//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3.嫉妬の鬼

2022-07-21chapter9生霊,怨霊,葵祭,第九帖,,和歌,紫の君,六条御息所,光源氏,源氏物語,紫式部,葵の上,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 9.オンナのオンネン

    源氏物語 第九帖 葵

episode 3. 嫉妬の鬼

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第八帖 花宴(Chapter 8)まで
 藤壺女御は源氏との罪の子を桐壺帝の皇子として出産します。
 一方、紫の君は自宅の二条院で和歌や琴などを学び、成長しています。

 春になり、桜咲く朧月の夜に源氏は宮中でひとりの女性と出会い恋に落ちます。あとになってその女性が自分の兄である東宮(皇太子)の后になる予定であることを知ります。しかも彼女は政敵右大臣の娘で弘徽殿女御の妹でした。けれども源氏は一度逢っただけの彼女を探しだします。この女性が朧月夜の君です。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 9 葵 オンナのオンネン 

第九帖 葵(Chapter 9)第二話(episode 2)まで
 正室の葵の上が妊娠、恋人の六条御息所との関係がギクシャクしている中、源氏は葵祭の行列に参加することになります。祭りの見物にやって来た葵の上と六条御息所の家臣同士が乱闘騒ぎを起こし、六条御息所は激しく葵の上を憎むようになります。

episode3. 嫉妬の鬼

第九帖【葵】
 源氏 22~23歳 紫の上 14歳~15歳
 藤壺中宮 27~28歳 
 六条御息所ろくじょうのみやすんどころ 29~30歳
 葵の上 26歳 夕霧 1~2歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

また別の日に源氏は紫の君と同じ牛車に乗ってお祭り見物に出かけようとするの。

~ はかりなき 千尋の底の 海松房みるぶさの ひ行く末は われのみぞ見ん ~

(海のように深い愛を誓うよ。キミの将来は俺だけが見届けるからね)

紫の君の髪を梳いてあげながら源氏はそんな歌を彼女に贈るの。

~ 千尋とも いかでか知らん 定めなく 満ち干る潮の のどけからぬに ~

(海だなんて言われてもそれじゃ愛が満ちたり干いたりするみたいであてにならないわ)

紫の君が返した歌が源氏には可愛らしく思えたみたいね。

昨日はお祭りの主役だった源氏が今日はプライベートで来ているから、一緒にいる女性デートの相手はいったい誰なの? って噂になったみたいよ。紫の君もずいぶんと成長して綺麗で素敵な女性になっていたの。

下賀茂神社
下賀茂神社

お祭りの騒動後、六条御息所の心境はフクザツなの。源氏をフッて娘と一緒に伊勢に行ってしまうのは心残りだし、だからといって京に残って「源氏に捨てられた元アイジン」なんて思われるのもプライドが許さないし、あのお祭りの日に源氏に気づいてもらえなかったシカトされたのも我慢ならなかったのね。源氏も「伊勢になんか行くな」って強く引き留めるわけではなかったの。

「俺を見捨てちゃうわけ? 今までみたいな結婚はしないけど付き合うカンジでいいじゃん」
 そんな状況の時に起きてしまったお祭りでの葵の上との騒動だったのね。

妊娠中の葵の上はとても具合が悪かったの。その頃信じられていたお祓いなどをしてもらうんだけど、ちっともよくならない。ものすごい怨念の霊のせいだと言われ、それは御息所なんじゃないかって噂になってしまい、また御息所は傷ついてしまうの。

それでも御息所はときどきふっと魂が身体を離れて、葵の上の髪を引っ張ったり彼女を苦しめている感覚がどうやらあったみたいなのよね。
 未練を残して死んでしまった者が霊になることはよく聞くことだけれど、生きているのに霊となって他人を苦しめているなんてそれだけ源氏への想いが強すぎるってことだから源氏への愛を断ってしまわないとって御息所は思うの。けれども本人の意思では生霊になることをとめることはできないのよね。

 このお祭りは葵祭といって今でも5月15日に行われます。
 物語では源氏が使者として行列に参加し、葵の上と六条御息所の家来同士が乱闘騒ぎを起こしました。千年も前から現在まで続いている歴史ある祭祀。このお祭りを紫式部も見物していたのかなと思うと感慨深いですね。

 コロナ禍である令和2年、3年はお祭りや行列が中止になってしまいました。
 京の都で華やかな行列が再び見られますように。

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ はかりなき 千尋の底の 海松房みるぶさの ひ行く末は われのみぞ見ん ~

源氏宰相大将が紫の君に贈った歌

~ 千尋とも いかでか知らん 定めなく 満ち干る潮の のどけからぬに ~

紫の君が源氏宰相大将に贈った歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。