//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2.ある女性との一夜

2022-07-22chapter2光源氏,受領の妻,帚木,方違え,源氏物語,第二帖,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 2.男子会の恋バナ

    源氏物語 第二帖 帚木ははきぎ

episode 2. ある女性との一夜

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第一帖 桐壺(Chapter 1)まで
 桐壺更衣は桐壺帝の寵愛を受け皇子を出産します。けれども他の妃たちの嫌がらせなどで体調を崩し、若君が3歳のときに亡くなってしまいます。
 桐壺更衣を忘れられない桐壺帝は彼女によく似ているという女性を入内(妃に)させます。この女性が藤壺女御です。

 若君は父親である桐壺帝の判断で「源氏」の姓をいただき臣下に下ります。(皇族を離れて貴族になる)輝くように美しい若君は「光る源氏の君」と呼ばれるようになります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 2 帚木ははきぎ 男子会の恋バナ

第二帖 帚木(Chapter2)第一話(episode1)まで
 源氏は17歳に成長しました。宮中での宿直(夜勤)のときに同僚の頭中将たちとどんな女性がいいのか、また頭中将の恋バナなどを聞きました。

episode2. ある女性との一夜 

第二帖【帚木ははきぎ
 源氏 17歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

この時代は占いや陰陽道なども信じられていて、その日は源氏の君は方角的に葵の上の家には行ってはいけない日だったのね。方違えかたたがえというの。今日行ってもいい方角を調べてそちらで泊まれそうな家を探すのね。

そこである貴族のお屋敷に泊めてもらうことになった源氏は他にも今日そこに泊まっている人達がいることを知るの。
 女性達の話し声が近くの部屋からしてくるから、こういう人たちが昨日頭中将たちが話していた中流階級の人たちなのかと思ったらしいの。
 お屋敷の主の紀伊の守きいのかみ(今で言う県知事、源氏より格下の中流階級)に他に誰が泊まっているのか聞いてみると、自分の父親の伊予の介いよのすけ(こちらも県知事)の後妻や彼女の弟だっていうことがわかったの。彼女の弟というのがまだ子どもなの。源氏は伊予の介の後妻はずいぶん若い女性だって気づくの。

「そんな若い女性がキミの継母なの? ちょっと可哀想だね」
 そんな風に源氏は紀伊の守をからかうの。
 寝付けなかった源氏は話し声が聞こえていたあたりの部屋へ行ってみるの。

「お客様はお寝みになられたの?」
「お寝みになられたよ。評判の方を見たんだ。ほんとうに美しい方だったよ」
 姉弟で話をしているみたいで、さっき話に出た伊予の介の後妻とその弟だってわかるの。少しのあいだ話をして弟は別の所に寝に行ったの。

「中将はどこかしら?」
 ひとりになった女性が女房(女性の召使のこと)を探しているみたい。
「中将を呼んだのは俺の気持ちが通じたからなんだね」
 源氏中将がそう言って寝室に忍び込むの。

「俺はね、ずっと前からキミのことが好きだったんだ。やっと逢えた」
 そんな風に源氏は彼女を口説くけれど、彼女は驚いて抵抗しようとするの。
「出来心じゃないんだよ。俺の気持ちを聞いてほしいだけなんだ」

源氏は彼女を抱き上げて連れていこうとすると、さっき彼女が探していた女房の中将が戻ってくるの。彼女を抱き上げている男性が源氏だってすぐにわかるんだけれど、大騒ぎしては彼女の不名誉になるし、女房ひとりでは源氏の行動を止められないの。
「夜明けにお迎えに来て」
 源氏は女房にそう言って襖をしめてしまったの。

ふたりきりになると源氏は女子なら誰でもトキメクような胸きゅんフレーズで彼女を口説くんだけれど、彼女の態度は頑ななの。
「私のような低い身分の女は何をしてもいいと思っていらっしゃるのね」
 でも結局、ふたりは一夜を一緒に過ごしたの。

To be continued ✈✈✈

GENJI トリビア
源氏の世界➃ 物忌みと方違え

このエピソードで出てきた方違えについて書いています。

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    GENJI world➃ 物忌みと方違え
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。