//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. ほころびかける蕾

2022-07-20chapter33初恋婚,藤の宴,第三十三帖,藤裏葉,内大臣,雲居の雁,夕霧,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 33.長く遅く遠かった春

    源氏物語 第三十三帖 藤裏葉ふじのうらば

episode 1. ほころびかける蕾

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十二帖 梅枝(Chapter 32)まで
  源氏の娘の明石の姫君が裳着を迎え東宮に入内することが決まります。 息子の夕霧は初恋の雲居の雁との結婚話が進んでいる様子はなく、源氏が他の縁談を持ちかけても断ります。夕霧と雲居の雁は想い合っているのに逢えない月日が続いており、想いがすれ違ってしまいそうです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

本章です🎵

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 33. 長く遅く遠かった春
 episode 1. ほころびかける蕾

【超訳】藤裏葉ふじのうらば
 源氏 39歳 紫の上 31歳
 明石の御方 30歳 明石の姫君 11歳
 夕霧 18歳 雲居の雁 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

明石の姫君の結婚の準備で慌ただしい時期なんだけど、夕霧は物思いにふけってるの。どうしてこんなにもあの恋にこだわるのか悩んでいるのね。雲居の雁のお父さん(内大臣)もこのふたりのことでは悩んでいるらしいって聞くんだけれど、夕霧としては内大臣から正式に婿として認めてもらえるのを待っているの。

雲居の雁もカレの縁談のウワサに苦しんでいるの。それがもし本当なら私のことなんてもう思い出してもらえないわ、と悲しむの。このふたり、気持ち的に相手に背を向けているけれど、結局のところは相思相愛なのよね。

夕霧の縁談の話には内大臣も動揺するの。もし夕霧が結婚してしまうようなことがあれば、娘の雲居の雁には別の相手を探さないといけないんだけど、夕霧との破局は世間体が悪いなぁと悩んでいるの。だったらここは自分から折れて夕霧と結婚させるしかないんだな、と考えるようになるの。

そう決心した内大臣は母親の大宮さまの法事のときに夕霧に話しかけることにするの。けれども雨が降ってきてしまってきちんと話ができなかったの。夕霧にしてみても、いつもと違う内大臣の様子に「一体なにごと?」と気にしたみたい。

4月に庭の藤の花が見事に咲き揃ったので、内大臣は自宅で宴を催すことにするの。夕霧にはわざわざ長男の柏木を使者にして正式に招待するの。

~ わが宿の 藤の色濃き 黄昏に たづねやはこぬ 春の名残を ~

(美しい藤の花(娘)を見に来ませんか?)

こんな歌を受け取って夕霧はドキッとするの。からかってくる友人の柏木を先に帰して、自分はお父さんの源氏に相談に行くの。
「ただの花見のお誘いだと思うけれど、今仕事もヒマだし、父さん、どう思う?」
 源氏が逆に問いかけるの。
「花見以外の意味もあるんじゃないの?」

源氏はせっかく向こうから折れてきてくれたんだから行っておいでと言ってくれるの。それから夕霧のためにとっておきの衣装を選んであげるのよ。

蕾
ほころぶ蕾

To be continued ✈✈✈

 ようやく内大臣が折れてくれるようですね。招待の歌に夕霧はドキドキしています。源氏はせっかくだからカッコつけて行けよと装束をコーディネートしてあげます。オシャレなお父さんの本領発揮ですね。

 桃、桜、山吹など春に咲く花は多いですけれど、藤の花は春の最後に咲く花です。
 引き離されたとき夕霧が12歳、雲居の雁が14歳でした。長い長い6年の月日が経ちふたりは18歳と20歳になりました。

 遅い春がふたりにようやく訪れそうですね。

🖌Genji Waka Collection

~ わが宿の 藤の色濃き 黄昏に たづねやはこぬ 春の名残を ~

内大臣が夕霧への藤宴招待に贈った歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。