//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. ずっと一緒に

2022-07-20chapter47第四十七帖,宇治,宇治十帖,総角,大君,中の君,八の宮,,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 47.恋の終わりと恋の始まり

    源氏物語 第四十七帖 総角あげまき

episode 1. ずっと一緒に

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十六帖 椎本しいがもと(Chapter 46)まで
  薫から宇治の姉妹の話を聞いた匂宮はふたりとコンタクトをとるために宇治に出かけます。薫も滞在先の夕霧の別荘で出迎えます。そこへ八の宮から和歌が届きますが身分柄匂宮は八の宮邸を訪問できません。自分をアピールしようと匂宮は桜の枝と和歌を姉妹に贈ります。返歌は中の君が詠みます。
 八の宮は薫に自分亡きあとの姫君たちを託します。娘たちには「簡単には結婚しないように」「宮家の品位を保つように」言い遺して亡くなります。

 悲しみにくれる姉妹を匂宮も薫も心配しています。薫は大君への恋ごころを自覚し、匂宮には中の君との仲をとりもとうと考えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 47. 恋の終わりと恋の始まり
 episode 1. ずっと一緒に

【超訳】総角あげまき 宇治十帖
 薫 24歳 匂宮におうのみや 25歳
 大君おおいぎみ 26歳 中の君 24歳
 夕霧 50歳 明石中宮 42歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

八の宮の一周忌が近づいてきて、世間慣れしていない姉妹に替わって薫が法要の準備を仕切ってあげるの。姉妹は総角あげまきという組紐の飾りを作っているところなの。薫はこれからのことを大君に話すんだけど、大君は薫との結婚なんて考えられないの。宇治の山荘で亡くなったお父さんを偲んで生きていくつもりみたいね。けれど若い中の君は結婚させてあげたいって思っているの。

 薫と大君の恋愛関係はちっとも進展しないのね。

~ 総角あげまきに 長き契りを 結びこめ 同じところに りも合はなん ~

(長い紐で作った総角あげまき(組紐で作った飾り)みたいにずっと長く一緒にいたいんだけどな)

 薫がこんな歌を詠むと大君はまたいつものね、なんて思っちゃうの。

~ きもあへず もろき涙の 玉の緒に 長き契りを いかが結ばん ~

(紐でなんか繋げないもろい涙なのにどうやって飾りなんか作れるのかしら?=将来なんてお約束できないわ)

ツレナイ大君の返歌に
「一緒にいられないなら僕は生きていけないんだよ」
 そんな風に薫はつぶやくの。

総角
総角結び

大君は自分のことから話をそらすように匂宮と中の君のことを話し始めるの。
 その夜遅くなって人が少なくなったのを見計らって薫はふたりのあいだにあった屏風を押しのけて御簾の内側に入っていくの。大君は驚いて逃げようとするんだけど、薫が衣服の裾をつかんで口説き始めるの。

「酷いわ。喪服姿を見られるなんてあり得ないわ。女のわたしでは抵抗もできないのに……」
「急に思い立ったんじゃないよ。もうずっとあなたのことが好きなんだ。あなたの気持ちが僕に向いてくれるのをずっとずっと待っているんだ。どうして受け入れてくれないの?」

大君は薫を信用しきっていたのにこんなことをされて泣いてしまうの。だから薫もそれ以上無理強いをすることはしないでふたりで夜を過ごすの。そんな夜が明けると、露に濡れた秋草が朝日をうけて光っているの。その景色を眺めているふたりはとっても優美でいい雰囲気なのよね。

「こうやって同じ気持ちで月や花を一緒に眺めたいんだ」
 薫がそう言うと
「こんな風に直接お顔を合わさないでいられるのなら、隔てない心でお付き合いできるのに」
 大君の返事はこうだったの。

朝になって薫が帰ってから大君は自分はやっぱり独身で通そう、薫は父も認めていたから中の君と結婚させようと考えるの。それから眠っている中の君のところに大君は戻るんだけど、薫の移り香が大君から香ってくるから、中の君はふたりは恋仲になったって思っちゃうのよね。

To be continued ✈✈✈

 薫が和歌に詠んだ「総角あげまき」は紐で作る飾りです。一本の長い紐を結ぶので「この紐みたいに長くずっと一緒にいたいんだ」と詠いました。総角はこの四十七帖の巻名にもなります。
 けれども大君は薫の気持ちに応えようとしません。長女としてお父さんの「簡単に結婚しないように」という遺言を守ろうとしているのでしょうね。ただ薫はお父さんも認めた男性なので、自分ではなくて中の君と結婚させようと考えているようです。

生真面目男子と息をするように恋する男子
あれ、この設定って……

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 42 なにやら聞いたことのあるハナシ
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 総角あげまきに 長き契りを 結びこめ 同じところに りも合はなん ~

    「ずっと一緒にいたいんだ」と薫が大君に贈った愛の歌

    ~ きもあへず もろき涙の 玉の緒に 長き契りを いかが結ばん ~

    薫の気持ちに応えられない大君が返した歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。