//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 六条院・春の町のお正月

2022-07-21chapter23明石御方,初音,新年,第二十三帖,玉鬘十帖,春の町,明石の姫君,紫の上,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 23.源氏と六条院の新年

    源氏物語 第二十三帖 初音

episode 1. 六条院・春の町のお正月

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十二帖 玉鬘(Chapter 22)まで
 若いころに死別した恋人夕顔の娘の物語です。母の死を知らされない娘は乳母家族とともに筑紫へ行きますが、紆余曲折を経て京に戻ってきます。父親の内大臣に会うこともできないのですが、夕顔とともに姿を消した女房の右近と再会することができました。右近は今は源氏に仕えていて、源氏の招きで六条院で暮らすことになった姫は源氏の養女となり、玉鬘たまかずらと呼ばれるようになります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 23. 源氏と六条院の新年
 episode 1. 六条院・春の町のお正月

【超訳】初音 玉鬘十帖
 源氏 36歳 紫の上 28歳
 玉鬘たまかずら 22歳 
 明石の姫君 8歳 明石御方 27歳
 夕霧 15歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

年が明けて新年になったの。一点の曇りのないうららかな一日。雪の間からは若い緑がのぞき、人々のこころものびやかな心地みたいなの。六条院のお庭はそれはそれは一段と素晴らしいのね。その様子を表す言葉がみつからないくらいにね。
 特に春の町は季節柄素敵な眺めなのね。梅の香りは御簾内まで漂ってきて、薫香(薫物たきもの)と相まってまるで天国のようなんですって。紫の上は歯固めの祝い(お正月に固いものを食べて長寿と丈夫を願う儀式)をしているの。源氏もやってきてお互い歌を詠みあって新年のお祝いをするの。

梅の花
お正月の梅

~ うす氷 解けぬる池の 鏡には 世にたぐひなき 影ぞ並べる ~

(氷の解けた池の鏡に俺たちふたりきりの姿が映ってるよ)

~ 曇りなき 池の鏡に よろづ代を すむげき影ぞ しるく見えける ~

(曇りのない池の鏡に永遠にいつまでも一緒にいるわたしたちが映っているわね)

そんな風になにかにつけて愛を語り合う歌を詠みあったんですって。

源氏が明石の姫君の部屋へと行くと、姫君付きの童女たちが新年の遊びをしていて華やかなのね。母親の明石の御方からもいろいろな贈り物が届いているの。明石の君から姫君宛てに新春のお手紙も添えられていたので、源氏は姫君に返事を書かせたの。

~ 年月を まつにひかれて る人に 今日鶯の 初音きかせよ ~

(あなたの成長を楽しみに待っているわたくしに今年初めてのお便りをお聞かせくださいね)

~ 引き分かれ 年はれども 鶯の 巣立ちし松の 根を忘れめや ~

(お別れして何年か経ったけれど、産んでくださったお母様のことは忘れていません)

こんなに可愛らしく成長しているのに、別れさせた日から会わせてやっていない明石の御方に対して「罪だよなぁ。悪いよなぁ」と源氏は心苦しく思うの。

To be continued ✈✈✈

 新築の大豪邸六条院でのお正月の様子ですね。春夏秋冬、それぞれの町がひとつのお屋敷で季節の花や木が植えられています。春の町は梅が見ごろのようですね。香りが部屋まで漂ってくるなんて雅なお正月ですね。


 さて明石の御方も同じ六条院の冬の町に住んでいますが、春の町に住んでいる明石の姫君とは会っていません。
 育ての母は紫の上とオフィシャルにしておいて、六条院の中でくらい行き来をして母娘の交流をさせてあげてもいいのに、と現代人は思ってしまいます。

🖌Genji Waka Collection

~ うす氷 解けぬる池の 鏡には 世にたぐひなき 影ぞ並べる ~

新年を迎えた源氏大臣が紫の上に贈った歌

~ 曇りなき 池の鏡に よろづ代を すむげき影ぞ しるく見えける ~

新年を迎えた紫の上が源氏大臣に贈った歌

~ 年月を まつにひかれて る人に 今日鶯の 初音きかせよ ~

新年を迎えた明石御方が明石の姫君に贈った歌

~ 引き分かれ 年はれども 鶯の 巣立ちし松の 根を忘れめや ~

新年を迎えた明石の姫君が明石御方に返した歌

源氏ご自慢の大豪邸!
現代の京都の地図にあてはめてみました。

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 17 大邸宅! 源氏の六条院!!
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。