//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. その後の夕霧

2022-07-21chapter21五節の舞姫,雲居の雁,第二十一帖,乙女,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 21.小さな恋のものがたり

    源氏物語 第二十一帖 乙女

episode 4. その後の夕霧

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十帖 朝顔(Chapter 20)まで
 源氏は従姉で初恋の君である朝顔の君に何度も求婚しましたが、応えてもらえず、風流な文や歌をやりとりする付き合いを続けます。

 朝顔の君を正室にするのではと不安がっていた紫の上に源氏は朝顔の君との結婚はないと説明し、今までに関わった女人の話を彼女に聞かせました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 21 乙女 小さな恋のものがたり 

第二十一帖 乙女(Chapter 21)第三話(episode 3)まで
 源氏と葵の上の子である夕霧は六位という官位で元服したため、自力で出世するために熱心に勉強しています。
 夕霧には同じ祖父母の家で育った雲居の雁という従姉がいて幼いながらも付き合っていたのですが、このことを知った雲居の雁の父の内大臣は激怒して雲居の雁を自宅に引き取ろうとします。

 離れていてもお互いを想っていようと約束をしてふたりは引き離されてしまいました。

episode 4. その後の夕霧

【超訳】乙女
 源氏 33~35歳 紫の上 25歳~27歳
 夕霧 12~14歳 雲居の雁 14~16歳
 冷泉帝 15歳~17歳 
 秋好中宮あきこのむのちゅぐう(梅壺) 24~26歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

新嘗祭にいなめさいというお祭りの時期になったの。そのお祭りで踊る五節ごせちの舞に源氏の従者の惟光これみつの娘が舞姫として選ばれたの。

そのころ夕霧は失恋の悲しみで何にも興味が持てなかったの。彼は大学生で落ち着いたイケメンだったから若い女房たちから人気なの。夕霧はお祭りの準備の最中にその舞姫の顔を見たの。雲居の雁と同じくらいの年のキレイな女の子なのね。普段は六位の浅葱色の服がイヤで御所にもあまり行かない夕霧だけれど、お祭りのときは好きな色の直衣のうしを着ることができるので御所にも出かけたの。夕霧は帝をはじめ多くの人から可愛がってもらっているのよね。

五節の舞姫が御所に参内する儀式はとても立派で、中でも惟光の娘がイチバン美しいの。夕霧は恋しい雲居の雁とは会えないので、かわりに彼女と付き合えたらいいな、なんて思ったみたい。惟光は娘を典侍ないしのすけ(宮中の役職)にしたいみたいで源氏もサポートしてあげているの。夕霧は彼女が宮中に就職してしまうのが残念みたい。

夕霧は彼女に手紙を送ってみるの。お父さんの惟光もこの手紙のことを知るんだけど、好意的なのね。娘を宮仕えに出そうと思っていたんだけど、夕霧はマジメだから夕霧の妻もアリかもしれないな、なんて考えていたの。これで俺も明石の入道になれるかなって(娘の産んだ子供が出世する)妄想までしたみたいよ。
 雲居の雁とは会えず、気になった五節の舞姫は宮仕えに行ってしまうし、夕霧の想いはどちらにも報われなかったみたいね。

源氏は夕霧と同じ二条院の東の院に住んでいる花散里に母親代わりをお願いするの。花散里はとても素直な性格なので夕霧を可愛がって優しくお世話をしてあげたみたいね。夕霧は花散里の顔を見ることもあったんだけど、はっきり言って美人さんではなくてお父さんの源氏とは釣り合わないなぁって思っちゃうの。それでもこんな優しい人と夫婦でいられることは幸せなんだろうなぁとも思うのよね。

年が明けて、冷泉帝は朱雀院のところへ行幸ぎょうこう(訪問)したの。冷泉帝と源氏が同じような赤系統の衣装を着ているのでよりそっくりに見えて美しさも輝かんばかりなの。早咲きの桜が咲いていて、以前の桜の宴を思い出して源氏も朱雀院も昔を懐かしむの。

夕霧は勉強を頑張って従五位に昇進するの。雲居の雁のことを片時も忘れないんだけど、内大臣の反対を押し切ってまで無理に逢いに行こうとはしなかったの。こっそり手紙のやりとりだけする苦しい恋をしていたのよ。

夕空
夕空

To be continued ✈✈✈

 この頃夕霧は12歳から14歳。今なら中学生ですね。大好きな女の子と離ればなれになってしまい、ときどきこっそり手紙をやりとりすることしかできません。官位(身分)をあげるために勉強も頑張らないといけない。
 そんなときにちらっと見かけた可愛い女の子。
「あの子くらいの年かな――。雲居の雁ちゃんを思い出しちゃうな――。この子も可愛いなぁ」
 男子中学生ならこんな風に思ってしまいますね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。