//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 忘れられない彼女

2022-07-20chapter51第五十一帖,宇治,宇治十帖,大君,中の君,匂宮,,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 51.狂い始める恋情

    源氏物語 第五十一帖 浮舟

episode 1. 忘れられない彼女

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十帖 東屋(Chapter 50)まで
  大君や中の君の異母妹(浮舟)を見初めた薫は「世話をしたい」と申し出ますが、姫サイドからは身分差もあり本気にしてもらえません。浮舟を二条院に滞在させている中の君は薫と浮舟の仲をとりもとうと考えています。
 匂宮は中の君の異母妹とは知らず自宅で浮舟と出逢い興味を持ちます。

 匂宮と浮舟とのあいだに間違いが起きるのを恐れた浮舟の母は浮舟を二条院から退去させます。薫は仮住まいの家で浮舟と対面し、彼女を宇治に匿うことにします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 51. 狂い始める恋情
 episode 1. 忘れられない彼女

【超訳】浮舟 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

匂宮は浮舟のことが忘れられなくて、中の君が彼女を隠しているんじゃないかって疑うの。中の君は薫が正式に結婚というカタチはとっていないけれど恋人として宇治に彼女を隠していることを話せないし、仮に話したとしたら女好きの匂宮が絶対に放っておかないだろうし、異母妹浮舟とダンナを争うようなこともしたくないので黙っているしかなかったのね。

薫の方は浮舟を宇治に無事に匿ったみたい。とはいっても薫も昇進して行動が人目に付きやすいからそんなに宇治には通えないのね。それに世間に急に妻として浮舟を公表するんじゃなくて、最初は恋人としてこっそり宇治に隠しておいて、そのうちに都に呼んであげようと考えて新居の建設を始めたの。恋愛に関してはのんびり構えている薫だったのよね。

中の君に対しても相変わらず好意を寄せている薫なんだけど、中の君はやましくないのに匂宮ダンナから薫との仲を疑われるから薫のことを警戒しているみたい。
 匂宮は浮気っぽい性格は治っていないけれど、中の君が産んだ若君が可愛らしく成長しているし、他の女性からは子供が産まれないので、中の君のことをとても大切にして匂宮なりに愛しているみたい。だから中の君も前(匂宮が六の君夕霧の娘と結婚した頃)よりは落ち込むこともなく過ごしているようね。

年が明けて匂宮邸(二条院)で小さな女の子が中の君のところに文を届けるの。匂宮が誰からの文か聞くと、女房宛てで宇治からの手紙だって言うのね。
 ピンと来た匂宮がその文を読むと、直接的ではないんだけどどうやら浮舟のことが書いてあるみたいなの。

すぐに匂宮は薫に繋がりがある部下を呼び出して、薫は宇治に女性を住まわせているっていう情報を聞き出すの。
 その女性が自分がここで見かけたあの姫なのか、どうして中の君がその姫と親しいのか、自分が知らないところで薫と中の君がその姫のことを隠しているのか、何かあるんじゃないのかって匂宮はいろいろと疑っていくうちに薫への嫉妬に変わっていったみたいなのよね。

後ろ姿

To be continued ✈✈✈

 女の子が持っていた文は中の君の女房宛てでした。浮舟の乳母の手紙に「そちら二条院で困った思いをした」と書いてあったのを自分と一緒にいたときのことだと気づきました。女房どうしの手紙のやりとりのはずなのに、本人(浮舟)とその従者(乳母)のふたりの手紙というのも不自然に感じたようです。
『あのときの彼女は(女房じゃなくて)どこかの姫だ!』と感づいたようですね。
 こうなると自分だけ仲間外れにされている匂宮は面白くありません。今も薫と中の君の仲を疑っていますし、その上そのふたりが自分に秘密にしていること(浮舟のこと)があるようです。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。