//CSS rules to specify families //CSS //JS

GENJI 和歌 Collection Part 2-2(御法~幻)

2022-04-30GENJI 和歌和歌一覧,和歌検索,和歌,リスト,光源氏,源氏物語,紫式部

1日1000文字源氏物語

GENJI 和歌 Collection List

  第二部 幾重にも広がる恋の水紋
        Part 2-2(御法みのり~幻)

Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

お気楽お気軽源氏物語ワールドにようこそ!!
「1000文字源氏物語」倶楽部の管理人のりらです。

全54巻の大長編小説の源氏物語。
実は800首あまりの和歌が綴られているのです。
登場人物がそのときの心情を和歌に詠みこんでいるのです。

800首すべてはご紹介できませんが、episode で紹介した和歌リストです。
登場した帖(Chapter)ごとや詠み人別にまとめました。
歌が詠まれたepisodeへのリンクも貼りました。

お好きな和歌、気になる歌を探してみてください。

【超訳】1日1000文字源氏物語

第二部 幾重にも広がる恋の水紋

Part 2-2  御法みのり ~ 幻 

和歌 Collection リスト

登場順 帖ごと(By Chapter)

Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ 惜しからぬ この身ながらも 限りとて 
       たきぎ尽きなん ことの悲しさ ~

  紫の上

~ 惜しからぬ この身ながらも 限りとて 
   たきぎ尽きなん ことの悲しさ ~

  紫の上

~ 薪こる 思ひは今日を 初めにして 
       この世に願ふ のりぞはるけき ~

  明石御方

~ 薪こる 思ひは今日を 初めにして 
   この世に願ふ のりぞはるけき ~

  明石御方

~ 絶えぬべき 御法みのりながらぞ 頼まるる 
       世々にと結ぶ 中の契りを ~

  紫の上

~ 絶えぬべき 御法みのりながらぞ 頼まるる 
   世々にと結ぶ 中の契りを ~

  紫の上

~ 結びおく 契りは絶えじ おほかたの 
       残り少なき 御法みのりなりとも ~

  花散里の君

~ 結びおく 契りは絶えじ おほかたの 
   残り少なき 御法みのりなりとも ~

  花散里の君


~ おくと見る ほどぞはかなき ともすれば 
       風に乱るる 萩の上露 ~

  紫の上

~ おくと見る ほどぞはかなき ともすれば 
   風に乱るる 萩の上露 ~

  紫の上

~ ややもせば 消えを争ふ 露の世に 
       おくれ先きだつ 程へずもがな ~

  六条院(源氏)

~ ややもせば 消えを争ふ 露の世に 
   おくれ先きだつ 程へずもがな ~

  六条院(源氏)

~ 秋風に しばし留まらぬ 露の世を 
       たれか草葉の 上とのみ見ん ~

  明石中宮

~ 秋風に しばし留まらぬ 露の世を 
   たれか草葉の 上とのみ見ん ~

  明石中宮


~ いにしへの 秋の夕べの 恋しきに 
       今はと見えし 明けれの夢 ~

  夕霧大将

~ いにしへの 秋の夕べの 恋しきに 
   今はと見えし 明けれの夢 ~

  夕霧大将

~ いにしへの 秋さへ今の ここちして 
       れにし袖に 露ぞ置き添ふ ~

  前太政大臣さきのおおきおとど(元内大臣)

~ いにしへの 秋さへ今の ここちして 
   れにし袖に 露ぞ置き添ふ ~

  前太政大臣さきのおおきおとど(元内大臣)

~ 露けさは 昔今とも 思ほえず 
       おほかた秋の 世こそつらけれ ~

  六条院(源氏)

~ 露けさは 昔今とも 思ほえず 
   おほかた秋の 世こそつらけれ ~

  六条院(源氏)

~ 枯れはつる 野べをうしとや 亡き人の 
       秋に心を とどめざりけん ~

  秋好中宮あきこのむのちゅぐう

~ 枯れはつる 野べをうしとや 亡き人の 
   秋に心を とどめざりけん ~

  秋好中宮あきこのむのちゅぐう

~ 昇りにし 雲井ながらも 返り見よ 
       われ飽きはてぬ 常ならぬ世に ~

  六条院(源氏)

~ 昇りにし 雲井ながらも 返り見よ 
   われ飽きはてぬ 常ならぬ世に ~

  六条院(源氏)

Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ 光なき 谷には春も よそなれば 
       咲きてとく散る もの思もひもなし ~
   清原深養父(古今集)

~ 光なき 谷には春も よそなれば 
   咲きてとく散る もの思もひもなし ~

  清原深養父きよはらのふかやぶ(古今集)

~ 深草の 野辺の桜し 心あらば 
       今年ばかりは 墨染に咲け ~
   上野岑雄かみつけのみねお(古今集)

~ 深草の 野辺の桜し 心あらば 
   今年ばかりは 墨染に咲け ~

  上野岑雄かみつけのみねお(古今集)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
       いづくもつひの とこよならぬに ~

  六条院(源氏)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
   いづくもつひの とこよならぬに ~

  六条院(源氏)

~ かりがゐし 苗代水の 絶えしより 
   うつりし花の 影をだに見ず ~

  明石御方

~ かりがゐし 苗代水の 絶えしより 
       うつりし花の 影をだに見ず ~

  明石御方


~ 夏ごろも たちかへてける 今日ばかり 
       古き思ひも すすみやはする ~

  花散里の君

~ 夏ごろも たちかへてける 今日ばかり 
   古き思ひも すすみやはする ~

  花散里の君

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
       空蝉の世ぞ いとど悲しき ~

  六条院(源氏)

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
   空蝉の世ぞ いとど悲しき ~

  六条院(源氏)

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
       濡れてや来つる 山ほととぎす ~

  六条院(源氏)

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
   濡れてや来つる 山ほととぎす ~

  六条院(源氏)

~ 郭公ほととぎす 君につてなん 古さとの 
       花橘は 今盛りぞと ~

  夕霧大将

~ 郭公ほととぎす 君につてなん 古さとの 
   花橘は 今盛りぞと ~

  夕霧大将

~ 君恋ふる 涙ははても なきものを 
       今日をば何の はてといふらん ~

  中将の君(紫の上の女房)

~ 君恋ふる 涙ははても なきものを 
   今日をば何の はてといふらん ~

  中将の君(紫の上の女房)

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
       残り多かる 涙なりけり 〜

  六条院(源氏)

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
   残り多かる 涙なりけり 〜

  六条院(源氏)


~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
       同じ雲居の 煙とをなれ ~

  六条院(源氏)

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
   同じ雲居の 煙とをなれ ~

  六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
       年も我が世も 今日や尽きぬる ~

  六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
   年も我が世も 今日や尽きぬる ~

  六条院(源氏)

【別冊】GENJI
topics 37 . キミがいない世界

~ わが宿は 花もてはやす 人もなし 
       何にか春の 訪ねきつらん ~
   六条院(源氏)

~ わが宿は 花もてはやす 人もなし 
   何にか春の 訪ねきつらん ~
  六条院(源氏)

キミなき春

~ 憂き世には 雪消えなむと 思ひつつ 
       思ひの外に なほぞほどふる ~
   六条院(源氏)

~ 憂き世には 雪消えなむと 思ひつつ 
   思ひの外に なほぞほどふる ~
  六条院(源氏)

雪の日の懺悔

~ 植て見し 花の主人あるじも なき宿に 
       知らず顔にて 来居る鶯 ~
   六条院(源氏)

~ 植て見し 花の主人あるじも なき宿に 
   知らず顔にて 来居る鶯 ~
  六条院(源氏)

キミなき二月

~ 今はとて 荒しや果てむ 亡き人の 
       心とどめし 春の垣根を ~
   六条院(源氏)

~ 今はとて 荒しや果てむ 亡き人の 
   心とどめし 春の垣根を ~
  六条院(源氏)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
       いづくもつひの とこよならぬに ~
   六条院(源氏)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
   いづくもつひの とこよならぬに ~
  六条院(源氏)

キミなき三月

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
       空蝉の世ぞ いとど悲しき ~
   六条院(源氏)

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
   空蝉の世ぞ いとど悲しき ~
  六条院(源氏)

キミなき四月

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
       濡れてや来つる 山ほととぎす ~
   六条院(源氏)

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
   濡れてや来つる 山ほととぎす ~
  六条院(源氏)

キミなき五月

~ つれづれと わが鳴き暮らす 夏の日を 
       かことがましき 虫の声かな ~
   六条院(源氏)

~ つれづれと わが鳴き暮らす 夏の日を 
   かことがましき 虫の声かな ~
  六条院(源氏)

~ 夜を知る 蛍を見ても 悲しきは 
       時ぞともなき 思ひなりけり ~
   六条院(源氏)

