//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 豪華なホームパーティー

2022-07-20chapter35-2女楽,第三十五帖,若菜下,女三宮,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 35-2.春の演奏会とある願い

    源氏物語 第三十五帖 若菜下(二)

episode 4. 豪華なホームパーティー

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十五帖 若菜下(一)(Chapter 35-1)まで
  源氏が朱雀院の内親王である女三宮と結婚し、朧月夜と復縁したので、紫の上は深く傷つき絶望を覚えます。
 冷泉帝は譲位して明石女御の夫が帝位に就き、若宮が東宮となり明石一族の願は果たされます。
 また女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っているのですが、偶然彼女のすがたを見てしまい、恋心を抑えられなくなっています。ただこんな気持ちではいけないとも考えもし、心の葛藤が続いているようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 35-2. 春の演奏会とある願い
 episode 4. 豪華なホームパーティー

【超訳】若菜下(二)
源氏 47歳 紫の上 39歳
女三宮おんなさんのみや 21歳
明石御方あかしのおんかた 38歳 明石女御あかしのにょうご 19歳
夕霧 26歳 柏木 30歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

朱雀院は死ぬ前にもう一度女三宮に会いたいって思っているの。それを聞いた源氏は朱雀院が50歳になるので、お祝いパーティー(御賀)をしてあげようと思いつくの。
「琴の名手の源氏に嫁いだんだから、女三宮の琴もずいぶんうまくなったんだろうなぁ。聞いてみたいなぁ」

朱雀院がそんなことを話してパーティーを楽しみにしているって聞いて源氏は焦って女三宮に琴の特訓をすることになるの。それで女三宮に付きっきりになってしまい、紫の上と過ごす時間はますます減っていっちゃうの。

琴
琴の調べ

そんなお琴のレッスンの演奏が聴きたくて明石女御が六条院に帰省してくるの。ちょうど妊娠もしていたの。紫の上や明石女御が幼いころ源氏は仕事が忙しくて琴は教えなかったから、今回のお琴は貴重なレッスンだったみたいね。

朱雀院の前での本番の前に1月に六条院でリハーサル(女楽おんながく)をしてみようということになるの。せっかくだから六条院の女性達で演奏会をしようと源氏が考えるのね。女三宮の琴もずいぶん上達したの。21歳になっても性格は幼稚なんだけれども見た目は美しく成長しているのよね。

女楽当日。紫の上が和琴、明石女御がそうの琴、明石の御方は琵琶で女三宮がきんの琴を担当するの。
 梅の花が満開で女房、童女たちの衣装も華やかで会場は素晴らしい様子なの。女房や童女達はお仕えする女君ごとにお揃いの色目の衣装なのよ。

玉鬘の子どもが笙、夕霧の長男が横笛で参加するみたい。源氏は楽器の調弦チューニングを夕霧にさせてそのあとに琴の演奏をリクエストするの。最初、夕霧は遠慮するんだけれど、子供達と合奏を披露したの。

いよいよ女楽本番ね。特に明石の御方の琵琶は名人級なのね。夕霧は紫の上の和琴の音色に聴きいるの。懐かしく、柔らかく魅力的な演奏なんだけれど、ときどきハッとするようなアレンジもあって素晴らしいってもう大絶賛なの。源氏も紫の上の演奏には感心して、やっぱりこの人以上の女性ひとなんてどこにもいないよなって改めて思うのよね。

明石女御の筝の琴も可憐で優美な音を奏でているの。
 女三宮の琴は他の人よりはまだ未熟だけれど、あぶなげなく弾いていて「ずいぶん特訓したんだな」って夕霧も感じているみたい。
 途中からは夕霧や源氏も唄で参加して優雅な音楽三昧の夜ね。

To be continued ✈✈✈

 台風のときに偶然見ることができた絶世の美女紫の上。少年だった夕霧の強烈な想い出です。その後初恋の君の雲居の雁と結婚しましたが今でも憧れの存在のようですね。その憧れの人の琴の演奏に大絶賛ですね。

大豪邸の住人大集合?!
音楽、ファッションの競演?!

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 28 艶やか女子会
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。