//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 出家の準備

2022-07-20chapter41追儺,第四十一帖,,出家,紫の上,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 41.思慕、痛恨、後悔、懺悔

    源氏物語 第四十一帖 幻

episode 4. 出家の準備

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十帖 御法みのり(Chapter 40)まで
 紫の上の病状は回復せず、出家の願いも認められません。幼いころから源氏に育てられた想い出の二条院で法要を催します。明石御方や花散里にもそれとなく別れの挨拶をします。

 夏が過ぎ秋になり明石中宮に手を取られながら紫の上は息を引き取ります。源氏は壮絶な悲しみに襲われます。紫の上に憧れていた夕霧は最後に紫の上の眠った顔を見ました。夕霧の他にも秋好中宮や明石中宮など多くの人が紫の上の死を悼んでいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

本章です🎵

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 41 幻 思慕、痛恨、後悔、懺悔 

第四十一帖 幻(Chapter 41)第三話(episode 3)まで
 紫の上が亡くなった秋が過ぎ冬になり新年を迎えますが源氏の悲しみは癒えることがありません。女房たちから紫の上が源氏と女三宮との結婚や朧月夜や朝顔の君などのことを気に病んでいたと聞いた源氏は大切な紫の上を悲しませていたことを悔やみます。
 紫の上が愛した春が巡ってきます。紫の上と約束をした孫の匂宮が桜の花を愛でています。源氏は何をしていても紫の上のことを想い、彼女がいない辛さにうちひしがれています。
 夏になり紫の上の一周忌を迎えます。源氏の悲しみは癒えるどころか増していくようです。

episode 4. 出家の準備

【超訳】幻
源氏 52歳
夕霧 31歳 薫 5歳
明石御方あかしのおんかた 43歳
明石中宮あかしのちゅうぐう 24歳 匂宮におうのみや 6歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

なんとか1年を過ごしてきたから、いよいよ出家の準備をしようと源氏は身の周りの整理を始めるの。女房達に形見の品をあげて、今まで貰った恋人達からの手紙も処分するの。須磨で謹慎生活をしていたときに紫の上が送ってきてくれた手紙だけは別の束になっているのね。遠い昔の出来事だなと思いながらも源氏はその手紙を見てみると、たった今彼女が書いたみたいに筆の跡が生き生きとしているのよ。これこそ永久保存しておきたいって思ったんだけど、女房達に処分してもらうの。

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 同じ雲居の 煙とをなれ ~

(キミからの手紙は眺めて見るのももう虚しいんだ。キミと同じ煙になってくれ)

 紫の上の手紙の横にそんな歌を源氏は書いて、それも一緒に燃やしてしまったの。

年末に源氏は年の瀬の法要を開くの。僧侶たちだけじゃなくて貴族たちも大勢集まるところに久しぶりに源氏は姿を見せるの。その姿は昔光源氏と呼ばれていたころよりも輝いて見えたそうよ。あまりの美しさに僧侶も涙を流すほどだったんですって。

大晦日の日に匂宮は恒例の追儺ついな(鬼に扮した人を追い払う行事)を楽しみ走り回っているの。可愛らしい匂宮との別れも源氏は寂しく感じるの。

追儺
追儺

 追儺ついなとは大晦日に行われる宮中行事で、鬼(疫鬼や疫神)を払う儀式だそうです。民間の節分の豆まきの原型とも言われているようです。

参考文献:Wikipedia

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 年も我が世も 今日や尽きぬる ~

(物思いしながら月日を過ごしてしまったが、今年も俺の人生も今日で終わるんだ)

お正月の行事はいつもよりも盛大に源氏は準備させたんですって。みんなへの贈り物なども立派なものが用意してあったらしいわ。

To be continued ✈✈✈

第四十一帖 幻

Chapter 41 思慕、痛恨、後悔、懺悔
 episode 1. 彼女のいない冬
 episode 2. 彼女のいない春
 episode 3. 彼女のいない夏
 episode 4. 出家の準備

 紫の上を失ったあとの源氏の1年を描いています。和歌で綴る紫の上への想い。季節は巡り月日も流れますが、源氏の悲しみは癒えることはありませんね。
 歌人の俵万智先生は「四季の移ろいと例年通り行われる季節の行事を紹介し、いつも隣にいたはずの、今年はそこにいない紫の上を忍び嘆いている源氏の姿を1年をとおして描いている」とこの第四十一帖【幻】を評しています。確かに年間行事が順に紹介されていますね。 それに合わせて多くの和歌が登場しました。

第四十一帖 全編紫の上への思慕と懺悔
紫の上亡きあとの嘆きの源氏

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 37 キミがいない世界
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 同じ雲居の 煙とをなれ ~

    紫の上からの手紙を天に返しながら六条院(源氏)が詠んだ歌

    ~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 年も我が世も 今日や尽きぬる ~

    六条院(源氏)の最後の歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。