~ 夜を知る 蛍を見ても 悲しきは 
   時ぞともなき 思ひなりけり ~
  六条院(源氏)

キミなき六月

~ 七夕の 逢う瀬は雲の よそに見て 
       別れの庭に 露ぞおきそふ ~
   六条院(源氏)

~ 七夕の 逢う瀬は雲の よそに見て 
   別れの庭に 露ぞおきそふ ~
  六条院(源氏)

キミなき七夕

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
       残り多かる 涙なりけり 〜
   六条院(源氏)

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
   残り多かる 涙なりけり 〜
  六条院(源氏)

キミなき八月

〜 もろともに おきゐし菊の 朝露も
       ひとりたもとに かかる秋かな 〜
   六条院(源氏)

〜 もろともに おきゐし菊の 朝露も
   ひとりたもとに かかる秋かな 〜
  六条院(源氏)

キミなき九月

~ 大空を かよふ幻 夢にだに 
       見えこぬたまの 行く方尋ねよ ~
   六条院(源氏)

~ 大空を かよふ幻 夢にだに 
   見えこぬたまの 行く方尋ねよ ~
  六条院(源氏)

キミなき十月

~ 宮人は 豊の明りに いそぐ今日けふ 
       日かげも知らで 暮らしつるかな ~
   六条院(源氏)

~ 宮人は 豊の明りに いそぐ今日けふ 
   日かげも知らで 暮らしつるかな ~
  六条院(源氏)

キミなき十一月

~ 死出の山 超えにし人を 慕ふとて 
       跡を見つつも なほまどふかな ~
   六条院(源氏)

~ 死出の山 超えにし人を 慕ふとて 
   跡を見つつも なほまどふかな ~
  六条院(源氏)

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
       同じ雲居の 煙とをなれ ~
   六条院(源氏)

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
   同じ雲居の 煙とをなれ ~
  六条院(源氏)

キミなき十二月

~ 春までの 命も知らず 雪のうちに 
       色づく梅を 今日かざしてむ ~
   六条院(源氏)

~ 春までの 命も知らず 雪のうちに 
   色づく梅を 今日かざしてむ ~
  六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
       年も我が世も 今日や尽きぬる ~
   六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
   年も我が世も 今日や尽きぬる ~
  六条院(源氏)

キミなき年末

詠み人別 By Characters

紫の上 & 源氏

Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ 惜しからぬ この身ながらも 限りとて 
       たきぎ尽きなん ことの悲しさ ~

  紫の上

Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ 惜しからぬ この身ながらも 限りとて 
   たきぎ尽きなん ことの悲しさ ~

  紫の上

~ 薪こる 思ひは今日を 初めにして 
       この世に願ふ のりぞはるけき ~

  明石御方

~ 薪こる 思ひは今日を 初めにして 
   この世に願ふ のりぞはるけき ~

  明石御方

~ 絶えぬべき 御法みのりながらぞ 頼まるる 
       世々にと結ぶ 中の契りを ~

  紫の上

~ 絶えぬべき 御法みのりながらぞ 頼まるる 
   世々にと結ぶ 中の契りを ~

  紫の上

~ 結びおく 契りは絶えじ おほかたの 
       残り少なき 御法みのりなりとも ~

  花散里の君

~ 結びおく 契りは絶えじ おほかたの 
   残り少なき 御法みのりなりとも ~

  花散里の君


Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ おくと見る ほどぞはかなき ともすれば 
       風に乱るる 萩の上露 ~

  紫の上

Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ おくと見る ほどぞはかなき ともすれば 
   風に乱るる 萩の上露 ~

  紫の上

~ ややもせば 消えを争ふ 露の世に 
       おくれ先きだつ 程へずもがな ~

  六条院(源氏)

~ ややもせば 消えを争ふ 露の世に 
   おくれ先きだつ 程へずもがな ~

  六条院(源氏)

~ 秋風に しばし留まらぬ 露の世を 
       たれか草葉の 上とのみ見ん ~

  明石中宮

~ 秋風に しばし留まらぬ 露の世を 
   たれか草葉の 上とのみ見ん ~

  明石中宮

   源氏


Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ いにしへの 秋さへ今の ここちして 
       れにし袖に 露ぞ置き添ふ ~

  前太政大臣さきのおおきおとど(元内大臣)

Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ いにしへの 秋さへ今の ここちして 
   れにし袖に 露ぞ置き添ふ ~

