//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 幼い女三宮

2022-07-20chapter34-1第三十四帖,若菜上,朱雀院,女三宮,紫の上,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 34-1.それは水紋のように

    源氏物語 第三十四帖 若菜上(一)

episode 5. 幼い女三宮

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十三帖 藤裏葉(Chapter 33)まで Part 1 完結
  桐壺帝の第二皇子として産まれた光源氏は幼くして母を亡くし、報われない藤壺の宮への想いを埋めるかのように数々の女人とつきあい愛に彷徨います。

 兄である朱雀帝妃の朧月夜との密会の責任をとり謹慎生活を送っている須磨から明石に移り住み、明石の君と出逢い姫君が産まれます。源氏は都に戻り復職し、明石の君と姫君を京に呼び寄せます。また藤壺の宮が亡くなります。源氏は明石の姫君の将来のために身分の高い紫の上に養母になってもらいます。

 若いころに付き合っていて死別した夕顔の娘(父は内大臣)を養女として源氏は引き取ります。玉鬘と呼ばれる姫は美しく、都中の公達が求婚し、源氏までもが恋心を抱くようになりますが、源氏と藤壺の宮の子である冷泉帝の後宮に尚侍として上がることになります。しかし、玉鬘を諦めきれない髭黒大将が寝室に侵入し結婚してしまいました。

 源氏と正室の葵の上(故人)の息子である夕霧は幼なじみで従姉の雲居の雁と一緒に育ち、淡い恋心を抱いていましたが、雲居の雁の父の内大臣(元頭中将)に交際を反対され6年も引き離されていましたが、誠実に努力をして出世した夕霧を内大臣が認め、初恋を実らせようやくふたりは結婚しました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 34-1 若菜上(一) それは水紋のように 

第三十四帖 若菜上(一)(Chapter 34-1)第四話(episode 4)まで
 源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めるのですが、娘の女三宮のことが気がかりなので、誰かに嫁がせようと考えているようです。
 源氏は女三宮が藤壺の宮と血の繋がりがあることに興味を惹かれ結局結婚を承諾してしまいました。
 源氏の元に嫁いできた女三宮は子供っぽく頼りない印象の幼い少女でした。
 この結婚で紫の上は自身のこれからに絶望を味わいます。

episode 5. 幼い女三宮

【超訳】若菜上(一)
源氏 39〜40歳 紫の上 31〜32歳
女三宮おんなさんのみや 13〜14歳 
明石の御方 30〜31歳 明石女御あかしのにょうご 11〜12歳
夕霧 18〜19歳 柏木 23〜24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

初めて会った女三宮は可愛らしいんだけど、ただの幼い少女だったのね。だから紫の上がますます素晴らしく思えて源氏は必死で彼女のご機嫌をとろうとするのよ。
 三晩続けて通わないといけない結婚の儀式なのに、源氏は紫の上のところから離れようとしないのね。でも紫の上はまるで自分が女三宮のところへ行けないように引き留めていると周囲に誤解されたくないから、源氏が側にいるのにも困っているの。

 そこへ女三宮から和歌が届くんだけど、なんだかすごく子供っぽいのね。

~  はかなくて うはの空にぞ 消えぬべき 風に漂ふ 春のあは雪 ~

(殿がいらっしゃらないので、春の淡雪みたいにきえちゃいそうです)

「キミは何も心配しないで、安心していていいんだからね」
 源氏は紫の上にそう言い聞かせるの。

女三宮は身体つきや話の内容や趣味も本当に子供のままで、趣味の良い朱雀院がなんでこんな風に娘を育てたんだ? と源氏も首をかしげるの。

 そしてこうなると、源氏はたった一晩離れていても恋しくなる紫の上の魅力に気づかされるの。逢いたくてたまらない、ますます愛おしい。皮肉なことに源氏の紫の上への愛情は深まるばかりなのよね。

暗雲

姫宮のことが心配な朱雀院は紫の上に手紙を出すのね。
「未熟な娘をどうかよろしくお願いします」

 そんな内容の手紙に紫の上は恐縮しちゃうの。けれども源氏もきちんとお返事を書くようにと言うので、紫の上は心をこめてお返事をしたのね。するとそのお手紙があまりにも素晴らしいので、こんなカンペキな奥さんが側にいるんじゃ幼稚な姫宮がますます心配だって朱雀院のお悩みも深まるばかりのようなのよね。

第三十四帖 若菜上(一)

Chapter 34-1 それは水紋のように
 episode 1. 朱雀院の悩み
 episode 2. 女三宮の結婚
 episode 3. 源氏の後悔
 episode 4. 紫の上の絶望
 episode 5. 幼い女三宮

To be continued ✈✈✈

 夕霧や明石女御が結婚して自身も出世を極めた源氏は、悠々自適のセカンドライフを送るつもりでした。そこに降ってわいた結婚話。
 この女三宮降嫁という出来事が物語の第二部で大きく大きく源氏の人生に影響していきます。一滴の滴が水紋のようにひろがっていきます。
 女三宮との結婚で紫の上の魅力を再認識するのがなんとも皮肉です。

 幼い少女の「正室」女三宮と美しく優しく賢いカンペキ妻の紫の上の物語。ひとしずくの水紋はまだまだ広がっていくようです。

 この三十四帖【若菜上】は源氏物語オリジナルでとてもボリュームがあります。1000文字程度で区切ると10以上のセクションになるのですが、今後のカギとなるエピソードが多数登場するのでChapter を若菜上(一)(二)(三)、それぞれを4~5episode に分けてご案内します。
 なるべくわかりやすくお伝えしていきます。お付き合いくださいね。

始まったばかりの第二部
……、不安しか感じない…………

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 26 タメイキの第二部開幕
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~  はかなくて うはの空にぞ 消えぬべき 風に漂ふ 春のあは雪 ~

    女三宮が訪れのない六条の院(源氏)に贈った歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。