//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 最愛の妻の元へ

2022-07-21chapter13,再会,明石,紫の上,和歌一覧,和歌,明石の君,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 13.最高のカノジョと最愛のツマ

    源氏物語 第十三帖 明石

episode 4. 最愛の妻の元へ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十二帖 須磨(Chapter 12)まで
 朱雀帝のお妃である朧月夜との密会を続けていたことがバレてしまいます。朱雀帝の母である弘徽殿大后はここぞとばかりに源氏を失脚させようとしますが、朝廷から罰が下る前に自ら官位を返上して無位無官にて須磨で謹慎生活を送ることにしました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 13 明石 最高のカノジョと最愛のツマ 

第十三帖 明石(Chapter 13)第三話(episode 3)まで
 最初は源氏との付き合いを拒んでいた明石の君ですが、源氏は半年以上口説いて付き合うことになります。源氏は紫の上に恋人ができたことを伝えると、紫の上は絶望を味わいます。

episode 4. 最愛の妻の元へ

第十三帖【明石】
 源氏 27~28歳 紫の上 19歳~20歳
 明石の君 18~19歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

年が明けて帝は譲位(帝を退位)を考えるの。すると次の帝になる東宮(藤壺と源氏の子)の後見人が源氏なので源氏を都に戻すことに決めたの。夏には都へ戻るように明石にまで帝の使者がやってきたの。

都へ戻れるのは源氏としては嬉しいんだけど、それは明石の君とのお別れでもあるから複雑な心境だったの。それに明石の君が妊娠したので毎日毎日明石の君のところに通うの。
 秋になって本当に明石を離れないといけなくなり、最後のお別れに明石の君に琴を弾いてもらうの。明石入道が言ったとおりの素晴らしい音色だったんですって。源氏は自分の琴を明石の君に預けるの。キミたちを京に迎えるから。また逢えたら一緒に弾こうって約束をして。

~ なほざりに 頼めおくめる ひとことを つきせぬにや かけてしのばん ~

(”また逢ったら一緒に弾こう”なんて軽くおっしゃったんでしょうけれど、泣きながらそのひとことだけを信じてあなたを想っているわ)

~ 逢ふまでの かたみに契る 中の緒の しらべはことに 変はらざらなん ~

(また逢える日までの約束に置いていく琴みたいに俺たちの愛情もいつまでも変わらないよ)

 琴の調子が狂わないうちに必ず逢おう、と源氏は明石の君に言ったの。

源氏が行ってしまい、明石の君はものすごく落ち込んだの。お母さん(明石入道夫人)も娘が可哀想だって同情しているの。明石入道もそうなんだけど、娘のお腹に赤ちゃんがいるからとなんとか気持ちを立て直したみたいね。

久しぶりに都に戻り紫の上との再会を果たす源氏。しばらく会わないうちにまた美しくなっていた紫の上。こんなにも美しくて可憐な紫の上とよく離れていられたよな、と源氏はしみじみ思うの。明石の君のことも正直に話すのよ。お屋敷の二条院も紫の上がしっかりと留守を守っていたのね。

紫の花
華やかな紫の花

政治でも復帰して権大納言ごんのだいなごんという役職についたの。朱雀帝からもお召しがあってふたりは宮中で再会するの。東宮さまにも会いに行くと随分成長して大きくなっているのよね。お勉強もよくできていつ即位されても大丈夫なほど聡明な少年になっているみたいね。きっとそのあと藤壺の宮さまにも挨拶にいったはずよね。

 何人も付き合っている恋人がいた源氏だったけど、都に戻ってからは紫の上オンリーで他の人のところには通うのをやめたみたい。

 明石の君との出会いと別れ、紫の上との再会の巻ですね。
 謹慎に行ったはずなのに新しい恋人を作るなんて(しかも子供まで)、紫の上はそうとうショックだったでしょうね。
 明石の君にしても、「どうせ明石ココにいるときだけでしょ」と覚悟していたけれど、やっぱり京に帰ってしまうと悲しいし寂しい。
 また女の子を泣かすのです。もう何人目なんでしょうね。

第十三帖 明石

Chapter13 最高のカノジョと最愛のツマ
 episode1. 須磨から明石へ
 episode2. 気になる明石の君
 episode3. 最高のカノジョ
 episode4. 最愛の妻の元へ

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ なほざりに 頼めおくめる ひとことを つきせぬにや かけてしのばん ~

明石の君が明石を離れる源氏に贈った歌

~ 逢ふまでの かたみに契る 中の緒の しらべはことに 変はらざらなん ~

源氏が別れ際に明石の君に贈った歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。