//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 薫の手紙と浮舟の生きる道

2022-07-20chapter54最終巻,第五十四帖,宇治,宇治十帖,夢浮橋,,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 54. これからの道

    源氏物語 第五十四帖 夢浮橋ゆめのうきはし

episode 3.薫の手紙と浮舟の生きる道

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十三帖 手習てならい(Chapter 53)まで
 横川の僧都という僧侶が宇治で身元不明の姫を助けます。僧侶の妹尼が献身的に看病し、僧都が姫に憑りついていた物の怪を退散させます。正気を取り戻した姫は浮舟でした。
 浮舟は死にきれなかったことを嘆きます。妹尼の詮索にも答えません。

 二度と恋愛したくない浮舟は横川の僧都に頼み込み出家して俗世を捨てます。
 明石中宮は横川の僧都から浮舟が生きていることを知り、今も浮舟を偲んで悲しんでいる薫に浮舟の事を伝えます。薫はとても驚きます。そして匂宮も知っているのではないか、浮舟は他の男と恋仲なのではないかなど戸惑いを隠せません。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 54 夢浮橋ゆめのうきはし これからの道 

第五十四帖 夢浮橋ゆめのうきはし(Chapter 54)第二話(episode 2)まで
 浮舟が生きていると知らされた薫は横川の僧都を訪ねます。横川の僧都から妹尼が世話している姫の話を聞き、自分が探している浮舟だと涙を流します。
 ひとまず浮舟の弟の小君を使いにやることにします。横川の僧都からも浮舟に手紙が届き、「還俗して薫と夫婦に戻ってはどうか」と書かれてあります。浮舟は薫に知られてしまったと怯えます。訪ねてきた小君にも会おうとはせず、「人違いだと思います」と伝えます。

episode 3. 薫の手紙と浮舟の生きる道

【超訳】夢浮橋ゆめのうきはし 宇治十帖
 薫 28歳 浮舟 23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

事態が進まないので、妹尼が小君を屋敷内に入れて話を聞くの。薫からの手紙を直接浮舟に手渡したいって小君が言うので、妹尼は浮舟を几帳のそばまで連れてきて受け取らせるの。小君は(薫への)お返事をいただきたいって浮舟に伝えるの。
 薫からの手紙は懐かしい筆跡で、紙の香りもとっても高級なの。ちらっと覗き見する妹尼にも美しい手紙だってわかったみたいよ。

「尼になってしまったって聞いたよ。あのこと(匂宮とのこと)も行方をくらましたことも出家したことも何もかも許すよ。僕の悲しみがどんなだったか話がしたいんだ」
 罪つくりなことをしたけれど、すべて水に流して話がしたいって書いてあるの。

~ のりの師と 尋ぬる道を しるべにて 思はぬ山に 踏み惑ふかな ~

(仏法の師匠と仰いで僧都を道しるべにきたけれど、思いがけない恋の山に迷ってしまった)

さすがに浮舟も感極まって涙を流すの。でもいまさら薫の前にのこのこと出ていくことなんてできないと思う浮舟はこんな手紙に心当たりはありませんって答えてしまうの。

それはあまりにも失礼なんじゃないかしら? って妹尼が言うんだけれど、浮舟は顔を伏せてしまうの。仕方ないので妹尼は小君にありのままのことを薫に伝えてと話すの。結局小君は浮舟の顔を見ることができないまま、都に戻って行ったの。

薫は小君が帰ってくるのをいまかいまかと待っていたんだけれど、小君の話を聞いて心底がっかりしちゃうの。
 こんなことなら直接行けばよかった、いや待てよ、昔の自分みたいに今は別の男が浮舟をそこで匿っているんじゃないの? と薫はあれこれ気を揉むのよね。

道
これからの道

 ……そんな風に物語の本には書いてあるらしいわ。

第五十四帖 夢浮橋ゆめのうきはし

Chapter 54 これからの道
 episode 1. 浮舟の元へ
 episode 2. 人違いだと思います
 episode 3. 薫の手紙と浮舟の生きる道

 源氏物語 完

 今までのことはすべて許すから話をしようと書いた薫の手紙を浮舟は拒否しました。
 この時代、女性の生き方は限られていました。男性と結婚して庇護を受ける以外の道はあまりなかったのかもしれません。

 源氏物語全体を思い返すと藤壺の宮が夫である桐壺院が亡くなったあとに源氏の想いを拒んで我が子の冷泉帝を守るために出家しました。
 源氏の従姉弟の朝顔の君は源氏からのプロポーズを受けず、自身の意思で出家しました。
 朧月夜は朱雀院の妻でありながら源氏とも付き合いを続け、朱雀院が出家したあとしばらくして出家しました。
 紫の上は朧月夜や女三宮の件で傷つき源氏のそばを離れる決意をし、出家したいと源氏に願い出ましたが、最後まで出家させてもらえませんでした。
 そして最後のヒロイン浮舟の選んだ道です。匂宮とのことは過ちだった。薫が許してくれると言っても自分自身が恥ずかしい。いままでは浮舟のように流されてきた人生だったけれど、これからは自分の意思で歩いていく。そのための出家なのだと。

 源氏物語の時代から千年。女性も人生においてさまざまな選択肢を選べるようになりました。千年も読み継がれ、多くの学者が研究し、世界の多くの言語に翻訳されています。物語の絵巻も国宝です。

いよいよ源氏物語最終巻!!
世界最古の小説のグランドフィナーレ! 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 49 源氏フィナーレ!
  • 【別冊】GENJI
    topics 50 え? 続編?! 
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ のりの師と 尋ぬる道を しるべにて 思はぬ山に 踏み惑ふかな ~

    薫が浮舟にあてて詠んだ歌(源氏物語最後の和歌)

     源氏物語が完結しました。長い連載にお付き合いくださり、心から感謝いたします。
     全五十四帖からなる大長編。4人の帝の御代、70年に及ぶ大河ドラマでした。千年前の物語を少しでも身近に楽しめるように【超訳】しました。お気楽にお気軽に楽しんでいただけると嬉しいです。

    よかったらサイト内のいろいろなセクションをクルーズしてみてください。

    クルーズクルーズクルーズ

    サイト内案内&リンク集

    気になるキーワードなどでも検索できます。

    ✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。