//CSS rules to specify families //CSS //JS

源氏の世界⑦ 好きな男子の探し方

2022-04-30GENJI HEIANトリビア好きな男子,HEIAN,平安トリビア,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【別冊】

HEIAN トリビア

源氏の世界

好きな男子の探し方

Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

GENJI 【別冊】HEIAN トリビア

 千年語り継がれる不朽の名作『源氏物語』も実はツッコミどころ満載!?
 源氏物語をはじめ、平安時代の古典をより楽しむためのエッセイです。現代とは全く異なる家族の形態、暮らしの様式、恋愛模様など平安トリビアと源氏物語についてつぶやくトピックスなどです。


 古典を専門には学んでいないイチ源氏物語ファンの書く軽いタッチのハンドブックです。よかったらご覧になってください。トーク集などは妄想を含みますので、見解の相違もあるかもしれませんが、大目に見てやってください。史実、原作と異なる等、明らかな間違いはご指摘いただきたいのですが、基本的にはゆるく、広いお心でお読みいただければと思います。
 お歴々の源氏物語を研究されている方々、現代語訳をなさっている皆様、源氏物語ファンの皆様方、それから紫式部サマ、どうか怒らないでください。お願いします。

 本章はGENJI HEIAN トリビア です。
 源氏物語の舞台となった平安時代トリビアをご紹介します。

 源氏物語が書かれたのが約千年前(1008年頃)で、物語は当時より50~100年前あたりの醍醐・村上両朝(897年~967年)前後を想定しているらしいです。(参考文献:源氏物語の謎 増淵勝一著)
 そんな平安時代の衣食住にまつわる暮らし方や今とかけ離れた家族制度や恋愛観などをご案内します。

主な参考文献はこちら

 現代の暮らし方や考え方と比べながら楽しんでいただけたなら嬉しいです。

GENJI World⑦ 好きな男子の探し方

✈✈✈ Let’ go to GENJI world ✈✈✈

平安トリビアをご紹介している「源氏の世界」。②では男子がどうやって女子のことを好きになるかを書いたけれど、今回は女子バージョン。お出かけもできない箱入り娘(イマドキこんな表現通じる?)がお気に入りの男子をどうやって探すかのお話。

学校にも行っていない、友達もいない女の子(お姫さま)はどんな男子がいるのかも知らないの。ここで一番頼りになるのが、身近にいる女房(お付きの女中)かな? 女房には女房のネットワークがあるからそこのウワサ話を姫さまにも流すのね。友達がお仕えしている若君はとっても素敵だとか、カッコいいらしいとか。

それから自分のお父さんはある程度の官位の役人だから、家へもお客として多くの貴族がやってくるの。彼らの姿を女子達は部屋の中から見ることができたのね。御簾みす越しにね。それにだれそれは蹴鞠けまり(当時の貴族のたしなみ。今でいう数人でするサッカーのリフティング?)がとても上手だ、とか、だれそれは和歌の名手だ、琴や琵琶がうまいのはだれそれだの噂が飛び交うの。
「あの人、かっこいいわ」
「あら、こっちもイケメン」
「あの方の琴が聞いてみたいわ」

なんて思うこともあったでしょう。けれども女性の側からアクションをおこすことはできないのよね。お父さんに「あの人のことが気になるんだけど」とうっすら伝えるのがやっとだったかもしれないわね。それも人づてに。あくまでもうっすらと。お父さんが娘につりあうふさわしい相手だと認めれば、お父さん経由で男子に話を持ち込むことはあったかもしれないわよね。
「いや、うちの娘がね、これが結構キレ―でね、年頃なんだよねぇ」
 なぁんてつぶやいてみるのです。カレの前で。

和柄 circle

  そしてそれとなく宴会などを開いて若い男子を家に呼ぶのです。

やれ花が咲いただの、やれからの珍しいものを取り寄せただの、特に何もないなら月でも見るべ? だとか、もうなんでもいいからとにかく飲もうぜ、だとかで宴会が行われるのです。

そこで行われる舞や歌などを見て(また御簾ごしね)、素敵な人だわとうっとりする。
 もしくは、お昼間に行われる蹴鞠けまり(今でいう大人数でするリフティング大会)でカッコいいわぁとときめいてみたり。

今だって歌って踊れるあの大人数のダンスグループやリフティングが得意で運動神経のいいサッカー選手はモテるでしょ? 1000年前も同じこと。

お父さんもこの男だったらいいかな、と認めたのなら
「娘にラブレターでも書いてみる?」
 とけしかけてみる。もしくは
「年寄りは夜が早くてね」
 なぁんて言いながら自分は寝殿(主の寝室)に引き上げて、暗に娘の部屋に行ってもいいよと促してみる。

男子の方もまぁつきあってみてもいいのかな、と思えばラブレターや和歌を贈る。こうして彼女との文通のお付き合いが始まるのかな。

まぁ、想像もつかないくらいに回りくどい。見知らぬ人とでも簡単にチャットができるようになった現代とはあたりまえだけれど、比べようにならない世界よね。でも、そうした回りくどい行程を経ながら恋しい気持ちが増幅していくのかもしれないわよね。
「そこまで焦らされるなら絶対会ってやる。彼女を落として見せる!」とか
「そんなにいいコなの? くれるラブレターも可愛いしな」ってね。そしてそんな情熱的な歌がいくつも届けば
「あら、そんなにまで私のことを……」
 とこちらも盛り上がるのかもしれません。あくまでも推測だけどね。

和柄circle

今の子達には信じられないほどに女子からの好き好きアプローチはできない時代だったのよね。それでも百人一首などを見ていると、恋多き女性はやっぱりいたみたい。どうやってアプローチしたのかしらね? それともいいオンナだから次々男子が言い寄ってきたのかしら?
 源氏物語にもいるのよね、女子から源氏にアプローチした人。夕顔さんがその方です。身分も不釣合いで、まさに眩しく光るような源氏の君に自分から和歌を贈ったの。自分からの押せ押せの恋愛しかしたことのない源氏くんはそりゃあ……、ときめいたでしょうね。

To be continued ✈✈✈

Chapter4. 年上の彼女と癒しの彼女   (夕顔)
女子から声をかけた夕顔のepisodeです。

関連する【超訳】部分はこちら

  • GENJI 【超訳】
    Chapter4.年上の彼女と癒しの彼女夕顔 (夕顔)
    episode1. 夕顔との出逢い
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。