  前太政大臣さきのおおきおとど(元内大臣)

~ 露けさは 昔今とも 思ほえず 
       おほかた秋の 世こそつらけれ ~

  六条院(源氏)

~ 露けさは 昔今とも 思ほえず 
   おほかた秋の 世こそつらけれ ~

  六条院(源氏)

~ 枯れはつる 野べをうしとや 亡き人の 
       秋に心を とどめざりけん ~

  秋好中宮あきこのむのちゅぐう

~ 枯れはつる 野べをうしとや 亡き人の 
   秋に心を とどめざりけん ~

  秋好中宮あきこのむのちゅぐう

~ 昇りにし 雲井ながらも 返り見よ 
       われ飽きはてぬ 常ならぬ世に ~

  六条院(源氏)

~ 昇りにし 雲井ながらも 返り見よ 
   われ飽きはてぬ 常ならぬ世に ~

  六条院(源氏)


Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ 深草の 野辺の桜し 心あらば 
       今年ばかりは 墨染に咲け ~
   上野岑雄かみつけのみねお(古今集)

Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ 深草の 野辺の桜し 心あらば 
   今年ばかりは 墨染に咲け ~

  上野岑雄かみつけのみねお(古今集)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
       いづくもつひの とこよならぬに ~

  六条院(源氏)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
   いづくもつひの とこよならぬに ~

  六条院(源氏)

~ かりがゐし 苗代水の 絶えしより 
   うつりし花の 影をだに見ず ~

  明石御方

~ かりがゐし 苗代水の 絶えしより 
       うつりし花の 影をだに見ず ~

  明石御方


Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ 夏ごろも たちかへてける 今日ばかり 
       古き思ひも すすみやはする ~

  花散里の君

Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ 夏ごろも たちかへてける 今日ばかり 
   古き思ひも すすみやはする ~

  花散里の君

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
       空蝉の世ぞ いとど悲しき ~

  六条院(源氏)

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
   空蝉の世ぞ いとど悲しき ~

  六条院(源氏)

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
       濡れてや来つる 山ほととぎす ~

  六条院(源氏)

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
   濡れてや来つる 山ほととぎす ~

  六条院(源氏)

~ 郭公ほととぎす 君につてなん 古さとの 
       花橘は 今盛りぞと ~

  夕霧大将

~ 郭公ほととぎす 君につてなん 古さとの 
   花橘は 今盛りぞと ~

  夕霧大将

~ 君恋ふる 涙ははても なきものを 
       今日をば何の はてといふらん ~

  中将の君(紫の上の女房)

~ 君恋ふる 涙ははても なきものを 
   今日をば何の はてといふらん ~

  中将の君(紫の上の女房)

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
       残り多かる 涙なりけり 〜

  六条院(源氏)

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
   残り多かる 涙なりけり 〜

  六条院(源氏)


Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
       同じ雲居の 煙とをなれ ~

  六条院(源氏)

Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
   同じ雲居の 煙とをなれ ~

  六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
       年も我が世も 今日や尽きぬる ~

  六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
   年も我が世も 今日や尽きぬる ~

  六条院(源氏)


【別冊】GENJI topics 37. キミがいない世界

~ わが宿は 花もてはやす 人もなし 
       何にか春の 訪ねきつらん ~
   六条院(源氏)

【別冊】GENJI topics 37. キミがいない世界

~ わが宿は 花もてはやす 人もなし 
   何にか春の 訪ねきつらん ~
  六条院(源氏)

キミなき春

~ 憂き世には 雪消えなむと 思ひつつ 
       思ひの外に なほぞほどふる ~
   六条院(源氏)

~ 憂き世には 雪消えなむと 思ひつつ 
   思ひの外に なほぞほどふる ~
  六条院(源氏)

雪の日の懺悔

~ 植て見し 花の主人あるじも なき宿に 
       知らず顔にて 来居る鶯 ~
   六条院(源氏)

~ 植て見し 花の主人あるじも なき宿に 
   知らず顔にて 来居る鶯 ~
  六条院(源氏)

キミなき二月

~ 今はとて 荒しや果てむ 亡き人の 
       心とどめし 春の垣根を ~
   六条院(源氏)

~ 今はとて 荒しや果てむ 亡き人の 
   心とどめし 春の垣根を ~
  六条院(源氏)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
       いづくもつひの とこよならぬに ~
   六条院(源氏)

