//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 薫の涙

2022-07-20chapter52第五十二帖,宇治川,自死,宇治,宇治十帖,蜻蛉,大君,中の君,匂宮,,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 52. 激流の果て

    源氏物語 第五十二帖 蜻蛉かげろう

episode 2. 薫の涙

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十一帖 浮舟(Chapter 51)まで
  自宅で出会った姫が薫の恋人であると匂宮は突きとめ、薫が囲っている宇治まで乗り込み浮舟と強引に関係を持ってしまいます。浮舟も薫に申し訳ないと思いながらも匂宮にも惹かれてしまいます。将来のことも考え責任を持とうとしてくれる誠実な薫と激情的な行動で心を惑わせる匂宮のあいだで浮舟は三角関係に苦悩します。

 匂宮は薫から浮舟を奪おうとし、匂宮と浮舟の関係を知った薫はふたりを逢わせないように宇治の山荘を武士で武装します。どちらかを選ぶと選ばなかった方を傷つけると考えた浮舟は自身が消えてしまおうと決断し、辞世の句を詠みます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 52 蜻蛉かげろう 激流の果て

第五十二帖 蜻蛉かげろう(Chapter 52)第一話(episode 1)まで
 浮舟の姿が見えず、辞世の句を見た女房たちは浮舟が宇治川に身を投げたのではと心配します。山荘の従者たちは三角関係のことや自死のことを明かさずに「病死した」ことにして葬儀をとりおこないます。
 匂宮も薫も最初はお互いが浮舟を隠して死んだことにしているのではと疑います。

episode 2. 薫の涙

【超訳】蜻蛉かげろう 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

匂宮は正気を失ったように数日を過ごしたの。病気ということにしているけれど、あまりの落ち込みように周囲は何事かって心配しているわね。匂宮の様子を聞いた薫もやっぱり浮舟とは深い仲だったんだなって確信するの。

 皆が匂宮の見舞いに行っているのに自分だけ行かないのもヘンに思われると思った薫は夕暮れに匂宮を訪ねるの。淡々とお見舞いの言葉を言う薫の姿にどうしてそんなにも取り乱さずクールでいられるのかって匂宮は思うの。

「さすが悟り切ってるお前は世の中のことに冷静なんだな」
 でも薫も浮舟のことを話し始めると涙をこらえることができなくなったの。

「大君の妹で僕の恋人だった人が亡くなったんだ。身分が低いからね、妻にはできなくても一生大切にするつもりだった彼女が亡くなったんだ」
 薫の涙はとめどなく流れるの。匂宮はそしらぬふりをするの。

「ああ、その人のことなら昨日ちらっと聞いたっけな……」
 そんな風に言いながらも初めて見た薫の涙に匂宮も言葉が詰まっちゃうの。
「具合の悪いときにつまらない話だったよね」
 薫はそう言って帰って行ったの。

「人は木や石じゃないんだ。僕にだって感情はあるんだよ」  薫はひとりつぶやき悲しみにくれるの。

激流

春になって匂宮が二条院で中の君と一緒にいるところに薫からの手紙が届くの。

~ 忍びや 君もなくらん かひもなき しでのたをさに 心通はば ~

(ホトトギスが鳴いているけれど、あの子のことを思い出して君(匂宮)も泣いているの?)

中の君がいるので、なんか意味深な歌だよね、なんて匂宮はごまかすの。

~ 橘の 匂ふあたりは ほととぎす 心してこそ 鳴くべかりけれ ~

(ホトトギスもさ、時と場所を考えて鳴くもんだぜ)

でも実は中の君は夫の匂宮と異母妹いもうとの浮舟の関係も浮舟の亡くなった理由も知っていたの。匂宮も中の君に隠しとおせないと思ったみたいで
「キミがあの子が誰か話してくれなかったから気になっちゃったんだよ」
 そんな言い訳もしたみたいよ。

月が改まり、匂宮は浮舟の最期の様子を知っている女房を自宅に呼んで詳しく話を聞くの。どんなに恐ろしい思いをして川に飛び込んだんだろうと想像するだけで匂宮は苦しくなり、自分がそこにいたなら止めてやれたのにって悔やむの。匂宮と女房は一晩中浮舟のことを語って過ごしたの。

To be continued ✈✈✈

 浮舟が亡くなったと知り、感情表現の激しい匂宮は正気を失い屋敷に閉じこもりました。薫は表面上は冷静にしていましたが、匂宮の前で涙を流しました。
 そして中の君はすべてを知っていたのですね。気にかけていた異母妹と夫の密通、その異母妹の死。父の八の宮、姉の大君、異母妹の浮舟。中の君の身内は次々に亡くなってしまいます。夫の匂宮には中の君を心からフォローしてあげてほしいのですけれどね……。

容姿端麗、誰もが憧れる華やかさ
唯一のコンプレックスが…… 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 46 コンプレックスの果ての略奪
  • 【別冊】GENJI
    topics 47 一筆申し上げます。
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 忍びや 君もなくらん かひもなき しでのたをさに 心通はば ~

    薫が匂宮に浮舟のことを匂わせて詠んだ歌

    ~ 橘の 匂ふあたりは ほととぎす 心してこそ 鳴くべかりけれ ~

    薫の追求をかわして詠んだ匂宮の歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。