//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 出生の真実

2022-07-20chapter45宇治,宇治十帖,第四十五帖,橋姫,,柏木,女三宮,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 45.若きエリートの悩み

    源氏物語 第四十五帖 橋姫

episode 4. 出生の真実

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十四帖 竹河(Chapter 44)まで Part3-1 完結
  源氏が亡くなったあとの物語です。源氏の孫で今上帝と明石中宮の皇子の匂宮と源氏と女三宮の子の薫は成長し、宮中でも「匂う兵部卿 薫る中将」ともてはやされています。薫は自身の出生について悩んでいます。

 夕霧や柏木の弟の紅梅、玉鬘は子供たちの婚活の時期で、娘には匂宮や薫と結婚させたいと考えているようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 45 橋姫 若きエリートの悩み 

第四十五帖 橋姫(Chapter 45)第三話(episode 3)まで
 世の中に興味がなく、けれども出家に踏み切れない薫は源氏の弟で俗聖として宇治で暮らしている八の宮に興味を抱きます。何度も宇治に通ううちに八の宮のふたりの姫のことも気になり始めます。
 あるとき宇治を訪ねると八の宮は不在でふたりの姫君が楽器を演奏しているところを薫は垣間見ます。美しいふたりに心惹かれた薫はもっと近づきたいと思い、和歌を贈ります。大君が返歌をしました。

episode 4. 出生の真実

【超訳】橋姫 宇治十帖
 薫 20~22歳 匂宮におうのみや 21~23歳
 大君おおいぎみ 22~24歳 中の君 20~22歳
 冷泉院 49~51歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

薫は都に戻ったんだけど、弁の君の話が気になって仕方ないの。それに素敵な姫君のことも気にかかっていたの。
 そういえば匂宮は運命の出逢いに憧れていたっけなぁなんて思いながら宇治の姫君たちのことを少し大げさに盛って話をするの。案の定匂宮は飛びついてきたの。
「月明かりがほのかだったけれど、見間違いじゃなかったらとてもキレイだったよ。理想の女性だと思う」

 匂宮はもう少し詳しく調べるようにな、って薫に言ったの。

薫は10月に宇治に行き、八の宮が迎えたの。夜通し経典の話をしたあとで、この前姫君たちの演奏を聴いたことを話してもう一度聴かせて欲しいとお願いするの。けれども姫君たちは恥ずかしがって演奏してくれないので薫は残念がるの。
 人付き合いに慣れていない姫君たちのことを八の宮も心配しているんだけど、薫も結婚というカタチではなくても身内だと思ってお世話しますと話して八の宮を安心させてあげたの。

明け方になってから薫は弁の君と会って柏木の話を聞くの。このことを知っているのは弁の君と小侍従だけだったんだけど、小侍従はもう亡くなっているの。
 他人事としても将来有望な若者が亡くなったことを気の毒だと思っていたのに、その柏木のことがまさか自分に関わっているなんて、しかもこの真実を知ったのが宇治だなんて運命のめぐりあわせに薫は涙を流すの。

松の生い末

弁の君は薫に布袋に入った手紙を渡すの。それは余命いくばくもない柏木が女三宮に書いた手紙だったのね。

~ 目の前に この世をそむく 君よりも よそに別るる たまぞ悲しき ~

(世を捨てて尼になってしまったあなたのことよりも、あなたに逢えないで死んでいく僕の魂のほうが悲しいんだ)

~ 命あらば それとも見まし 人知れず 岩根にとめし 松の生ひすえ ~

(命さえあれば陰ながらにも我が子の成長を誰にも知られずに見守ることができたのに)

動かぬ証拠に薫は落ち込んで出仕する気にもなれないの。でもお母さんの女三宮に話すわけにもいかなくてひとりで悩むしかなかったみたいね。

第四十五帖 橋姫

Chapter 45 若きエリートの悩み
 episode 1. 八の宮というひと
 episode 2. 宇治の姉妹
 episode 3. 薫と大君
 episode 4. 出生の真実

To be continued ✈✈✈

 薫が出生の真実を知りました。と同時に出家を求めて宇治の八の宮のもとに通っていましたが、ふたりの姫君との「運命的な」出逢いも果たしたみたいですね。
 冷泉院もそうでしたが、薫も真実を知ったことを誰にも打ち明けません。
 冷泉院は源氏に、薫は女三宮に真実を知ってしまったことを伝えられません。
 もちろん、冷泉院と薫はお互いが同じ境遇だということなど知る由もありません。
 自分以外に過ちの恋の子がいるなんて知りようがありませんものね。
 次巻からいよいよ薫と匂宮の恋が動き始めます。

愁いの貴公子 孤高のイケメン
救いを求めて宇治へ

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 40 ウジウジ薫宇治へゆく
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 目の前に この世をそむく 君よりも よそに別るる たまぞ悲しき ~

    ~ 命あらば それとも見まし 人知れず 岩根にとめし 松の生ひすえ ~

    柏木が死の直前に女三宮に贈った歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。