//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 玉鬘ファミリー

2022-07-20chapter44第四十四帖,竹河,匂宮,冷泉院,玉鬘,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 44.玉鬘たまかずらのお悩み

    源氏物語 第四十四帖 竹河

episode 1. 玉鬘たまかずらファミリー

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十三帖 紅梅(Chapter 43)まで
  紅梅大納言は柏木の弟ですが、柏木が亡くなっているので藤原家の家督を継いでいます。(父は元頭中将)妻は髭黒の娘の真木柱でお互い再婚同士で連れ子やふたりのあいだの子など3人の娘と息子がひとりいます。

 長女は東宮(今上きんじょう帝と明石中宮の皇子)に入内していますが、二女を匂宮と結婚させたいと紅梅は考えています。一方匂宮は真木柱の連れ子の宮の御方のことが気になっているようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

本章です🎵

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 44. 玉鬘たまかずらのお悩み
 episode 1. 玉鬘たまかずらファミリー

【超訳】竹河 匂宮におうのみや三帖
薫 14~23歳 匂宮におうのみや 15~24歳
夕霧 40~49歳 玉鬘たまかずら 47~56歳
冷泉院 43~52歳 今上帝きんじょうてい 35~44歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

髭黒は太政大臣まで出世したけれど亡くなってしまい、玉鬘は息子3人、娘2人の世話に追われているの。経済的には困っていないんだけれど、訪れる人もあまりいなくて、源氏繋がりで夕霧がときどき様子を見に行っている程度なの。

玉鬘は娘たちのことで悩んでいるの。息子たちは元服して自分で出世していくんだろうけれど、娘たちを誰と結婚させればいいのかいろいろ考えているみたい。亡夫の髭黒が娘に宮仕えさせたいって言っていて、今上帝も長女の入内を希望してるんですって。でも今上帝には明石中宮がいるのでたとえ入内しても敵わないわよねぇと思うとなかなか決断できないの。

 それから冷泉院もこの長女との結婚を考えているんだけど、以前自分が宮仕えするはずだったのに髭黒と結婚することになったいきさつを考えるとこの縁談もためらっちゃうのよね。 「親代わりだと思って大切にするので娘さんをください」
 冷泉院からそんなお手紙まで来るの。自分は冷泉院とはご縁がなかったからあのとき(髭黒と突然結婚してしまった)のお詫びに娘を嫁がせようかしらとも考えたりもして玉鬘は悩んでいるみたい。

山吹
玉鬘のイメージ

それに夕霧の息子の蔵人くろうど少将も結婚の申し込みに来てるの。蔵人少将は夕霧と雲居の雁の子で他の息子たちよりも出世も早くて性格もよく、両親からも可愛がられているの。玉鬘にとって夕霧は義理の弟だし、雲居の雁は腹違いの妹で近しい間柄だから夕霧の子どもたちも玉鬘の息子たちとも仲良くて、お屋敷にもよく遊びに来ているの。でも蔵人少将はまだ若いから官位が低くて身分違いなんですって。でも夕霧からも雲居の雁からも「うちの息子と結婚してほしい」って手紙がくるの。玉鬘は長女には身分の高い人と結婚させたいなと思っているのね、ただ二女なら蔵人少将がそのうち出世したら結婚を考えてもいいかも、って玉鬘は思っているみたい。

 そんな蔵人少将が玉鬘に認めてもらえないからと無理に娘の所に侵入してきて強行突破されないように、玉鬘は女房たちに「絶対に間違いが起きないように」気を付けさせているんですって。

To be continued ✈✈✈

 こちらも久しぶりの登場の玉鬘ですね。
「娘のところに男子が侵入してきて間違いが起きないように女房に気をつけさせている」
 自身の結婚は髭黒が寝室に侵入してきた「無理矢理婚」でしたものね。

 その髭黒の寝室侵入がなければ上がるはずだったのが冷泉院の後宮です。その冷泉院が今度は「娘さんをください」と言っています。結婚するかもしれなかった玉鬘の娘への求婚……。帝位は譲位していて秋好中宮(六条御息所の娘、源氏の養女)や新弘徽殿の女御(雲居の雁の異母姉)など女君はいますがまだ婚活中なのでしょうか。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。