//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 皆の悲しみ

2022-07-20chapter40明石中宮,第四十帖,御法,秋好中宮,紫の上,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳,頭中将

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 40.消えゆく紫の露

    源氏物語 第四十帖 御法みのり

episode 4. 皆の悲しみ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十九帖 夕霧(Chapter 39)まで Part2-1 完結
 源氏の兄である朱雀院は出家の際に内親王の女三宮を源氏に降嫁させます。親子ほどの年の離れた女三宮は幼いばかりの姫宮で、源氏は美しく賢い紫の上をますます寵愛するようになりますが、女三宮を正室に迎え、朱雀院の寵姫だった朧月夜と復縁したことで紫の上は絶望を味わいます。

 それでも紫の上は六条院の女主人として女三宮を始め女君がたと穏やかな交流をはかりますが、病に倒れてしまいます。源氏は朱雀院の御賀などの行事をすべて延期にして紫の上につきっきりで看病します。

 紫の上が二条院で療養中に源氏の正室の女三宮を諦めきれない柏木が密通してしまい、女三宮は妊娠してしまいます。源氏はふたりの関係を知り、態度や言葉でふたりを責め、柏木は寝たきりの病気になります。そんな中女三宮は男児(のちの薫)を出産、その後出家します。それらを知った柏木は喜びと失意の中亡くなります。

 夕霧は柏木から「源氏とのいさかいのとりなし」と「未亡人となる女二宮」のことを遺言として頼まれました。夕霧は薫は柏木の子ではないかと見当をつけます。女二宮のことは最初は友人の未亡人として見舞っていましたが、いつしか恋情を抱くようになり結婚します。本妻の雲居の雁はこの結婚に心を痛め子供を連れて実家に戻ってしまいました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

本章です🎵

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 40 御法みのり 消えゆく紫の露 

第四十帖 御法みのり(Chapter 40)第三話(episode 3)まで
 紫の上の体調はよくなりません。彼女が好きな春の情景の中、法要を催し、明石御方や花散里にそれとなく別れの和歌を贈答しました。
 夏が過ぎ秋になり紫の上はますます弱っていきます。明石中宮は看病のために帰省してきます。中宮の三男の匂宮に紫の上は二条院と庭の桜と梅を託しました。
 源氏と紫の上は和歌を贈り合います。その後、明石中宮に手をとられ紫の上は息を引き取ります。

episode 4. 皆の悲しみ

【超訳】御法みのり
源氏 51歳 紫の上 43歳
夕霧 30歳
明石御方あかしのおんかた 42歳
明石中宮あかしのちゅうぐう 23歳 匂宮におうのみや 5歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

夕霧は葬儀後も二条院で源氏に付き添いながら、紫の上のことを偲んでいるの。あの台風の日に見かけたことや最後の姿を見たことを思い返しているの。

~ いにしへの 秋の夕べの 恋しきに 今はと見えし 明けれの夢 ~

(昔お見かけした秋の夕暮れを恋しがっているのに、ご臨終のお顔を見てしまったなんて夢のようです)

源氏は明けても暮れても涙がちに過ごすの。もうこの世に未練はないけれど、これほど心を乱していては出家しても勤行もできないと思っているの。

前太政大臣(元頭中将)からもお見舞いの手紙が届くの。

~ いにしへの 秋さへ今の ここちして れにし袖に 露ぞ置き添ふ ~

(紫の上さまが亡くなられた悲しみに加えて妹(葵の上)を亡くした悲しみまで重なるようだね)

前太政大臣の妹で源氏の最初の正室だった葵の上(夕霧のお母さん)が亡くなったのも秋だったからそのことを思い出して源氏を思いやってくれるの。

~ 露けさは 昔今とも 思ほえず おほかた秋の 世こそつらけれ ~

(ただ秋だから泣けてくるんだよ。昔も今もね)

源氏は紫の上を失った辛さを正直に打ち明けると女々しいと思われるのがイヤだったみたいね。

秋好中宮からも手紙が送られてきてみんな源氏のことを心配しているのよね。

落葉
落葉

~ 枯れはつる 野べをうしとや 亡き人の 秋に心を とどめざりけん ~

(紫の上さまは枯れ果てた野がお嫌いで秋をお好きになれなかったのでしょうか)

秋好中宮と紫の上がした「春と秋、どっちが素晴らしいか対決」を踏まえての歌のようね。

~ 昇りにし 雲井ながらも 返り見よ われ飽きはてぬ 常ならぬ世に ~

(中宮という高い身分になられても忘れないでください。わたしはもうこの世に飽きてしまいました)

千年も一緒に過ごしたいと願った最愛の紫の上。何をしてもどこにいても紫の上を失った悲しみや寂しさは薄れることはなくて、ただただ月日だけが過ぎ去っていくの。

 紫の上の法事などは源氏のかわりに夕霧が仕切るの。明石の中宮も紫の上のことを忘れる時がないほどに恋い慕っているみたいね。

To be continued ✈✈✈

第四十帖 御法みのり

Chapter 40 消えゆく紫の露
 episode 1. 最後の春
 episode 2. 最後の夏 そして最後の秋
 episode 3. 最愛なる貴女あなた
 episode 4. 皆の悲しみ

 最愛の人、紫の上が旅立ってしまいました。弱っていく紫の上を見守りながら悲しむ源氏。そして亡くなってしまった紫の上を想う源氏。歎き悲しみ悲嘆にくれる源氏が描かれていますね。
 夕霧や明石中宮、秋好中宮、皆が彼女の死を悼んでいます。当時の理想の女性像として描かれたであろう紫の上。皆が彼女を慕って憧れていましたね。

 帝の次の位の准太上天皇である源氏の最愛の妻。美しさ優しさ賢さを合わせ持ち、源氏を愛し、周りを気遣い、貴賎の差なく皆から敬われました。
 少女の時に源氏に見出され育てられ、愛され、そして裏切られもし、それでも最後まで源氏を想い天へと召されました。

🖌Genji Waka Collection

~ いにしへの 秋の夕べの 恋しきに 今はと見えし 明けれの夢 ~

夕霧が紫の上の遺体と対面したあとに詠んだ歌

~ いにしへの 秋さへ今の ここちして れにし袖に 露ぞ置き添ふ ~

前太政大臣さきのおおきおとど(元内大臣)が贈った源氏への見舞いの歌

~ 露けさは 昔今とも 思ほえず おほかた秋の 世こそつらけれ ~

「ただ秋だから悲しいだけだよ」と前太政大臣に対して源氏が強がって詠んだ歌

~ 枯れはつる 野べをうしとや 亡き人の 秋に心を とどめざりけん ~

秋好中宮が紫の上を想って源氏に贈った歌

~ 昇りにし 雲井ながらも 返り見よ われ飽きはてぬ 常ならぬ世に ~

六条院(源氏)が秋好中宮に返した歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。