//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 源氏の元服&最初の結婚

2022-07-22chapter1二条院,元服,光源氏,最初の結婚,桐壺,源氏物語,紫式部,葵の上,超訳,通い婚

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 1.壮大なるSTORY

    源氏物語 第一帖 桐壺

episode 4. 源氏の元服&最初の結婚

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 1 桐壺 壮大なるSTORY

第一帖 桐壺(Chapter 1)第三話(episode 3)まで
 桐壺の更衣の産んだ若君はとても美しく賢く成長します。次に帝となる東宮(皇太子)を決めなければならない桐壺帝は後ろ盾となる母のいない若君が政争に巻き込まれないようにと皇族から臣籍(貴族)にして、源氏の姓を与えます。東宮は弘徽殿女御の皇子にしました。
 また桐壺の更衣をいまだ忘れられない桐壺帝は容姿が似ていると噂の女性を女御に迎えます。藤壺女御と呼ばれ、桐壺帝の寵愛を受けるようになります。

episode4. 源氏の元服&最初の結婚 

第一帖【桐壺】
 源氏 誕生~12歳
 藤壺の女御 14歳~17歳
 葵の上 16歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏の君はたいへんな美貌のお顔立ちで「光る君」、そして美しい藤壺の宮さまは「輝く日の宮」と呼ばれるようになったの。
「不思議なほどあなたたちは似ているね」
 桐壺帝はふたりのことをそう言うの。最愛の王妃と最愛の皇子のようね。
 源氏の君も花や紅葉など美しいものは藤壺の宮にプレゼントしたい、自分のことを気に入って欲しいって思うようになるの。

源氏の若君は12歳になったの。この時代ではそろそろ今でいう成人式にあたる元服げんぷくの儀を行って、就職もして、結婚もする年齢だったのよ。親同士の決めた縁談が進み、源氏は左大臣の娘の葵の上と結婚することになったの。政略結婚ね。この時代では珍しくないと思うんだけれどね。それに彼女の方が4歳年上ということもあり、特に葵の上のほうが源氏と打ち解けようとはしなかったの。

 源氏が成人式をして結婚したのが12歳のときでした。単純に今と比べるのがいいのかどうかわかりませんが、今でいうと小学6年生の男子ってことになりますね。そして結婚相手は高1女子。親同士が決めて、会ったこともないふたりがいきなり夫婦になります。

 源氏物語はフィクションだけれど、この頃の皇族・貴族の結婚は政治の意味合いもあったのでこうした結婚が多かったのかなと思われます。

元服を迎えるということは大人の扱いを受けることになり、今までみたいに藤壺の宮さまとも顔を合わすことはできなくなったの。会いに行っても御簾みす(今でいうすだれみたいなもの)や几帳きちょう(移動式カーテンのようなもの)で隔たれていて姿も見えないの。

当時は通い婚といって男性が女性の家に訪ねていく結婚の形式だったのだけれど、源氏はツレない葵の上のいる左大臣家より藤壺の宮のいらっしゃる宮中で過ごしていたの。元々自分のお住いも宮中だったしね。帝は源氏を亡くなったお母さんが住んでいた桐壺に住まわせていたの。

葵の花
葵の花

でもその頃、源氏のお母さんの実家が荒れていたので、源氏はそこを改修して自分のお屋敷にして宮中から引っ越したの。そこは地名から「二条院」と呼ばれるようになるのよ。

第一帖 桐壺

Chapter1 壮大なるSTORY
 episode1. 源氏パパと源氏ママの恋
 episode2. 源氏誕生&源氏ママお別れ
 episode3. 憧れの人との出逢い
 episode4. 源氏の元服と最初の結婚

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。