//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 女三宮の結婚

2022-07-20chapter34-1第三十四帖,若菜上,朱雀院,女三宮,紫の上,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 34-1.それは水紋のように

    源氏物語 第三十四帖 若菜上(一)

episode 2. 女三宮の結婚

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十三帖 藤裏葉(Chapter 33)まで Part 1 完結
  桐壺帝の第二皇子として産まれた光源氏は幼くして母を亡くし、報われない藤壺の宮への想いを埋めるかのように数々の女人とつきあい愛に彷徨います。

 兄である朱雀帝妃の朧月夜との密会の責任をとり謹慎生活を送っている須磨から明石に移り住み、明石の君と出逢い姫君が産まれます。源氏は都に戻り復職し、明石の君と姫君を京に呼び寄せます。また藤壺の宮が亡くなります。源氏は明石の姫君の将来のために身分の高い紫の上に養母になってもらいます。

 若いころに付き合っていて死別した夕顔の娘(父は内大臣)を養女として源氏は引き取ります。玉鬘と呼ばれる姫は美しく、都中の公達が求婚し、源氏までもが恋心を抱くようになりますが、源氏と藤壺の宮の子である冷泉帝の後宮に尚侍として上がることになります。しかし、玉鬘を諦めきれない髭黒大将が寝室に侵入し結婚してしまいました。

 源氏と正室の葵の上(故人)の息子である夕霧は幼なじみで従姉の雲居の雁と一緒に育ち、淡い恋心を抱いていましたが、雲居の雁の父の内大臣(元頭中将)に交際を反対され6年も引き離されていましたが、誠実に努力をして出世した夕霧を内大臣が認め、初恋を実らせようやくふたりは結婚しました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 34-1 若菜上(一) それは水紋のように 

第三十四帖 若菜上(一)(Chapter 34-1)第一話(episode 1)まで
 源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めるのですが、母を亡くしており後ろ盾のない娘の女三宮のことが気がかりです。まだ13歳の少女ですが、誰かに嫁がせようと考えているようです。

episode 2. 女三宮の結婚

【超訳】若菜上(一)
源氏 39〜40歳 紫の上 31〜32歳
女三宮おんなさんのみや 13〜14歳 
明石の御方 30〜31歳 明石女御あかしのにょうご 11〜12歳
夕霧 18〜19歳 柏木 23〜24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏もそのウワサは聞いていたのね。けれども朱雀院と大して年齢も変わらないから、朱雀院が亡くなられたあと自分だってそんなに長生きはできないだろうから女三宮を見守れないし、いまさら紫の上を本妻の立場から追いやりたくないの。(身分的には女三宮の方が紫の上より高いから、結婚となると女三宮が正室となってしまうから)

 それなのに、女三宮があの憧れの女院さまと血の繋がりのある人(女院の姪)だからってちょっと気にしだすのよね。

そして年の暮れに女三宮の裳着もぎ(女の子の成人式)が盛大に行われて3日後に朱雀院は出家して仏門に入られたの。源氏はお見舞いに行ったときに女三宮の話が出て、なんと結婚を引き受けてしまうの。夕霧は真面目だけれどまだ位が高くなくて姫宮さまの補佐はムリだろうから自分がお世話しますって言っちゃうのよ。

結婚を承諾したものの、源氏は今までの紫の上との生活も変わってしまうからどうしようかと思い悩むの。
 朱雀院が女三宮のことを心配していることは紫の上も知っていたんだけど、あんなに恋してた朝顔の君とも結婚しなかったので、今になって源氏がそんな話を受けるわけはないわって信じてたみたい。そんな紫の上の様子を見ていると源氏はなんとも心苦しいの。

紫の上に対する愛は少しも変わらないけれど、きっとその愛までも疑われるんだろうなと源氏は動揺するの。ふたりのあいだには何一つ隠し事がない夫婦だったからこの縁談の話をしないのも源氏は苦痛だったんだけど、とりあえずその夜は言わずに眠ったの。

次の日に源氏は紫の上にそのことを打ち明けるんだけど、紫の上の反応が淡々としているの。

「親御様としてはご心配ですものね。女三宮さまとは従姉妹同士ですから仲良くしていただけるかしら?」
「あまりに理解がありすぎて気味悪いね」  

いつもならやきもちを焼いたりして自分の気持ちを正直に表す紫の上だったからその反応リアクションは源氏には意外なのね。いろいろと悪く言うヤツもいるだろうけれど、気にしなくていいからね、と紫の上に言い聞かせるの。

けれども紫の上は内心ものすごく絶望したの。今はすっかり幸せに浸っていて安心しきっていたのに、これからどんな屈辱を味あわなければならないの? って落ち込むの。

 それでも決まったことは覆せないし、自分のことを嫌っている実家の式部卿宮の正室なんかはきっと面白がるだろうけど、表面上だけは平静でいようと紫の上は心に決めるの。

暗雲

To be continued ✈✈✈

 源氏が女三宮との結婚を承諾してしまいました。
 立派に育て上げた明石の姫君を東宮さまに入内させて、これからは夫婦ふたりで(といっても他の奥さんもいますが……)ゆっくり過ごしていこうなんて思っていたはずです。
 女三宮のお母さんは藤壺の宮の異母妹です。紫の上は藤壺の宮の兄がお父さんでした。女三宮が藤壺の宮と血がつながっているということが決め手だったようですね……。

始まったばかりの第二部
……、不安しか感じない…………

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 26 タメイキの第二部開幕
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。