~ 泣く泣くも 帰りにしかな 仮の世は 
   いづくもつひの とこよならぬに ~
  六条院(源氏)

キミなき三月

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
       空蝉の世ぞ いとど悲しき ~
   六条院(源氏)

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 
   空蝉の世ぞ いとど悲しき ~
  六条院(源氏)

キミなき四月

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
       濡れてや来つる 山ほととぎす ~
   六条院(源氏)

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 
   濡れてや来つる 山ほととぎす ~
  六条院(源氏)

キミなき五月

~ つれづれと わが鳴き暮らす 夏の日を 
       かことがましき 虫の声かな ~
   六条院(源氏)

~ つれづれと わが鳴き暮らす 夏の日を 
   かことがましき 虫の声かな ~
  六条院(源氏)

~ 夜を知る 蛍を見ても 悲しきは 
       時ぞともなき 思ひなりけり ~
   六条院(源氏)

~ 夜を知る 蛍を見ても 悲しきは 
   時ぞともなき 思ひなりけり ~
  六条院(源氏)

キミなき六月

~ 七夕の 逢う瀬は雲の よそに見て 
       別れの庭に 露ぞおきそふ ~
   六条院(源氏)

~ 七夕の 逢う瀬は雲の よそに見て 
   別れの庭に 露ぞおきそふ ~
  六条院(源氏)

キミなき七夕

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
       残り多かる 涙なりけり 〜
   六条院(源氏)

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど
   残り多かる 涙なりけり 〜
  六条院(源氏)

キミなき八月

〜 もろともに おきゐし菊の 朝露も
       ひとりたもとに かかる秋かな 〜
   六条院(源氏)

〜 もろともに おきゐし菊の 朝露も
   ひとりたもとに かかる秋かな 〜
  六条院(源氏)

キミなき九月

~ 大空を かよふ幻 夢にだに 
       見えこぬたまの 行く方尋ねよ ~
   六条院(源氏)

~ 大空を かよふ幻 夢にだに 
   見えこぬたまの 行く方尋ねよ ~
  六条院(源氏)

キミなき十月

~ 宮人は 豊の明りに いそぐ今日けふ 
       日かげも知らで 暮らしつるかな ~
   六条院(源氏)

~ 宮人は 豊の明りに いそぐ今日けふ 
   日かげも知らで 暮らしつるかな ~
  六条院(源氏)

キミなき十一月

~ 死出の山 超えにし人を 慕ふとて 
       跡を見つつも なほまどふかな ~
   六条院(源氏)

~ 死出の山 超えにし人を 慕ふとて 
   跡を見つつも なほまどふかな ~
  六条院(源氏)

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
       同じ雲居の 煙とをなれ ~
   六条院(源氏)

~ かきつめて 見るもかひなし 藻塩草 
   同じ雲居の 煙とをなれ ~
  六条院(源氏)

キミなき十二月

~ 春までの 命も知らず 雪のうちに 
       色づく梅を 今日かざしてむ ~
   六条院(源氏)

~ 春までの 命も知らず 雪のうちに 
   色づく梅を 今日かざしてむ ~
  六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
       年も我が世も 今日や尽きぬる ~
   六条院(源氏)

~ 物ふと 過ぐる月日も 知らぬ間に 
   年も我が世も 今日や尽きぬる ~
  六条院(源氏)

キミなき年末

   夕霧

Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ いにしへの 秋の夕べの 恋しきに 
       今はと見えし 明けれの夢 ~

  夕霧大将

Chapter 40. 消えゆく紫の露 (御法みのり

~ いにしへの 秋の夕べの 恋しきに 
   今はと見えし 明けれの夢 ~

  夕霧大将

   女三宮  

Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ 光なき 谷には春も よそなれば 
       咲きてとく散る もの思もひもなし ~
   清原深養父(古今集)

Chapter 41. 思慕、痛恨、後悔、懺悔 (幻)

~ 光なき 谷には春も よそなれば 
   咲きてとく散る もの思もひもなし ~

  清原深養父きよはらのふかやぶ(古今集)

源氏物語ワールドに いってらっしゃい ✈✈✈

bon voyage!!

GENJI 和歌 Collection Part 2-2 40. 御法 ~ 41. 幻

このページでご紹介した和歌
36

GENJI 和歌 Collection   1. 桐壺 ~ 41. 幻

今までの【超訳】GENJI でご紹介した和歌
231

千年前のわたしたちの国の物語
楽しんでいただけたら嬉しいです。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。