//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 横恋慕

2022-07-20chapter51第五十一帖,宇治,宇治十帖,中の君,匂宮,,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 51.狂い始める恋情

    源氏物語 第五十一帖 浮舟

episode 3. 横恋慕

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十帖 東屋(Chapter 50)まで
  大君や中の君の異母妹(浮舟)を見初めた薫は「世話をしたい」と申し出ますが、姫サイドからは身分差もあり本気にしてもらえません。浮舟を二条院に滞在させている中の君は薫と浮舟の仲をとりもとうと考えています。
 匂宮は中の君の異母妹とは知らず自宅で浮舟と出逢い興味を持ちます。

 匂宮と浮舟とのあいだに間違いが起きるのを恐れた浮舟の母は浮舟を二条院から退去させます。薫は仮住まいの家で浮舟と対面し、彼女を宇治に匿うことにします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 51 浮舟 狂い始める恋情 

第五十一帖 浮舟(Chapter 51)第二話(episode 2)まで
 自宅の二条院で出会った女性の事を匂宮は興味を持ちます。中の君もなにか隠しているようです。やがて彼女は薫が宇治に匿っている恋人だとわかりました。
 匂宮は薫のフリをして宇治を訪ね、浮舟を我が物にしてしまいました。

episode 3. 横恋慕

【超訳】浮舟 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

匂宮と浮舟は一日中一緒に過ごすの。「オレがいないときはこれを眺めてて」と絵を描いてあげたりもするの。どんなに眺めていても見飽きないなぁと匂宮は思うの。欠点が見当たらなくて愛嬌のある美しさなんですって。
 そうは言っても中の君には勝てないかなぁとも思うの。それに正室の六の君(夕霧の娘)の華やかさにも負けるなぁとも思うんだけど、今は気持ちが盛り上がっているから「すっげぇ、いいカンジ!」「マジ可愛いぜ!」って思っているらしいわ。

 浮舟は薫ほど高貴で美しい男性は他にいないわって思っていたんだけれど、匂宮の華やかさやストレートな愛情に触れて心が揺れてしまうの。

~ 長き世を たのめてもなほ 悲しきは ただ明日知らぬ 命なりけり ~

(これからもずっとって約束するけれど明日からどうなるのか不安なんだ)

キミのことを好きになりすぎて不安でたまらないんだって匂宮が歌を詠んでから筆を浮舟に渡して返歌を求めるの。

~ 心をば 歎かざらまし 命のみ 定めなき世と 思はましかば ~

(寿命だけじゃなくて心だっていつどうなっちゃうかわからないわ……)

匂宮には浮舟が可愛らしく拗ねているように見えるのね。
「へぇ、誰に心変わりしちゃうの? 言ってみ?」
 名前は出さないけれど暗に薫のことを匂わせるのね。もちろん浮舟は答えに困っているんだけど、そんな姿も可愛らしくて仕方がない匂宮なの。

 夜になって従者が匂宮の所在をごまかすのも限界だって言ってきて、匂宮は名残惜しいけれど都に戻らなくてはならないの。

~ 世に知らず 惑ふべきかな 先に立つ 涙も道を かきくらしつつ ~

(涙で道が暗くなってこれからどうしたらいいかわからないよ)

帰り際も浮舟と離れることができない匂宮の歌なの。

~ 涙をも ほどなき袖に せきかねて いかに別れを とどむべき身ぞ ~

(小さい袖ではぬぐいきれない涙だわ。どうしたらお別れを止められるかしら)

浮舟も別れるのは悲しいみたいね。

昔は中の君に逢うために必死で通った都と宇治を結ぶ道だったのに今は別の女子と恋する道になったなぁなんて、自分と宇治との不思議な因縁だなと匂宮は感慨にふけったの。

暗い道

To be continued ✈✈✈

 浮舟から見れば匂宮はお世話になっているお姉さん異母姉の夫です。中の君さまに顔向けできないと最初は戸惑っていますが、気持ちは匂宮に傾いてきていますね。
 惚れっぽい匂宮の「横奪り恋」自身が歌に詠んだとおり暗い道を進むような恋。
 どうなるのでしょうか。

ひとりの女子に想いを寄せる男子がふたり
三角関係の元祖?! 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 45 これぞテッパン中の大テッパン! 
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 長き世を たのめてもなほ 悲しきは ただ明日知らぬ 命なりけり ~

    「キミのこと好きだけどどうなるかわからない」と詠った匂宮の歌

    ~ 心をば 歎かざらまし 命のみ 定めなき世と 思はましかば ~

    「わたしだってわからないわ」と返した浮舟の歌

    ~ 世に知らず 惑ふべきかな 先に立つ 涙も道を かきくらしつつ ~

    ~ 涙をも ほどなき袖に せきかねて いかに別れを とどむべき身ぞ ~

    離れたくない匂宮と浮舟が交わした恋の歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。