//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 春と秋の対決 再び!

2022-07-21chapter24舟遊び,第二十四帖,胡蝶,玉鬘十帖,春秋優劣論,春の町,秋の町,秋好中宮,紫の上,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 24.娘なの? 恋人なの?

    源氏物語 第二十四帖 胡蝶

episode 2. 春と秋の対決 再び!

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十三帖 初音(Chapter 23)まで
 源氏が造営した大豪邸六条院で迎える新年の様子が描かれます。春の町では紫の上や明石の姫君、夏の町の花散里や玉鬘たまかずら、冬の町では明石御方と新年を過ごす源氏。

 宮中行事の男踏歌とうかが六条院にも周って来て、玉鬘は初めて実の兄弟である内大臣の息子たちを見かけます。早く内大臣に自分のことを知らせてほしい玉鬘ですが、源氏は今のところ伝える様子はないようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 24 胡蝶 娘なの? 恋人なの? 

第二十四帖 胡蝶(Chapter 24)第一話(episode 1)まで
 六条院は春を迎えます。秋の町に帰省している秋好中宮あきこのむのちゅうぐうさまたちを紫の上は春の町に招待します。爛漫の春、春の町の南庭の池に舟を浮かべた雅な遊びや雅楽の演奏などで春を満喫します。参加した貴族たちはウワサの玉鬘たまかずらが気になって仕方ないようです。

episode 2. 春と秋の対決 再び!

【超訳】胡蝶 玉鬘十帖
源氏 36歳 紫の上 28歳
玉鬘たまかずら 22歳 
秋好中宮あきこのむのちゅぐう 27歳
夕霧 15歳 柏木 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

春の宴会の次は秋好中宮が秋の町で春の法事をしたの。この日はみんなが秋の町の御殿に参上したのね。紫の上は仏様のお供えにって春の町の花を届けさせたの。使者の童女たちの衣装も凝っているのよ。鳥の装束の童女たちは桜を挿した銀色の花瓶を持ち、蝶の装束の童女たちは山吹の房をたらした金の花瓶を持っているの。春の町の池から舟に乗って秋の町に運ぶ風景もまた素晴らしかったみたいね。紫の上が詠んだ歌は夕霧が使者として中宮さまにお届けしたの。

胡蝶
花園の胡蝶

~ 花園の 胡蝶こてふをさへや 下草に 秋まつ虫は うとく見るらん ~

(下草に隠れて秋をまっている松虫は春の胡蝶もつまらないって思うのかしら?)

中宮さまは以前贈った秋自慢の紅葉の和歌の仕返しだわって微笑まれたみたい。中宮さまの女房たちも昨日素晴らしい春の宴会に招待されているから誰も春のことを悪く言えなくなっちゃったみたい。
 そんな風に楽しく季節を愛でながら、秋好中宮と紫の上は仲良くしていたみたいね。

 それから玉鬘も紫の上に手紙を書くようになっていいお付き合いをしているの。母親代わりの花散里にも可愛がられ、紫の上からも好感を持たれていたみたいね。

誰からも好意を持たれる玉鬘のことを源氏はどうしたものかと悩んでいるの。父親になりきりたいとも思うけれど、本当の父親の内大臣にも知らせないとなぁとも考えるの。
 夕霧は玉鬘のことを実の姉だと思っているから御簾の近くまで来て話すこともあるらしいの。玉鬘は直接話をしないといけないのが恥ずかしかったんだけど、夕霧は失礼な態度をとったりしないので仲の良い姉弟の関係だったみたい。

To be continued ✈✈✈

Chapter 21. episode 5. 夢のマイホーム! 大豪邸六条院」では秋の季節に秋好中宮さまが春の町に住む紫の上に「秋も綺麗でしょう?」と紅葉の自慢をしました。今回は春。紫の上が中宮さまに「やっぱりあなたさまは秋派なのかしら?」と歌を詠みながら桜や山吹の花を贈りました。
 対決なんてタイトルをつけましたが、どちらかが勝ち! と判定するのではなく、お互いが自分の町(お屋敷)の季節が素晴らしいわと楽しみ、仲良く交流しているようですね。
 ちなみに秋好中宮は六条御息所の娘で今は源氏の養女です。紫の上は秋好中宮の1歳年上ですが、源氏の妻なので秋好中宮の母親代わりのつもりのようですね。

🖌Genji Waka Collection

~ 花園の 胡蝶こてふをさへや 下草に 秋まつ虫は うとく見るらん ~

春が好きな紫の上が「春のちょうちょもつまらないかしら?」と秋が好きな秋好中宮に贈った歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。