//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 6. まさかの元カノ復活?!

2022-07-20chapter34-2第三十四帖,若菜上,朱雀院,朧月夜,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 34-2.さざ波が揺らす心

    源氏物語 第三十四帖 若菜上(二)

episode 6. まさかの元カノ復活?!

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十四帖 若菜上(一)(Chapter 34-1)まで
  源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めますが、内親王(娘)の女三宮は母親を亡くしており後ろ盾がないので将来を心配しています。

 朱雀院は誰かに嫁がせようと考え、源氏に結婚を打診します。源氏は最初は固辞しますが、女三宮が藤壺の宮と血のつながりがあることに気づき結婚を了承してしまいます。この結婚によって紫の上は絶望を味わいます。降嫁してきた女三宮は幼いばかりの姫宮で源氏は早くも結婚を後悔します。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 34-2. さざ波が揺らす心
 episode 6. まさかの元カノ復活?!

【超訳】若菜上(二)
源氏 40歳 紫の上 32歳
女三宮おんなさんのみや 14歳 
明石の御方 31歳 明石女御あかしのにょうご 12歳
夕霧 19歳 柏木 24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

朱雀院の寵妃だった朧月夜も出家を考えていたんだけど、朱雀院のすぐあとに出家するのも世間体がよくないので今は実家に戻っているの。
 源氏は過去のことを思い出すの。別れたくて別れたふたりではなかったから今もカノジョに恋してるのね。でも源氏が明石から戻ってきてからはお互い身分も重くなり、カノジョにまたツライ想いをさせられないと気遣って逢ったりはしていなかったの。けれども今は朱雀院が出家して朧月夜は一人暮らしになったから、源氏は逢いたくなっちゃうのよ。そこでツテをたどって手紙を出すの。

「懐かしいから少し話でもしない? もちろん直接会ったりはしないから」

そんな手紙を受け取った朧月夜は従者にこう返事するの。
「何言ってんのよ。そんな必要ないわよ。しょせんワタシとは遊びだったでしょ? 出家されたけど院さまがいらっしゃるのにアナタとするお話なんてないのよ」

「んなこといっても昔はさ、全部無視して愛し合ったんじゃん? ちょっと(朱雀)院には気は引けるけど、まあないこともないんじゃない?」
 結局源氏は朧月夜のところに出かけることにするの。紫の上には末摘花のところに行ってくるなんてウソまでついて。

 とびっきりのオシャレな支度をしているし、源氏と朧月夜が文をやりとりしているのを紫の上は知っていたから、きっと源氏は朧月夜に逢いに行くんだわって推測するの。けれども紫の上は女三宮の降嫁以来オットの恋愛について口出しすることをやめたので素知らぬフリをしていたの。

朧月夜は断ったハズの源氏がやってきたから動揺するの。
「もう昔みたいなことはしないからさ。話だけしようよ」
 源氏の言葉に朧月夜はため息をつきながら近づくの。源氏のいる座敷の隣の部屋に朧月夜はいるのね。ふたりの間の襖子からかみには鍵をかけているんだけどね。

薔薇

(軽いカンジはやっぱ変わってないじゃん)
 源氏はそう思うの。
 夜も更けてきて鴛鴦おしどりの鳴き声なんかも聞こえてきてしっとりとした風情なの。
「ね、いつまでこの鍵かけたまんまなの?」

~ 年月を 中に隔てて 逢坂あふさかの さもせきがたく 落つる涙か ~

(せっかく久しぶりに逢えたのに、こんな障害があったら泣けてくるじゃんか)

源氏は必死よね。

To be continued ✈✈✈

 源氏の恋の代名詞「禁断の恋」のお相手の朧月夜の再登場です。朱雀院のお妃でしたが、朱雀院が出家したので実家に戻っているようです。ですから現在は「禁断の関係」ではないことになります。

 若いころ一緒に盛り上がった「火遊びみたいな恋」の相手。
 朧月夜は襖の鍵を外すのでしょうか?

親子ほど年の離れた年の差婚の次は
若いころ盛り上がった元カノとの再会?!

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 27 元カノ復活の件
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 年月を 中に隔てて 逢坂あふさかの さもせきがたく 落つる涙か ~

    朧月夜に逢いたくて六条院(源氏)が詠んだ歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。