//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 6. 恋の終わり

2022-07-20chapter47電撃婚,第四十七帖,宇治,宇治十帖,総角,大君,中の君,匂宮,,,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 47.恋の終わりと恋の始まり

    源氏物語 第四十七帖 総角あげまき

episode 6. 恋の終わり

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十六帖 椎本しいがもと(Chapter 46)まで
  薫から宇治の姉妹の話を聞いた匂宮はふたりとコンタクトをとるために宇治に出かけます。薫も滞在先の夕霧の別荘で出迎えます。そこへ八の宮から和歌が届きますが身分柄匂宮は八の宮邸を訪問できません。自分をアピールしようと匂宮は桜の枝と和歌を姉妹に贈ります。返歌は中の君が詠みます。
 八の宮は薫に自分亡きあとの姫君たちを託します。娘たちには「簡単には結婚しないように」「宮家の品位を保つように」言い遺して亡くなります。

 悲しみにくれる姉妹を匂宮も薫も心配しています。薫は大君への恋ごころを自覚し、匂宮には中の君との仲をとりもとうと考えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 47 総角あげまき 恋の終わりと恋の始まり 

第四十七帖 総角あげまき(Chapter 47)第五話(episode 5)まで
 八の宮の一周忌を迎え、供え物の総角結びになぞらえて、薫は大君に「ずっと一緒にいたい」と恋の歌を贈りますが大君は応えようとしません。自身は父の遺言に従い独身を通し、妹の中の君と薫を結婚させようと考えているようです。

 一方薫は大君との仲がなかなか進展しないので、匂宮と中の君を先に結婚させようと計画し、匂宮と宇治を訪れます。匂宮は一夜のうちに中の君と深い仲になり結婚してしまいます。中の君の魅力に匂宮は夢中になります。
 ただ都から宇治への通い婚は距離があり、匂宮の母である明石の中宮がこの結婚に反対しており、ふたりはなかなか逢うことができません。

episode 5. 大君のなげき

【超訳】総角あげまき 宇治十帖
 薫 24歳 匂宮におうのみや 25歳
 大君おおいぎみ 26歳 中の君 24歳
 夕霧 50歳 明石中宮 42歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

匂宮のお母さんの明石の中宮も少しは譲歩してくるの。
「あなたの将来のためにも権力者である夕霧のお嬢さまの六の君と結婚しなさい。その上で他に気に入っている人がいるなら側室にでもしなさい」
 でも権力者の娘を正妻にして愛する中の君を傷つけたくないって匂宮は抵抗し続けているんだけれど、中の君側には伝わらないことで匂宮も中の君もツライ状況になっているわね。

薫は11月に大君のお見舞いに行くと、随分と弱ってしまっているの。匂宮の結婚の噂で衰弱してしまったって女房の弁が話すの。
「どうしてこんなになるまで僕に知らせてくれなかったんだ!」
 薫は仕事もそっちのけでつきっきりで看病して、阿闍梨たちにも祈祷をさせるの。薫はそっと大君の手をとるの。
「声だけでも聞かせてほしい」
「もう逢えないで死んでいくのかと思っていたの」
 大君がやっとの声でそう言うの。
「そんなに待っていてくれたの?」

 薫はしゃくりあげて泣くの。横になっているところに薫が付き添ってくれるから大君は恥ずかしかったんだけれど、今まで無理に一線を越えようとはせずに誠実でいてくれた薫に友情のような愛情のような気持ちを大君は持っていたみたいね。

「こんな風にわたしは短い命の予感があったからあなたの気持ちに応えられなかったの。だからあなたと中の君に結婚してほしかったのよ」
「それなら悲しい思いばかりするのが僕の宿命だよ。僕はあなた以外のだれとも結婚するつもりなんかないよ」

 そしてとうとう大君は亡くなってしまったの。

百合

 ~ おくれじと 空行く月を 慕ふかな つひにすむべき この世ならねば ~

(遅れないようにキミのあとを追っていきたいよ。キミと永遠に過ごせるのはこの世ではなかったんだから)

呆然自失の薫は宮中に参内もしないで宇治に引き籠るの。あのマジメでカタブツの薫がそこまで落ち込むんだからどんなに素晴らしい女性だったんだろうって都ではウワサになっているみたい。

~ 恋ひわびて 死ぬる薬の ゆかしきに 雪の山には 跡を消なまし ~

(恋わびて死ねる薬が欲しいから雪の山に入って行って跡をくらましてしまいたいよ)

薫の悲しみが癒えないままに時は12月になって、ある雪の夜に匂宮が馬で宇治に駆けつけるの。これまで来られなかったことを中の君に謝って、なんとかご機嫌をとろうとするんだけれど、中の君は簡単には許してくれないみたい。

 薫は都に戻ることにして、匂宮は中の君を自宅の二条院に迎えることを決心するの。

第四十七帖 総角あげまき

Chapter 47 恋の終わりと恋の始まり
 episode 1. ずっと一緒に
 episode 2. 薫の作戦
 episode 3. 匂宮の電撃婚
 episode 4. 中の君に夢中
 episode 5. 大君のなげき
 episode 6. 恋の終わり

To be continued ✈✈✈

 薫の大君への想いは報われることなく終わりを告げてしまいました。亡くなった大君を想う薫の歌があまりにストレートです。あんなに「恋なんてしない」って言っていましたけれどね。
 対する匂宮は結婚して中の君と心を通わすことができましたが、こちらも匂宮の気の多さや六の君との結婚やお母さんの反対など前途多難のようですね。お母さんの明石の中宮は源氏と明石の御方の娘です。恋に生きたお父さんより真面目で良識のあるお母さんに似たのでしょうか。

生真面目男子と息をするように恋する男子
あれ、この設定って……

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 42 なにやら聞いたことのあるハナシ
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ おくれじと 空行く月を 慕ふかな つひにすむべき この世ならねば ~

    ~ 恋ひわびて 死ぬる薬の ゆかしきに 雪の山には 跡を消なまし ~

    大君を亡くした薫が嘆き哀しみ詠んだ歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。