//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5.紫の君との結婚

2022-07-21chapter9紫の上,結婚,夕霧,第九帖,,朧月夜の君,和歌,紫の君,光源氏,源氏物語,紫式部

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 9.オンナのオンネン

    源氏物語 第九帖 葵

episode 5. 紫の君との結婚

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第八帖 花宴(Chapter 8)まで
 藤壺女御は源氏との罪の子を桐壺帝の皇子として出産します。
 一方、紫の君は自宅の二条院で和歌や琴などを学び、成長しています。

 春になり、桜咲く朧月の夜に源氏は宮中でひとりの女性と出会い恋に落ちます。あとになってその女性が自分の兄である東宮(皇太子)の后になる予定であることを知ります。しかも彼女は政敵右大臣の娘で弘徽殿女御の妹でした。けれども源氏は一度逢っただけの彼女を探しだします。この女性が朧月夜の君です。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 9 葵 オンナのオンネン 

第九帖 葵(Chapter 9)第四話(episode 4)まで
 難産の末、葵の上は男の子を出産しますが産後容態が急変し亡くなってしまいます。源氏は出産のときに葵の上に六条御息所が憑りついていたのを目撃しており、それとなく六条御息所に「もう葵の上のことを恨むのはやめてくれ」と告げます。源氏に生霊となってしまったことを知られた六条御息所は別れを決意します。

episode5. 紫の君との結婚

第九帖【葵】
 源氏 22~23歳 紫の上 14歳~15歳
 藤壺中宮 27~28歳 
 六条御息所ろくじょうのみやすんどころ 29~30歳
 葵の上 26歳 夕霧 1~2歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

葵の上のこともあり、しばらく左大臣家にいた源氏だったのだけれど、葵の上は亡くなってしまい、赤ちゃんの世話を左大臣家に任せて久しぶりに自宅の二条院に帰ったの。
 するとしばらく会わないうちに紫の君が大人びて成長していたの。正室の葵の上が亡くなったこともきちんと理解していて、落ち込んでいる源氏を気遣ってあげたの。

それからしばらくして源氏と紫の君が結ばれたの。きちんと当時の決め事どおりに結婚準備をしたので、周りの女房たちはそれを喜んだのだけれど、紫の君にとってはカラダの関係を結ぶということは恐ろしい出来事だったみたいなの。今まで優しかったお兄さんのような源氏が急にコワイ男の人に見えたかもしれないわね。
 結婚するからには正式にと考えた源氏は、今まで紫の君を引き取っていることをだまっていた紫の君の父である兵部卿宮ひょうぶのきょうのみやにも挨拶をして、裳着もぎ(女の子の成人式)に招待して、大々的に彼女との結婚をアピールしたの。紫の君は紫の上と呼ばれるようになったわ。

裳着
裳着の儀

その頃朧月夜の君は源氏のことを想っていたの。父の右大臣は正室も亡くなったことだし、源氏と結婚させてもいいかなと思い始めたんだけど、姉の弘徽殿女御は断固反対。予定どおり自分の息子の朱雀帝と結婚させようと話を進めていたらしいわ。源氏も朧月夜のことは好きだから朱雀帝との結婚は残念な気もしたんだけれど、紫の上と結婚したばかりだしそろそろ自分も落ち着かないとな、って朧月夜カノジョのことはなりゆきにまかせたの。

源氏の息子はすくすくと育っているんだけど、やっぱり顔立ちは東宮さま(藤壺の宮と源氏の子)とよく似ていたみたい。ま、当然といえば当然、なんだけどね。
「こんなに似てるんじゃあのことがバレちゃうんじゃ……」
 源氏は心配でならないみたいよ。

 葵の上を亡くした源氏を紫の君は優しく気遣ってあげました。このとき源氏22歳、紫の君が14歳。しばらく会わないうちに美しく成長していた紫の君。今の年齢で考えると14歳の結婚は法律でも許されていませんし、あり得ないことですが、この時代では珍しくないでしょうね。(源氏が結婚したのは12歳でした)
 こっそり二条院自分ん家に匿って育てた紫の君。お父さんは兵部卿宮(皇族)ですが正妻の子ではなく知名度も高くない姫君。そのままなしくずし的に愛人扱いしそうなところを源氏は正式に結婚して世間にも公表しました。紫の君の従者たちはとても感激したようですが、紫の君にとっては突然の結婚だったので戸惑っていますね。
 
 それから葵の上の産んだ赤ちゃんですが、原作オリジナルでは名前はついていませんが「源氏の息子」では伝えにくいので「夕霧」と呼ぶことにします。どうして「夕霧」という名前なのかは物語の中盤でわかると思います。

第九帖 葵

Chapter9 オンナのオンネン
 episode1. 六条御息所とのカンケイ
 episode2. 正妻とアイジンの戦い?!
 episode3. 嫉妬の鬼
 episode4. 息子の誕生と葵の上の死
 episode5. 紫の君との結婚

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。