//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 中の君、二条院へ

2022-07-20chapter48第四十八帖,宇治,宇治十帖,早蕨,大君,中の君,八の宮,匂宮,,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 48.宇治から都へ

    源氏物語 第四十八帖 早蕨さわらび

episode 2. 中の君、二条院へ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十七帖 総角あげまき(Chapter 47)まで
  薫は大君へ「ずっと一緒にいたいんだ」と恋の歌を贈りますが、大君に応えてもらえません。そこで薫は先に匂宮と中の君を結婚させようと計画し、匂宮は作戦どおり中の君と結婚します。匂宮は中の君の魅力に夢中になります。ただ匂宮の母の明石の中宮はこの結婚に反対で夕霧の娘との婚約を進めようとしています。

 この噂を聞いた大君はショックを受け寝込んでしまいます。徐々に弱っていき薫に看取られながら息を引き取ります。薫は哀しみのあまり仕事もせずに宇治に引きこもってしまいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 48 早蕨さわらび 宇治から都へ 

第四十八帖 早蕨さわらび(Chapter 48)第一話(episode 1)まで
 父に続いて姉まで失った中の君の悲しみは癒えることがありません。同じく最愛の大君を亡くした薫も辛い気持ちを匂宮に打ち明けます。薫のあまりの哀しみ様に匂宮はもらい泣きするほどです。
 また匂宮は宇治の中の君のところに通うのが難しいので、自宅の二条院に迎える準備を始めます。

episode 2. 中の君、二条院へ

【超訳】早蕨さわらび 宇治十帖
 薫 25歳 匂宮におうのみや 26歳
 中の君 25歳
 夕霧 51歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

2月になり大君の服喪期間(喪中)も終わり、二条院への引っ越しを翌日に控えた日に薫は宇治の山荘を訪れるの。中の君の衣装やご祝儀の品などの用意もしてあげるの。本当は自分もこうして大君を妻として都に迎えたかったのに、結局は大君からは友人以上には想ってもらえなかったんだなって薫は残念に思うの。
 自分も二条院の近くに引っ越すから何でも相談にのるよと中の君に話すんだけれど、まだ中の君は宇治を離れたくなくて沈んでいるの。

~ 見る人も あらしにまよふ 山里に 昔覚ゆる 花の香ぞする ~

(もうこの梅の花を見る人もいなくなるのに、昔を思い出させる梅の香りがするわね)

中の君がそんな歌を詠むの。

~ 袖ふれし 梅は変はらぬ にほひにて ねごめうつろふ 宿やことなる ~

(今も昔も変わらない梅の香りだけれど(あなたの美しさは変わらないけれど)、引っ越してしまう先は他のオトコのところだよね……)

弁の君は年をとっているので晴れがましい都には戻らず、髪を下ろして尼になって、山荘に残ることにするの。薫は大君を失ってしまうくらいなら彼女もいっそ尼にして、そうしたらその功徳で今も生きていてくれたかもしれないのにとまた後悔をするの。

~ 身を投げん 涙の川に 沈みても 恋しき瀬々に 忘れしもせじ ~

(涙の川に身を投げて沈んだとしても、大君を恋したときのことは忘れられないんだ)

 弁の君と大君のことを偲びながら、いったいいつになったら心が癒えるんだろう、きっと終わりなくいつまでもこんな気持ちでいるんだろう、って話したの。

翌日、匂宮がよこしたお迎えの人たちで山荘が賑やかになるの。本当は匂宮自身が迎えに来たかったんだけれど、大げさになってしまうので都で待つことにしたみたいね。薫も使者を行かせたり、必要なものを用意してあげたの。ウキウキはしゃいでいる女房達と沈み込んでいる中の君が対照的なの。

 とても遠く険しい山道を越えて都へ向かうので、中の君はこんなに遠くまで大変な思いをして匂宮は通ってきてくれていたんだわ、たまにしか来られなかったのも無理はないわって思うの。

牛車

中の君を迎える二条院は煌びやかなお屋敷で、調度品インテリアも立派で素晴らしいの。匂宮は中の君の到着を今か今かと待っていて、自分で中の君を車から抱きおろしてあげるの。この結婚話を聞いた人々は最初は「匂宮の愛人」としか思っていなかったんだけど、あの匂宮がここまでするのだから中の君はよほど素晴らしい女性ヒトなんだろう、「立派な奥さま」とウワサしあうの。

 薫も火事で焼けてしまった三条の宮(女三宮の屋敷)を新築中で匂宮の二条院のすぐ近くなの。中の君が無事二条院に輿入れした報告を聞いて、薫は安心しながらも大君ゆかりの姫君を完全に匂宮に渡してしまった寂しさとで複雑な気持ちだったみたいね。

To be continued ✈✈✈

 源氏が紫の上と暮らした二条院を匂宮は譲り受けました。その二条院自宅に中の君を迎えました。最初は自宅の近くに中の君の家を用意するなんてことも言っていましたが自宅に招いたということは「愛人」ではなく「奥様」という位置づけになりますね。思いつく限りの心遣いで中の君を迎えました。中の君の部屋はもちろんのことお付きの女房達の部屋まで気を配りました。牛車から抱き下ろしてあげるのは最上級の出迎え方です。
 これで匂宮は宇治への通い婚から解放されることになりましたね。
 宇治を離れたくなかった中の君ですが、都と宇治の道中の険しさには驚いたようです。

源氏と紫の上が愛を育んだ二条院
匂宮と中の君の新しい二条院

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 43 愛と想い出の家
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 見る人も あらしにまよふ 山里に 昔覚ゆる 花の香ぞする ~

    大君との想い出の詰まった宇治を離れたくない中の君が詠んだ歌

    ~ 袖ふれし 梅は変はらぬ にほひにて ねごめうつろふ 宿やことなる ~

    匂宮のところに行ってしまう中の君を想って薫が詠んだ歌

    ~ 身を投げん 涙の川に 沈みても 恋しき瀬々に 忘れしもせじ ~

    亡くなった大君を今も想う薫の恋の歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。