみたい。でもみんなからは関心を寄せられない宮の御方に匂宮はますます盛り上がっちゃうんですって。

お母さんの真木柱は夫の紅梅は二女と匂宮を結婚させたがっているし、匂宮は他のコにも気があるらしいってウワサが聞こえてくるので、娘(宮の御方)の結婚相手として匂宮はよくないんじゃないかしらって悩んでいるみたいね。

第四十三帖 紅梅こうばい

Chapter 43 匂宮は梅がお好き
 episode 1. 紅梅ファミリーと匂宮
 episode 2. お姉ちゃん違い?!

To be continued ✈✈✈

 亡くなった柏木の弟の紅梅一家のお話ですね。夕霧もそうでしたが、年頃の娘を持つ親は皆薫か匂宮と結婚させたいようですね。
 若君にとってはお姉ちゃんが3人いることになります。一番上のお姉ちゃんは結婚していますけれど。お父さんの紅梅は匂宮と二女を結婚させたくて、匂宮が気になるのは宮の御方だけれど、宮の御方には結婚する気がないようです。みんなの想いが一方通行? のようですね。
 ただこのあと紅梅ファミリーは登場しないのです。紅梅や真木柱、二女や宮の御方がどうなったかはわからないのです。
 次巻は玉鬘ファミリーの近況です。

🖌Genji Waka Collection

~ 心ありて 風の匂はす 園の梅に まづうぐいすの はずやあるべき ~

娘と結婚させたい紅梅大納言が匂兵部卿に贈った歌

~ 花の香に 誘はれぬべき 身なりせば 花のたよりを 過ぐさましやは ~

結婚話をうまくかわそうとする匂兵部卿の歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。