//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 禁断の恋

2022-07-22chapter5和歌,妊娠,夢占い,禁断の恋,第五帖,若紫,光源氏,源氏物語,紫式部,藤壺女御,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 5.過ちと略奪

    源氏物語 第五帖 若紫

episode 2. 禁断の恋

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四帖 夕顔(Chapter 4)まで
 源氏宰相中将は12歳で元服(成人)し、葵の上と政略結婚しましたが心の中では父親である帝の妃の藤壺女御のことを想っています。(源氏の母ではない)

 藤壺女御への恋は禁断の関係で進めることができないので、理想の女性を求めて何人かの女性と付き合います。中流階級の身分の夕顔は源氏にとっては癒しの存在でしたが、隠れ家に連れ出したデート中に突然死してしまいました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 5 若紫 過ちと略奪

第五帖 若紫(Chapter 5)第一話(episode 1)まで
 静養に訪れた北山である女の子を見かけます。彼女は源氏の憧れである藤壺の女御の姪でした。

episode2. 禁断の恋

第五帖【若紫】
 源氏 18歳 藤壺の宮 23歳
 葵の上 22歳
 紫の君 10歳 明石の君 9歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

そんな頃、藤壺の宮さまが宮中からご実家にお宿下がりされたの。今で言う帰省みたいなものかしら。源氏は今がチャンスとばかりに藤壺の宮さまのお付きの女房の王命婦おうのみょうぶに協力してもらって、藤壺の宮さまのところに忍び込むの。父である帝を裏切って。命をかけて。

藤壺の宮さまも過去に一回だけ犯してしまったその罪をもう一度は重ねられませんと源氏を拒むのだけれど、ふたりは結ばれてしまうのよ。犯した罪の重さにおののく宮さまだけれど、柔らかな魅力があって最高の女性だ、欠点がひとつもないから死ぬほど惹かれるんだ、と源氏はひとり盛り上がっちゃってるのよね。永遠に夜が続いてほしいなんて源氏は願うけれど、残念ながら別れの朝はやってくるわね。

~ 見てもまた 逢ふ夜稀なる 夢の中に やがでまぎるる わが身ともがな ~

(やっとこうして想いを遂げられたけれど、また逢えるなんてきっと叶わない夢だからこの夢の中に埋もれてしまいたいよ)

~ 世語りに 人やつたへん 類ひなく 憂き身をさめぬ 夢になしても ~

(覚めることのない夢の中での出来事だとしても知られてしまうのが心配だわ=恐ろしい罪を犯してしまったのだわ)

一晩過ごしたあとで源氏は自宅の二条院に戻って2,3日引きこもってしまうの。宮さまに手紙を出しても、「ご覧になりませんでした」との王命婦からの返事しかないのね。源氏も想いは遂げられたけれど、これからのことを思うと辛い気持ちの方が強かったでしょうね。お互いに好きでいても、現帝の女御(きさき)と帝の息子。とんでもない罪の関係だものね。

藤壺の宮さまは思い悩む日々が続き、体調もよくないのでずっと実家に滞在していたんだけれど、妊娠がわかってしまうの。あれ? 時期的に今頃? なんて宮中で帝も思われたのだけれど、物の怪もののけ(人にとりつく霊)のせいでしょうなんて言ってごまかしたの。もちろん、源氏も協力した王命婦も生きた心地もしないで、恐ろしくなってしまうのね。そして藤壺の宮さまはいつまでも実家にいるわけにもいかず、恐ろしいほどの罪悪感の中、宮中に戻られたの。

源氏は以前変わった夢を見たときに、占者を呼んで夢解きをしてもらったことを思い出すの。その占いでは将来帝になる子が産まれるって言われたの。源氏は元皇子でも今は臣下なので、臣下の子どもが帝になるなんてことは有り得ないのに、占いにはそう出たのね。

でもこうして藤壺の宮さまが妊娠なさったことを知ると、それってあの夢占いがあたったんじゃないかって源氏は思うの。藤壺の宮さまが産む子どもなら帝になる可能性はあるものね。あくまでも桐壺帝の子どもとしてなんだけどね。
 源氏は自分の子を妊娠している藤壺の宮さまに逢いたいと王命婦に何度も頼むんだけれど、断固としてとりあってくれなかったの。

藤の花
藤の花

宮中に戻ると、最愛の藤壺の宮さまのご懐妊だから帝はますます宮さまを大事になさって、しょっちゅう藤壺にお通いになるの。そしてそろそろ体調もいいようならと、藤壺で音楽の遊びをしようと源氏達若い人たちを呼んで琴や笛を演奏させたの。もちろん源氏は何事もないように振舞ったけれど、時々見せる切ない様子に藤壺の宮さまは気づかれたみたいで、やっぱりお互いツライ想いをしたみたいね。決して誰にも言えないものね。

To be continued ✈✈✈

 とうとう源氏と藤壺の宮さまが一線を越えてしまいました。というか本文にも書かれていますが、どうやらこのときが2回目らしいのです。けれども最初に関係を持った記述は今までの巻にありません。
「最初の密会部分が抜け落ちたのか?」
「幻の巻があるんじゃないか」
 源氏物語の研究者たちの間でも議論がかわされているようです。現存する五十四帖には綴られていないエピソード。ミステリーですね。

🖌Genji Waka Collection

~ 見てもまた 逢ふ夜稀なる 夢の中に やがでまぎるる わが身ともがな ~

源氏宰相中将が藤壺の女御と一夜を過ごしたときに詠んだ歌

~ 世語りに 人やつたへん 類ひなく 憂き身をさめぬ 夢になしても ~

藤壺の女御が犯してしまった罪におののきながら詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。