//CSS rules to specify families //CSS //JS

Chapter 53 手習

2022-02-25part3-2三角関係,第五十一帖,異母妹,中の君,匂宮,,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部

  • genji_spring

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 53 流れ着いた舟 手習てならい

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • genji_summer
    genji_summer

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 53 流れ着いた舟 手習てならい

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 53 流れ着いた舟 手習てならい

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 53 流れ着いた舟 手習てならい

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

お気楽お気軽源氏物語ワールドにようこそ!!
「1000文字源氏物語」倶楽部の管理人のりらです。

本章は 源氏物語 第五十三帖 手習てならいです。

table of contents for this chapter

【超訳】1日1000文字源氏物語 

【超訳】手習てならい 宇治十帖
 薫 27~28歳 匂宮におうのみや 28歳~29歳
 浮舟 22歳~23歳

 横川の僧都は宇治で身元不明の姫を助けます。僧都の妹尼が献身的に看病しますがよくなりません。横川の僧都が祈祷をすると姫には物の怪が憑りついていました。正気を取り戻した姫は身を投げようとしたときのことを思い出します。

 身元不明の姫は浮舟でした。 浮舟は現在の心境を和歌に詠みます。無意識に薫や匂宮のことも思い出しているようです。けれども二度と恋愛したくない浮舟は出家して俗世を捨てます。

 薫が今でも浮舟を想い嘆き哀しんでいる様子を薫の家来から聞きますが、浮舟は生きていること、出家した姿を薫に知られたくないと思っています。
 横川の僧都から浮舟が生きていることを知った明石中宮は薫を不憫に思い、浮舟の事を知らせます。驚愕の事実を知らされた薫の心は乱れに乱れます。

 

Chapter 53 流れ着いた舟   手習てならい

源氏物語ワールドに いってらっしゃい ✈✈✈

bon voyage!!

千年前のわたしたちの国の物語
楽しんでいただけたら嬉しいです。

あらすじだけを追うかたはこちらへどうぞ

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

無料イラスト素材【イラストAC】 写真素材素材【写真AC】

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。